2008年07月30日

本気度が本気度を変える

周りを巻き込む力は当事者の本気度です。本気で取り組んでいる人に影響を受けて、周りも引き寄せられますし、本気にもなります。

こんな経験を聞きました。

当初引き受けたときは仲介者の信用であり仕方なしであった。しかし、実際にやっている人たちの姿を見たとき、彼らを裏切ってはいけないと思った。そして彼らの真剣さに心打たれて、気づけば自分も本気になっていた。今は徹夜も辞さない。彼らの本気に応えるためにも自分も本気だし、むしろ本気になるものに出会えて仲介者に本当に感謝している。

その方は巻き込まれた側にもかかわらず、表情が生き生きしていました。当事者の本気度がこの方の気持ちに火をつけ、ついには幸せさえも与えました。当事者の本気には周りを幸せにする力があるのです。

一方でこんな話もあります。

ある人物が「自分は頑張っている」「自分は本気で取り組んでいる」と言い、うまくいっていないことを周りに愚痴ってばかりいた。「自分は」という言葉を聞き飽きた周囲が距離を置いてしまった。挙句の果てには周囲は何をしていいかわからなくなって、頑張ることをやめてしまった。

本気の人は愚痴ったりはせず、ただひたすらに取り組んでいます。周りに愚痴るような無駄なことをしたり、周りがわかってくれないなどと独りよがりになったりはしません。その姿は本気ではなく、自己顕示でしかないのです。

当事者の本気は周りを巻き込む力となり周りにも良い影響を与えます。当事者の不誠実は周りを巻き込むだけ巻き込んで周りにも悪い影響を与えます。

今、自分は巻き込んだ人たちにどういった影響を与えているか。それは自分を省みる鏡にもなるのです。
posted by 奥田圭太 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103885535

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。