2008年07月27日

熱射病になりそうな話

昨日は月に一度の同年代が集まる会でフットサルが開催され、参戦してきました。

折りしも外温は35℃どころか体温を超えるような暑さに、開催時間はそれが直撃する15時。屋外でのフットサル、誰もが死を覚悟するようなうだるような暑さに一人また一人と集まる友人たちは開催そのものを疑うほどでした。

ところが始まってしまえばプレイ時間よりも休憩時間のほうが長いとはいえ30歳を超える参加者たちも大盛り上がり。無事けが人もなく、子供をつれてきた友人も大満足。

私はといえば、第1セットで全力疾走を披露し、第1セット終わるや否やグロッキー状態で寝転がっていました。血がうまく回らない、頭はがんがんする、お昼に食べたカレーは吐きそうになる、と情けないことこの上なしでした。

フットサル終了後は参加者全員で銭湯へ。夕方の銭湯にもかかわらず非常に混んでいて驚きました。水風呂大人気の中、全員が気持ちよく汗を流して、そのまま飲み会に移動。

汗を流すのは本当に気持ちがいいものです。ですが、水分補給や太陽の強い光への対策、休憩は必須です。調子に乗りすぎず、自分と相談しながら楽しみましょう。野外ロックフェス前の良い教訓です(笑)
posted by 奥田圭太 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。