2008年07月16日

チャレンジスタッフ成長記録8

バリュークリエイトには「チャレンジスタッフ」というアルバイト制度があります。7月より新たに一人チャレンジスタッフがジョインしてくれています。

チャレンジスタッフ3号
大学生。実はけっこう古い付き合い。「お願いがあります。夏休みインターンさせてください」という突然の電話でインターンの予定だったのだが、実際に話し合った結果、一つの事業立ち上げをすることになりバリュークリエイトにジョイン。個の突破能力は極めて優れている。課題は周りを動かす力と他人を許容できる幅。

彼は大きく二つの事業に関わっています。その一つはチームのリーダーであり、もうひとつは今まで付き合ったことのない人とも関わっていかなければいけない新規事業です。企画と最低限の発射台までは予想を上回るペースで来ています。問題はここからです。ここまでは個の力でしたが、ここからは全体の推進力です。ここで止まるか、一皮向けるか、彼は岐路に立っています。

一方のチャレンジスタッフ1号。STOPしています(させました)。持ち前の本質を掴むセンスは健在で、最近は「物事は結局なんでも一緒なんですね」とまさに本質を述べるようになっています。そして、現状の問題全ては自分自身にあるとたどり着いています。だからこそ、自分がやりたかった「そもそも論」は何なのか、原点回帰するために全てを止めて自分に向き合っています。

がむしゃらにやってきたことである一定のことは成し遂げました。彼の我慢強さは結果を出しました。しかし、それはまだまだ小さな一歩です。その一歩を踏み出したのも、それまで我慢できてきたのも、もっともっと先に何かを見ていたからです。彼は今、それを思い出そうとしています、あるいはもう一度新たに設定しようとしています。彼が自分自身の本質にたどり着いたとき、きっと彼は化けます。それを静かに待っています。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。