2008年06月27日

人繰りに悩む時期に突入

バリュークリエイトのパートナーたちはそれぞれがそれぞれの事業をしっかりと起こし、単体として独立しています。もちろん一緒にやっているのですが、それぞれが個人事業主でもやっていける組合のようなものだと思っています。だからこそ正社員ではなくパートナーと表現しており、上司部下の関係はないのです。

ですが、ここにきて事業をまたぐ話や実験的な取り組みが増えてきていて、この枠組みだけでは考えられないものが増えてきています。ジョインする人たちが徐々に増えてきたり、支援する起業家さんが増えてきたり、大きな案件が未定ながら見えていたり、今のままでは難しいところが出てきそうです。そういう意味で、個人事業主の集まりから脱却する時期が来ているのかもしれません。

こういうものは巡り合わせのようで、結局はつながっています。来たるべくしてきたというのか、バラバラだったものがそのタイミングだからこそつながったり、踏ん切りがついたりします。

バリュークリエイトは8月決算なのですが、4年目にあたる来期はその時期に突入する予感がしています。

いろいろな事業や人財のうねりが、ある時期にぴたっとはまってスパイラルとしてやってきそうです。それに合わせて真剣に人繰りを考えなければいけません。パートナー制を超えた採用をやっていく必要があります。それが新卒採用なのか中途採用なのか、それは問いません。

まずは自分のやりたい事業のある人たちが集まって組合のようになりました。次はその事業に興味ある人にも入ってもらったり、後輩をどんどん受け入れていって育てる時期に突入する気配です。
posted by 奥田圭太 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。