2008年06月23日

起業家としての判断

今日、一人の起業家が相談に来ました。彼のことは彼が起業する直前から知っていて、定期的に何かあれば私のところにやってきます。彼の言葉を借りるならば、趣味から脱してようやく見えてきたものをひとつひとつやっていっていますがまだまだ個人商店の領域で、このままでは個人商店のままで終わっていくと自覚しています。そんな彼に転機が訪れています。

彼の質問は「大きな企業様とタイアップしていけることが決まったが、吸収されるのではないかという不安が拭い去れない。吸収されないためにはどうすればいいのか。吸収されることをどう思うか。」というものでした。

その企業様とパートナーシップを組んでいくことは以前から知っていて何度もアドバイスしてきました。その時点でリスク管理として吸収・子会社化などの可能性はお伝えしていました。一方、彼の事業展開において大きなチャンスであることも伝えていました。

私はその質問を愚問と評しました。

彼は立派な起業家です。「〜な社会」にしたいという理念を実現するために事業を立ち上げ、その事業に邁進しています。つまり、彼にとって大切なことは会社ではなく、事業であり理念の実現のはずです。

それはどこでやってもいいことなのです。吸収されようが子会社化されようが、それが理念の実現に近づくのであればGOです。吸収・子会社化によって理念に沿わない事業になっていくのであればNOです。吸収・子会社化が問題なのではなく、理念の実現に近づくかが議論されるべきことなのです。

会社を作ると人は会社にしがみつきます。その会社は一体何のために作ったのかを考えることを忘れてはいけません。理念の実現において自分よりふさわしい人がいれば社長を譲り、苦手な人とも手が握り、理念の実現に近づくのであればどういう形でもかまわないはずです。

もう一度言います。彼は立派な起業家です。「〜な社会」実現が理念であり目的です。そこが判断軸であり、その点においてのみ吸収・子会社化を評価すればいいのです。彼にはそれがきっとできます。
posted by 奥田圭太 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、同感です。
Posted by せの at 2008年06月24日 20:38
>せのさん
コメント返しにくい(笑)
Posted by けいた at 2008年06月27日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101395347

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。