2013年10月21日

撮影について

今回、様々な角度から撮影をしています。

before→afterではありませんが、復元前・復元後の姿はもちろんのこと、そこに至る過程や関わる人の思いを残せたらと思って、利用用途は定まっていませんができるだけ記録素材として残しておこうと思っています。

1.静止画撮影1
復元前・復元中・復元後の「物件の姿」を担当施工業者様に撮影いただいております。復元後に物件にお越しになられた方に物件のことをもっと知っていただくためにアルバムや説明ファイルにしてお見せしたいと思っているからです。

2.静止画撮影2
復元に携わってくださる方々の「人物像」を撮影しようと思っています。大工さんの手仕事の姿やこの物件に思いをかけてくださっている方々の表情など、職方さんを中心にその姿も作業風景も残しておきたいと思っています。

3.動画
復元前・復元中・復元後の「物件の姿」「人物像」をプロの撮影業者様に撮影いただいております。あくまで素材をできるだけ多く正確に残すために撮影いただいております。最終的にドキュメンタリーのような記録として残すのか、プロモーション用に活用するのか。町家の教科書とは言いませんが、公正に役立つような素材になったり、アーティストの方々の創作意欲を湧き立たせるような素材になればと思っています。

4.デジタルコンテンツ
(1)blog
このブログです。復元に携わっている人たちの思いをできるだけリアルタイムに、そして後々振り返った時に記録として残っているように今から書き連ねていっています。初心忘るべからず。そして後々物件に興味を持ってくださった人たちが思いを感じていただけるように。
(2)facebook
実はすでに始めています。こちらには物件の復元風景をリアルタイムに画像アーカイブとしてUPしていっています。こちらも後々物件に興味を持ってくださった人たちが記録として振り返ることができるように考えています。

ほかにもできるだけ素材を残しておき、様々な形で記録としてデジタルアーカイブとして、多くの方々の目に触れるように、何よりも後世に継承されるように意識して制作していく予定です。

誰か、ドキュメンタリー番組にしてください。誰かプロモーションビデオにしてください。だれかCM制作してください。なんて言ってみる。
posted by 奥田圭太 at 04:15| Comment(2) | TrackBack(0) | The terminal KYOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。