2013年10月03日

物件所有者様、施工業者様のご縁と感謝

今回の復元プロジェクトは多くの人に支えられています。その中でもまさに一緒になって取り組んでくださっているのが、当たり前のことですが物件所有者様と施工業者様です。

物件所有者様とも不思議なご縁でした。物件を最初に見つけてくださった方もよくご存じの方でした。単なる貸主・借主の関係ではなく、直接お会いできて何度も何度も色々と意見交換させていただけたのも、Tの知人の会社が物件所有者様の会社とお取引があったからです。初めて伺った時にはTが大好きな作家様とも関係が深いことを知り、感銘を受けたものです。今ではこの方のご支援なしにこの事業は開始できないと痛感しております。頭の回転、ふるまい方から学ぶところも多く、そのご人脈から様々な方とのつながりもバックアップいただいております。

施工業者様と知り合ったのは、私が携わった映画「はんなり」がご縁でした。映画撮影にご協力いただいた方が町家でご商売をされていて、ご自身の町家を修復した際に依頼した先が今回の業者様でした。これもTがたまたまお会いした時に町家への関心の話をしたのがきっかけで「ほしたら、うちをやってくれはったとこを紹介しま」と粋な計らいでおつなぎいただけたのです。まずは町家のことをいろいろ勉強させていただき、今回のプロジェクトがまだまだどうなるかもわからない段階から色々とご相談に乗っていただきました。そして今、物件所有者様にもご納得いただき、復元はこの施工業者様にお預けしております。余談ですが、今回の設計士様、施工業者様、私、三人とも名前に「圭」の字が入っています。初めて三人で名刺交換させていただいたときはほくそ笑んだものです。

物件所有者様、施工業者様、そして私たち、それらの思いを乗せてこのプロジェクトは走り出しました。
posted by 奥田圭太 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | The terminal KYOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。