2009年03月30日

新幹線の中で今月ダイジェスト

新幹線で移動中です。前の席の子供があっちゃこっちゃ移動してはデジカメで車窓の風景を写真に収めています。

この土日は人間が腐ったように微動だにせず過ごしました。炬燵虫で清原のDVDを観たり、ぐだぐだゲームしたり。思えば、それまで今月の土日はずっと予定があったものです。卒業記念「びびこむ」で泣きそうになったり、年に1度クラスの素晴らしいお芝居に出会ったり、全く忘れていた美術館に初めて気分で出かけたり、落語の会に出席したり。そういえば、その落語の会(→告知はコチラ)では、司会だと聞いていたら完全に前説が役回りで、初めての落語でカタイお客さんが多い会場をテレビ局のADばりに(←完全イメージです)盛り上げようとはりきったりしました。桂紅雀さんと少し京都オフィスでお話しする機会をいただいたのですが、真摯な姿勢に学ぶことも多く、枝雀師匠の思い出話にも感動しました。その後もお知り合いのお芝居を観て演出論を唱えてみたり。楽しいけれど休みなしの日々でした。

平日には多くの学生さんからお呼び出しをいただきました。例年このシーズンは嬉しくも寂しいお呼び出しをたくさんいただくのですが、今年は特に多いようです。このことは3年間やってきた「びびこむ」学生支援という名の後輩継承応援の集大成のように思います。「お世話になりました」は非常に寂しい言葉です。「THE END」て言われているようで天邪鬼には堪えます。嬉しさは照れ、寂しさは本気の日々です。

バリュークリエイトグループ合宿もしました。京都・大阪・東京のメンバー総勢14名が大阪に一堂に会して、グループワークと自己紹介、交流を深める場として成功だったように思います。京都オフィス自己紹介飲み会(→理由はコチラ)も無事開催しました。微妙な距離感の中で一つのテーブルを囲み、酒を酌み交わす光景は、唯一全員を知っている私には外野から見るには面白いものでした。これで京都オフィスで鉢合わせしても居心地の悪さはなくなるでしょう。会すると言えば、念願の紹介もできました。これは私個人の喜びでしかないのですが、ずっとずっと温めていたご紹介をようやく実現しました。これで東京・名古屋・京都大阪の提携・絆が深まったと確信しています。

書いてみると詰め込みまくった3月。今月は出会いと別れ。それらは全て可能性への小さな一歩たち。勝手に可能性だけを信じてワクワクしています。
posted by 奥田圭太 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

桜許すマジ

朝起きるとバリュークリエイトが運営するサイトが全て閲覧できなくなっていました。原因は全くの不明。朝からバタバタと情報収集とファイルの確認作業に追われました。

レンタルサーバーをサクラ(sakura)に移行したのが2007年12月のこと(→そのときの模様はコチラ)です。その頃から運営するサイトやドメインも少しずつ増えていきました。

そして、今日の出来事です。サーバーのメンテナンスかと思えば、サーバーや管理画面にはアクセスできます。メールも正常に動いています。ただ、ただ、マルチドメインによるインターネットブラウザだけがうまくいかないのです。ドメイン設定もフォルダ内のファイルもいじった覚えはありません。必死でファイルを見直したり、各種設定をもう一度やり直してもうまくいがず、ついにサポートデスクに電話をしました。

電話口の女性の指示に従って管理画面から各種設定をもう一度やり直します。それでも直らない。そして「サーバー(サクラ)の問題ではなく、ファイル(バリュークリエイト)の問題です。」と言い切られてしまいました。しかし、納得がいきません。昨晩は正常で、ファイル(バリュークリエイト)は何もいじっていないのに、朝には異常事態です。その間にバリュークリエイト以外のものが介在した以外、理屈的にはありえません。食い下がって説明を求めた結果、やっと今一度調べてくれることに。そこで出た結論が「サクラのメンテナンス」です。

(1)メンテナンスが行われたという情報はどこにもない。
(2)メンテナンスの結果、どういうことが発生するのかが検証されていない。

実際はメンテナンスは行われていたのです。行われていないという説明は嘘だった上に、行われているならいるで事前に告知されるはずなのにされていなかったのです。更に、そのメンテナンスの結果、顧客の設定に不具合が生じるという可能性を考えていなかったのです。

ものすごく簡単なことでした。昨晩にサーバメンテナンスが入り、OSのバージョンアップがされた。その結果、設定によっては認識できないものが生まれるようになった。バリュークリエイトのこれまでの設定がその認識できないものに含まれていたのです。バージョンアップなのに、できていたことができなくなったのです。

それは修正すればいいだけですから何の問題もありません。問題がわかれば解決できます。ですが、自分たちがやったことを認めない姿勢、以前にできたことができなくなるバージョン「アップ」、そしてそれを顧客に伝えず顧客に不具合が発生しても気にしないその神経、そこが納得いかないのです。少なくとも顧客は自分で設定を修正しなければいけませんでいた。企業様によってはこの機会損失の間にとんでもない損失が生じたところもあるかもしれません。そういうことを想像できないのは驚きです。

バリュークリエイト運営サイトをご覧の方々には大変ご迷惑をおかけしました。一つを除いて11:50に復旧し、先ほど最後の一つも復旧いたしました。
posted by 奥田圭太 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

通称モバイルサイズ

本日『とんでもないもの』が京都オフィスに届きました。私が最近はまっている「いちご」なのですが、それがとんでもないのです。説明不要、早速ご覧ください。驚愕の事実を体感するために是非とも画像をクリックしてください。

モバイルサイズ.JPG

左手にございますのが、一般的な折りたたみ式の携帯電話です。右にございますのが、メジャーと呼ばれるものです。大きさにして8〜9センチ。いちごはLや2Lなどというサイズが主流のようですが、これを通称「モバイルサイズ」と言います。といっても知人が勝手に名づけただけですが、5Lよりも大きいと言えばいいのでしょうか。

もちろん大きさだけでは面白くありません。この私が大ファンのいちご、京都のあるところの、しかもある製法でしか栽培できません。土と水と製法がそこでしかできない所以です。そして、なによりも「衝撃的に甘い」のです。ヘタまでサクッと食べられる安心・安全・糖度抜群のいちごなのです。

一部の人にはご案内したこのいちごですが、近々大々的にご案内する機会が来そうな予感です。お楽しみにお待ちください。どうしてもという人は私に直接ご連絡ください。

さて、もうひとつ。メジャー。これも昨日手に入れたお気に入りです。

リール.JPG

非常に細かい細工でリールの形をしています。伸ばしたり巻くときにカリカリカリと可愛らしい音を立てます。

今日はお気に入り二つのハーモニーで驚愕をお伝えしました。
posted by 奥田圭太 at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

【初心者向け】落語の会

龍谷大学の学生が卒業祈念に落語の会を主催するようです。
「びびこむ」でもやろうと話題になっていた落語挑戦会がついに開催です。
落語を見たことがない人には特におススメです。
是非、足を運んでみてください。

以下。

はじめましてこんにちは。徳本と申します。
このたび21日に、落語会を開きます。
桂枝雀の最後のお弟子さん、桂紅雀さんをお招きして
プロの話芸を堪能してもらおうと思ってます!題して、

『はじめての楽語(落語)。』

お笑い大好きはもちろん、あまり落語を知らない方!
この機会に間近で、噺家の芸をみてみませんか。
落語をみたことがない方でも楽しめる演目にしております。

【日時】3月21日(土)11時20分〜13時
【場所】京都四条・烏丸近くの、ウイングス京都3F(中京青少年活動センター)の和室 http://www.mmjp.or.jp/nakagyo/index.html(右下にアクセス表示あり)
【プログラム】徳本、一席。(約16分)桂紅雀、二席。(休憩込みで約1時間)
【木戸銭】社会人500円 学生300円  定員は20名です。

参加を希望する方は no-pains.or.no-gains@ezweb.ne.jp 徳本までお願い致します。『場所が分からない』、質問等があればいつでも受け付けますので、同じくメールをお願い致します。 ※前座に落語経験0の徳本も参加します。プロとの違いを感じて頂ければ。

以上です。見ていただいてありがとうございました。
posted by 奥田圭太 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

椅子が足りない恐れあり

最近の京都オフィスはちょっと賑やかです。バリュークリエイトパートナーよりも外部の人の活用が増えてきたからでしょう。

そもそも京都オフィスは「8階のスタバ」を目指してOPENしたので、開設して1年半ほど経ってようやくそれが形になってきたということですし、大変喜ばしい現象です。ここを拠点に巣立っていこうという人、ここを憩いのコミュニケーションスペースとして使う人、違う領域の人との出会いに期待する人・・・様々な人がいるのですが、今、ここを拠点にする人が急増しています。

まずはもちろん、私をはじめとするバリュークリエイトパートナー陣(といっても私、Sくらいです。あとはNYが東京に移ったけどたまに来る、Bが今後ちょこちょこ使う気配かな。)です。

病気療養から回復してトップギアまでのリハビリ期間のNさん、司法試験勉強中のロースクール生N君、学生起業家M君、ソムリエの資格取得を目指すMさん、まもなく巣立つY君、そしてチャレンジスタッフ1号、3号、4号。

それぞれがそれぞれの目標達成のために京都オフィスを活用しています。自分の作りたいものの完成を目指すもの、自分の経験したことのないことを経験しようとするもの、新たな企画を走らせようとしているもの、そんなチャレンジスタッフたちとY君。自分の仕事をする上で出会いや便利拠点として活用するNさんとM君。そして自宅よりも集中して勉強できると自習室として活用するN君、Mさん、チャレンジスタッフ3号。N君とチャレンジスタッフ3号は早朝勉強をしているようです。

ところが、喜びの一方で不安もあります。京都オフィスの椅子は全部で10個。ほとんどの人がべったり京都オフィスにいるわけがないのでそんなことはありえないのでしょうが、全員揃ったら椅子が足りないわけです。これはもう驚きの事態、嬉しい悲鳴です。そんときゃ私とSは床好きなので床ですね。

せっかく増えてきたので交流も兼ねて、恒例のオフィス飲み会を企画しないといけないですね。いつものように外部の方を呼ぶのもありですが、今回はこのメンバーだけでも。いかんせん、私は全員知っていますが、メンバー同士は同じ空間にいるけど全然誰かわかってない人もいるでしょうし。次回オフィス飲み会が楽しみになってきました。幹事頑張ります。
posted by 奥田圭太 at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

歳月を想う

昨日、とあるオーディションの審査に参加してきました。審査員5人のうちの一人だったわけですが、私は審査というものが得意ではなく(特に女性やファッションという自分がわからない領域はやるべきではなく)、他の審査員の方が判断する指標となるような回答を引き出す質問を繰り出すおっちゃんを演じながら、審査は他の4人にお任せすることにしました。

審査はかなりフレンドリーな雰囲気で行われたのですが、それでも広い部屋に審査員5人が前に並んでいる、司会者までわざわざいる、そこに一人、参加者がぽつん・・・。緊張しないほうが無理でしょう。こういったオーディションがはじめての参加者も多かったので、質疑応答の途中まで顔が引きつっている人も。それでも質疑応答の後半には皆さん素敵な笑顔を見せてくれました。

それにしても、参加者さんたちのそのくだけた瞬間を見ると「親心」のような情が沸いてしまいました。思わず「がんばれよ〜」と心で呟いてしまうような感情です。

そういえば参加者の一人は私の一回りも年下の方です。「平成生まれだよ!」なんて口に出してしまう自分の歳を感じずにはいられません。

今回のオーディションは参加者はもちろん審査員にとっても長い付き合いの始まりになるものです。選ぶほうも選ばれるほうも真剣そのもの。終了後も審査結果を一日でも早くお伝えするのが誠意だろうと、急きょ今日中に結論つけてしまうことが決定。悩みに悩む審査となって、夜遅くまで議論が続きました。

最後はスカッとした気持ちで審査結果を決めた(といっても私はふんふん言いながら聞いていただけ)のですが、個人的には審査員の真剣な姿に妙に安心したりしたのです。

どういったものでもそこに真剣な当事者意識、今回の自分の判断が自分にも必ず大きな影響として返ってくるという意識があるかないかで大きく違います。審査結果は出れば終わりではありません。それがひとつのターニングポイントとして今後を大きく動かすのです。そのときは小さな方向転換でも数年すれば大きな差異になるのです。振り返ればあのときの・・・というのは歳月を想いすぎでしょうか。

今日の結果をもって、参加者も審査員も今までとほんのちょっと違った方向へ歩み出す。今日という日が歳月を経て振り返ったときにどのように映るのか。そんな日に立ち会えたことを嬉しく思います。
posted by 奥田圭太 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

第23回「びびこむ」議事録

第23回「びびこむ」も無事終了しました。3年突破、ご愛顧に感謝感謝です。

テーマは「GM帝国の崩壊」でした。

大学生登壇がまたまた大成功。連続でものすごく盛り上がりました。今回は時事問題も絡んでいることから話もどんどん膨らみました。

「報道されているものを鵜呑みにしてはいけない。事実から真実を追究しなければ」「戦略とは本当に難しいし、すぐに成果が出るものではない」といったスタンスが全面に押し出された真摯な発表でした。何よりも客観的数字から仮説を立てて掘り下げていくその過程はサスペンスのようなスリルも共有できて楽しい時間です。経営者や戦略の影響か、会社の怠慢か、いや、それ以上にアメリカの自動車産業そのものが抱える事業立地の隆盛と崩壊だったのです。大学の先生の話(事業立地・構え・均整)もとても意義深く、一方でとてもチャーミングでした。

最後にはGMといったアメリカ勢の今後、そしてトヨタイズムと日本勢がどうなっていくのか・・・。それらにも講演者・参加者それぞれの意見が飛び交った画期的な会でした。

過去の議事録も整理したので是非。
http://vivi-com.jp/m/5.html

次回はまたまた大学生が登壇予定!テーマはずばり「ラーメン」です。奥深いぞ、大丈夫か!?5月もしくは6月開催予定。詳細は近日公開。只今から先行予約開始。
http://vivi-com.jp/m/3.html

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。