2008年08月15日

八月納涼大歌舞伎

野田歌舞伎を目当てに観劇。結果は大いに違うものに。それにしても最近の蜷川さんと野田さんは数をやりすぎで薄くなっていると思います。観劇後は偶然居合わせたお姉様二人とお芝居談義が楽しめてその偶然に心から感謝。

『紅葉狩』
至高のメニュー。全ては中村勘太郎その人の力。最初は恥じらいで何もできないのではないかという女形から、踊りではきらびやかさと美しさを華々しく咲かせ、後半は心打たれるようにじわじわと何かが迫ってくる迫力。踊りの美しさに鬼の恐ろしさ。成長、コントラスト、全てが凝縮されていて、久々にお芝居を観て背中に大汗をかきました。

『野田版愛陀姫』
短い、物足りない、うすっぺらい。歌舞伎座で歌舞伎役者を使っただけで野田地図を見ているよう。そこまでは良いのですが、歌舞伎座という大きな箱が邪魔をして、たくさんの趣向凝らした遊び心が非常にちゃちく不要なものに見えてしまいました。内容も日本に置き換えた妙技は感服ですが、深みなく単純。濃姫を勘三郎さんがやらなくても、濃姫・愛陀姫・木村駄目助左衛門を若手がやって、勘三郎さんや三津五郎さんはその周りで遊びまくれば、美しくかつ楽しいお芝居になったように思います。

■公演概要
八月納涼大歌舞伎 第三部『紅葉狩』『野田版愛陀姫』
一、新歌舞伎十八番の内 紅葉狩(もみじがり)
     更科姫実は戸隠山の鬼女  勘太郎
              山神  巳之助
           従者右源太  高麗蔵
           同 左源太  亀 蔵
            侍女野菊  鶴 松
            腰元岩橋  市 蔵
             局田毎  家 橘
         余吾将軍平維茂  橋之助
二、野田版 愛陀姫(あいだひめ)
              濃姫  勘三郎
             愛陀姫  七之助
        木村駄目助左衛門  橋之助
          鈴木主水之助  勘太郎
              高橋  松 也
           多々木斬蔵  亀 蔵
            斎藤道三  彌十郎
           祈祷師荏原  扇 雀
           同  細毛  福 助
            織田信秀  三津五郎
会場/歌舞伎座
日時/2008年8月15日(金)18:15開演
料金/一等席 12,000円
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。