2008年07月10日

覚悟がようやく出来てきた

つい最近まで「人繰りに悩む時期に突入」していました。そこからようやく吹っ切れました。悩んでいた原因、突破できなかったのはバリュークリエイトという会社の問題ではなく、私自身の問題だったのです。私の覚悟です。覚悟さえ出来れば何も悩むことではなかったのです。

ようやく覚悟が出来ていました。その覚悟とは「他人のリスクを背負う」覚悟です。

バリュークリエイトは、各々が独立してもやっていける個々の能力であり環境です。個々でやる立ち上げの大変さや浮き沈みや様々な不安要素、それらを環境で支えていくのがこの組合の意義でした。

しかし、それではすでに完成された限られた人間しかジョインできず、また環境があるとはいえ個々の負担は大きいものです。その結果が事業をまたぐ話や実験的な取り組みへの限界です。

ようやく覚悟が出来てきました。まだどうなるかわからない人財に対してもバリュークリエイトとして背負っていこうと思います。形が読めない未知数のものもしっかりと支えていこうと思います。

これは人財を吸収する覚悟です。個々でやるパートナー制は変わらなくても、そこに私自身が踏み込んでいく覚悟です。それを経営というならば、ようやく経営する覚悟ができたということです。

この覚悟ができた瞬間に、全てがクリアになりました。今までの枠組みで考えられなかったたくさんのチャンスがつながりました。そして、そのつながりは今まで以上に強固ではっきりしたものです。枠を超え新しい可能性と楽しみがそこにはっきりと見えています。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。