2008年06月29日

お前がやらないならこの事業はやらない

「お前がやらないならこの事業はやらんぞ」というのは私がここ最近耳にした言葉で、心から感情がこみ上げてきた言葉です。これを堂々と言えた人もすごいですし、これを言ってもらえた人はなんと恵まれていることでしょう。

会社はヒトでできている。とはよく言われることです。事業はヒトから始まる。これもよく言われることです。特に起業(独立体としてであろうが、社内新規事業であろうが)は「当事者」がいることが絶対です。

物事は当事者がいなければ始まりません。当事者が当事者だと自覚(覚悟)していることが最も重要です。ビジネスモデルの話などになっていくと理屈になっていき、ついつい客観視しすぎて当事者である自分を忘れがちです。「で、結局誰がやるんだ」とあとからぽつりと取り残されるのです。そこにあるものは「やらされている感」であり「やると言われたからやる」という自分不在と責任転嫁です。何よりも当事者が当事者としてやることが大切で、当事者不在のタスクは決して行われません。よく言うことですが「やらなかった」と「やったけど出来なかった」では大違いなのです。前者では事業が始まらないですし、つながらないのです。後者をやり続けることでしか物事は進まないのです。

そういった当たり前のことを思い出す機会になりました。

パートナー(候補含む)たちに最近この言葉をかけています。「○○がやるならこの事業を立ち上げようと思う。」「○○がジョインするならこの事業のことを真剣に考える。」

パートナーたちの事業を作っていくのが私の役目ですが、私が立ち上げるのではありません。私に出来ることは環境を整えるだけです。立ち上げるのは彼らなのです。

誰がやるのか。当事者が当事者であること。みなさんにも自分は何の当事者なのか、もう一度考えてもらいたいと思います。

「あなたのことなのよ」

私の耳について離れない、あるお芝居の台詞を贈ります。
posted by 奥田圭太 at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つながりを失ってしまわないために

今日は一日ゆっくり考える時間に充てます。これはどうしても必要な時間なのです。自分のたな卸しを行い、自分というものを取り戻すためです。

いろいろなお声かけをいただいています。事業をまたぐ話や実験的な取り組みが増えてきていて、ジョインする人たちが徐々に増えてきたり、支援する起業家さんが増えてきたり、大きな案件が未定ながら見えていたり・・・見失ってしまうくらいに点在・散在しています。

私の強みであり、バリュークリエイトの強みはこういった点在するもの、一見すると関連性のないものに「つながり」を見出し、一貫性という説得力をもって相乗効果と推進力を発揮することです。

その私がこの1週間でつながりが見えなくなってしまっていました。それは私が自分を見失っていたことや落ち着きがなかったことが原因だと思っています。だから今日なのです。

たしかに今そこに点在しているものはあまりに多く、あまりに散っているように思えます。ですが、私がいる以上、私のところに来た以上、そこにはなにかのつながりと一貫性があるはずです。

モノ・ヒト・カネ・情報・・・すべてを広げなおして見直します。全部をもう一度一つ一つ見直します。そこに何かが必ずあります。それさえ見つかれば点在するものがひとつにつながり、自信を持って進めることができます。
posted by 奥田圭太 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。