2008年05月12日

ファントマ 幕末殉教伝『イエス斬り捨て』

歌あり殺陣あり、笑いあり涙あり、That's entertainmentな舞台。“新生”ファントマ第1弾だと何度も強調されていましたが、過去をあまり知らない私には比較対象はなく、ただ今日の舞台は良かったと一言。

開演前から遊び心が散りばめられていて、始まる前にその世界観に入っていく準備運動ができます。こういうものはおまけを手に入れたお得感と始まったときのスムーズさが心地良くて好きです。

本編はといえば、幕末の名エピソードで知っている内容ばかりながらたくさんのものを同時並行かつ多層的に絡めていてスピード感があります。歌や笑いが程好く挿入されているおかげで緩急もあって疲れません。照明や音響も激しく最後まで一気に走りきれます。

後半に行くにしたがって、変わったもの、変わらないもの、変われないもの、変わらざるを得なかったもの、それぞれの死生が浮き彫りにされていき、和解というカタルシスに集約されます。

あまりの知識不足でどこからどこまでがファントマの人と言えるのかがわかりませんでしたが、それだけ一体感があったとも言えるのでしょう。演出の派手さや喜怒哀楽詰まったお話、楽しむ要素は満載です。役者陣はみんななんとなくいいのですが、パンチ不足です。あとは艶のある役者さん、ずば抜けた主役級が一人出てくればもっと大きな箱にふさわしくなるように思います。

追伸
こんなに物販に力を入れている劇団は久しぶりに見ました。いい意味でも悪い意味でも。

■公演概要
中之島演劇祭2008 ファントマ 幕末殉教伝『イエス斬り捨て』
作・演・出演/伊藤えん魔
出演/保村大和 久保田浩 猫ひろし 牧野エミ 盛井雅司 上瀧昇一郎
    坂口修一 副島新五 行沢孝 後藤篤哉 田村K1 天野美帆
    小暮紗織 磯子 いいむらなおき ダイナマイトしゃかりきサ〜カス
    きんた・ミーノ
会場/新・ABCホール
日時/2008年5月12日(月)19:00開演
料金/4,000円


posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーモバイル開通

ABCの新社屋に来ています。理由は半日以内に発覚すると思います。

今日は朝から久々の自転車でした。自転車というものは普段使わない筋肉を使うものなので、思いもしないところがプルプルした状態でそのままスカッシュです。終わったときにはぐったりで全身が重たかったのですが、今になってみるとその反動か、体が軽く思えます。

さて、ついさきほどイーモバイルが開通しました。

本日契約で即日開通です。ゼロインストール対応のUSBタイプにしたので、ABC新社屋に着いて待ち合わせの間にインストール完了して、今に至るです。

ずっと導入する導入すると言っていてようやくです。東京頻度が上りそうなことと、出張先でホテルで使うだけではちょっと追いつかなくなってきて、物理的に限界に達していたので、明後日の東京出張に合わせて導入です。

これでオフィス以外でもネットが使えます。逆に言うとメールが見られないという言い訳ができなくなってしまいます(笑)とはいえ、今のご時勢、どこでもネットがつながるというのはモバイルパソコンを持ち歩いている人間には必須の環境なのかもしれません。

これで出張や移動、京都以外でのクライアント獲得における懸念事項がなくなりました。活動エリアをしっかり広げていきたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。