2008年05月09日

K君へ

直筆のお手紙をいただくことがあります。本日、その一通が私の前に現れました。

直筆のお手紙というものは今の世の中では非常に出くわすことが難しい代物になっています。皆さんは直筆のお手紙というものを年に何度お書きになりますか??「年に」という質問自体がこの存在の少なさを想定しているものです。

出会うことが極端に少ない直筆のお手紙。非常に稀なものですから、その分インパクトがあります。嬉しさと重たさの両方を見事に兼ね備えています。文字を書くために取ったペン、紙に向かうという珍しい行為、いつにも増して真面目なことをしたためる言葉の選択、何よりも直筆にせざるを得なかった募る想い。それらを想像すれば、わざわざ私のためにというありがたく嬉しい思いと、そこまで伝えたいものが記されているという緊張感が走ります。

ここまできて、いつもよりもゆっくりと、とてもゆっくりと読ませていただきます。

想いには必ず想いが返ってくる、と私は信じています。それこそが出逢いの素晴らしさであります。一方通行ではなく、作用反作用こそが素晴らしさなのです。

直筆のお手紙というものには想いが詰まっているものです。

それは私の想いへの返信です。それらを噛み締めながら、伝わることはやっぱり伝わるんだな、伝わる人にはやっぱり伝わるんだな、と「伝わる」という力に感動を覚えます。

それは彼の想いの発信です。それらを噛み締めながら、言葉ってすごいな、意志をこめるって大切だな、と「伝える」という力に感動を覚えます。

直筆のお手紙というものは今の世の中では非常に出くわすことが難しい代物になっています。皆さんは直筆のお手紙というものを年に何度お書きになりますか??直筆のお手紙というものに特別なものを感じるのは私だけでしょうか。

追伸
K君、君は先日誰かからお手紙をもらって泣いていましたね。その行為をそのまま私に回してくれました。きちんと受け取りました。次は私が改めて伝える番です。


posted by 奥田圭太 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのビラに一目惚れ

あるお芝居を見に行ったときに折り込みで素晴らしい公演告知チラシを見つけました。まさに一目惚れです。

何が良かったかといわれると難しいのですが、何かがとても新鮮で、何かにとにかく(安っぽい言い方ですが)センスを感じたのです。そのチラシを作った人は誰なんだ!?その関心だけでその芝居を見に行くことを誓いました。まるでCDのジャケ買いです。

それからいろいろそのチラシの先を辿っていくとY君がいました。なんとY君が知っている劇団だったのです。そこで一緒に見に行くことになり、今日、行ってきました。

チラシの主は学生劇団でした。いわゆるこの時期ならではの新歓公演です。ありがたいことに学生劇団・新歓公演であり無料で拝見することができました。

そして終演後、気持ちが抑えきれず、チラシをデザインした人をご紹介いただきました。

その人は劇団員でもちろん学生さんです。美術の担当というだけではなく、なんとこの日のお芝居では主役をされていました。本日で一番いい意味でも悪い意味でも気になった役者さんだったので驚きました。

社会人ではないな。そして4年生でも絶対ないなという予想は見事に当たりました。「初めて本気で作った」作品だそうで、それが人に伝わるというのはものすごいセンスだと思います。(やはり、センスという言葉は安っぽいですね・・・いい言葉を思いつくようになりたい。)改めて初めてチラシを見たときのなんとも言えない喜びを思い出しました。

一人の人が一生懸命に作ったその想いは人を動かします。そして、その作ったものにはその人がにじみ出ています。そのことを現実に体験できた日となりました。
posted by 奥田圭太 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。