2008年05月19日

あと少し、あと少しでお披露目です

珍しく先行で告知しようと思います。ただいま開発をお願いしている「あるシステム」がまもなくスタート見込みです。一般ユーザーの方に開放するかはまだ未定なのですが、まずは身内で使って遊ぼうと思っています。

まずは自分たちのために作ったのです。その上で自分たちの理想を実現するために活用しようと思っています。成功事例の積み上げです。そして、それが皆さんにも役立つようであれば開放しようと思います。そのときは継続性を担保するためにビジネスモデルとして仕組み化するつもりです。

テスト期間として今週から私とSが使い始めています。今週中にチャレンジスタッフにも参加してもらい、更には夏に組成予定の東京と関西のチームにも試しに参加してもらおうと思います。そこで幅広い年齢層の意見を集約し、今一度お願いしている開発会社様に追加開発をお願いするというのが順調な流れです。

小さく生んで大きく育てる、これはお願いしている開発会社様が得意としていることで、今回の私の計画にぴったりでした。

まずはテスト期間に使い倒してやります。Sも含め、みんなも協力のために、自分のために使い倒してください。どんどん使いやすいものにしましょう。

開発会社様へ。散々のわがままお許しください。そして、ここまで来たら最後までお付き合いをよろしくお願いいたします。


posted by 奥田圭太 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

地域配分

仕事でよく行くエリアが固定されてきました。京都滋賀・大阪神戸・東京の3つです。

それ以上のエリアを増やせない(増やそうと思わない)くらいにそれらのエリアが深くなったと言えます。一方で、それぞれのエリアの仕事量が読みきれていないのでうまくエリアバランスが取れていないようにも感じています。

よく聞かれることなのでここにも記しておきますが、現状を一週間では、京都滋賀:大阪神戸:東京=4:2:1の配分になっています。これが、京都滋賀:大阪神戸:東京=2:2:2、予備1となるのではないかという変化を感じています。東京の大きな仕事が始まるであろうこと、信頼している人の大阪拠点立ち上げをサポートしたいこと、京都オフィスは任せられる人がいるということ、大阪オフィス拡充、支援学生の広がり・・・、などなど精神的にも物理的にも転機となるはずです。

そこで、強制的にそのバランスに慣れるために、あるいはそのバランスから取り組みをコントロールするために「曜日固定」を検討しています。エリア別に曜日を固定し、生活をそれに合わせていくという逆転の取り組みです。

どうなるかはわかりません。きっとずっと続けることはなく、一時的な実験になるとは思います。まずは東京のボリュームがある程度確定するであろう6月から始めようと思います。
posted by 奥田圭太 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

私は単純労働が得意である

私は繰り返し作業や思考が伴わない単純作業が嫌いではなく、実のところ得意分野の一つだと思っています。極めて単純な労働をいかに速くやるか、正確に美しくやるか、ということをゲーム感覚で楽しめるのです。

バリュークリエイトという会社名や、実際やっている仕事から、どちらかというとクリエイティブ力・発想力やイレギュラーへの対応力・応用力を得意とするように思われがちです。確かに仕事においてその部分を付加価値として社会に価値を創造することを目指しております。

ですが、単純作業も好きなのです。そして、こちらは自信を持って得意なのです。

繰り返し作業や単純作業をやりながら、それに慣れていって速くなっていくのが楽しいのです。目標を決めてスピードアップさせるのも楽しいのです。競争する環境にあると更に頑張ります。シンプルな事柄に没頭できるというのはとても集中力を発揮しやすく、作業終了時にはスポーツで汗をかいたような気持ちの良い爽快感があるのです。

昨日、そんな単純作業に没頭しながら、スピードアップをKに自慢していたら「入力作業とか単純労働の職にでも転職しろ」と笑われてしまいました。「そこで活躍する自信あるよ」と返す私の笑い声は、冗談ではなく本気です。転職は冗談ですが。
posted by 奥田圭太 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

京都ビジネスモデル交流会

京都の若者、ベンチャー企業、起業を志す学生さん向けの交流会のお知らせです。

京都商工会議所は平成20年度京都市地域プラットフォーム事業の一環として「京都ビジネスモデル交流会」を開催いたします。

この交流会を器として提供することで、起業家マインドの高揚、ベンチャー創出、経営革新をさらに大きく、さらに促進したいと思っております。

第1回は、国際的に活躍され、大きな視点をお持ちの先輩事業家であるグロービス・グループ堀代表から、京都の若者、ベンチャー企業、起業を志す学生達への期待や激励のお言葉をいただき、起業マインドを高揚していただきます。多数のご参加お待ちしております。

■日時  2008年6月12日(木)14:00−15:30
■会場  京都ホテルオークラ 4階「暁雲の間」
■テーマ 「創造に挑み、変革を導く」
     −ベンチャー成功の5つの秘訣−
■講師  グロービス・グループ代表  堀 義人 様
http://www.globis.co.jp/
■講師プロフィール
   1962年生まれ。京都大学工学部卒、米国ハーバード大学
   経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社にて
   新規事業開発などを経た後、1992年株式会社グロービス
   設立、代表取締役に就任。1999年エイパックス・グロー
   ビス・パートナーズ(AGP)(現:グロービス・キャピタ
   ル・パートナーズ(GCP))設立、現在、代表パートナー。
   若手起業家が集まる「YEO(Young Entrepreneurs' Organi
   zation)」の日本初代会長、YEOアジアの初代代表。現在、
   経済同友会幹事、日本プライベート・エクイティ協会理事、
   世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders
   日本代表、ハーバード経営大学院アルムナイ・ボードメン
   バー、国際大学理事を歴任中。
   著書:「人生の座標軸」(講談社)、「吾人(ごじん)の
      任務」(東洋経済新報社)、「ケースで学ぶ起業戦略」
     (日経BP社)、「ベンチャー経営革命」(日経BP社)
   共著:「MBAマネジメントブック」(ダイヤモンド社)、
      「成功するキャリアデザイン」(日本経済新聞社)
■定員  200名
■参加費 無 料
■対象  創業間もない方、創業を志す方、経営革新に取り組
     む企業経営者及び支援機関・支援者等
■お申し込み先:
http://www.kyo.or.jp/kyoto/cgi-bin/frame.cgi?/kyoto/cgi-bin/whatsnew.cgi?action=record&primary_key=999
■本件お問合せ先:
     京都商工会議所 知恵ビジネス推進室
     担当:林 hayashi-k@kyo.or.jp
posted by 奥田圭太 at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたが欲しい

世の中には「ヘッドハンティング」という言葉があります。辞書によると「優秀な人財を引き抜く」といったようなことが書いてあると思うのですが、ここで指す「優秀」とは何なのでしょうか。

ここには3つのパターンがあると考えています。

まず本来の意味である(1)極めて実力がありどうしてもその人財を手に入れたい、というものです。ですがそんな人間は誰もが必要とするはずであり、あるいは自力で何かを成し遂げるはずであり、極めて手に入れることが困難です。これが主流であればヘッドハンティングマーケットは極めて小さなマーケットであり、極めて困難なマーケットだと言えます。

そこで一般的なのが(2)費用対効果でその人財にメリットを感じる、というものです。これはいわゆる転職市場の基本です。教育費用を考えれば中途人財にメリットを感じ、基本知識が身についている同業他社の人間や特定分野の経験者を優遇する。採用費用を一定設けることができないので接点のある人間に声をかけて低コストでの確実な採用を優先する。ここでは、(1)のようにその人間を個として評価しているのではなく、集合体として一定の評価を与え天秤にかけていることになります。あなたが欲しいのではなく、あなたのような人たちが欲しいのです。

そして、される側は認めたがらないのですが、実は一番効果的かつ多いものとして考えられるのが(3)その人財が保有するマーケットを手に入れたい、というものです。あなたが欲しいのではなく、あなたのお客さんが欲しいのです。

ある企業の方から「君が今仲良くしているお客さんを回れば、2000万円くらいの年収はいけるよ」とヘッドハンティングされたことがあります。それは誠に真を得ていると思います。企業にとって顧客の開拓は最も重要かつ困難なものです。それを企業で自分の担当先として有していた人間、もっと簡単に言うと営業経験がある人間はある程度の顧客との面識・名刺リストなどを有しています。それは営業活動の基礎中の基礎になるものであり、そのつながりとリストを新規で作るとなれば相当に時間とコストを要します。ですが、その人間がいればその時間とコストを一気に省略できてしまうのです。

個の実力というのは計り知ることが難しいものです。ですが、その有するマーケットははっきりと計算することができます。その確実に手に入るものを評価するのも当然です。それが手に入れたいマーケットならばなおのことです。

「あなたが欲しい」とは非常に奥が深い言葉です。そこには決して偽りはないのですが、そこではあなたの何が欲しいのかは語られません。

ヘッドハンティングを受けて自分の実力があると勘違いする人も少なくありませんが、自分の何を見られているのかをもう一度見直す必要があります。(2)(3)の場合も自分の実力で手に入れたものだと反論する人も少なくないでしょうが、その多くは自分の実力ではなく自分が所属するところのおかげであることを見失ってはいけません。

「あなたが欲しい」という言葉は人の心を惑わします。そんなときこそ一歩引いて自分の実力を見つめなおすときです。
posted by 奥田圭太 at 02:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

学生イベント「大新歓祭」

「京都の学生によるいっぱいの出会いと遊園地や運動会のようなワクワク空間を創り上げよう!」というイベントを企画し実行しています♪

「大学ってあんまり出会いないよねぇ」
「充実した楽しみって最近無いなぁ」
「何か面白い新歓行事ないかなぁ〜」
そんな不満を全て解決いたします(ノ゜O゜)ノ

来てみてビックリ!遊んで満足の一日を約束します!!

以下詳細です

「大新歓祭」
日時:6月1日(日)
11:00〜16:00
場所:みやこめっせ(平安神宮近く)
参加費:1500円(但し、友達10人以上で参加すれば1000円)

内容:
1、京都No1チーム決定戦(二人三脚、大玉飛ばし、伝言ゲーム、Tシャツ飛ばし、ブーケキャッチ、etc)
最高のチームワークを見せてみろ!!
2、全体競技(大画面Wii、借り人競争、ジャンケンゲーム)
会場のみんなと友達になれる☆
3、文化系サークルPR
あなたの団体の活動教えて☆
4、メイクアップ講座
美人になる秘訣を全て公開♪
5、コミュニケーションカフェ
出会え♪出会いのセッティングは全て致します♪合コンカフェ☆
6、大抽選会
豪華賞品プレゼント☆
*各競技とも優秀者には賞品あり*

ご興味がある方は私宛にメールかコメントをいただければ、主催の学生さんから折り返しご連絡差し上げます。
posted by 奥田圭太 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ファントマ 幕末殉教伝『イエス斬り捨て』

歌あり殺陣あり、笑いあり涙あり、That's entertainmentな舞台。“新生”ファントマ第1弾だと何度も強調されていましたが、過去をあまり知らない私には比較対象はなく、ただ今日の舞台は良かったと一言。

開演前から遊び心が散りばめられていて、始まる前にその世界観に入っていく準備運動ができます。こういうものはおまけを手に入れたお得感と始まったときのスムーズさが心地良くて好きです。

本編はといえば、幕末の名エピソードで知っている内容ばかりながらたくさんのものを同時並行かつ多層的に絡めていてスピード感があります。歌や笑いが程好く挿入されているおかげで緩急もあって疲れません。照明や音響も激しく最後まで一気に走りきれます。

後半に行くにしたがって、変わったもの、変わらないもの、変われないもの、変わらざるを得なかったもの、それぞれの死生が浮き彫りにされていき、和解というカタルシスに集約されます。

あまりの知識不足でどこからどこまでがファントマの人と言えるのかがわかりませんでしたが、それだけ一体感があったとも言えるのでしょう。演出の派手さや喜怒哀楽詰まったお話、楽しむ要素は満載です。役者陣はみんななんとなくいいのですが、パンチ不足です。あとは艶のある役者さん、ずば抜けた主役級が一人出てくればもっと大きな箱にふさわしくなるように思います。

追伸
こんなに物販に力を入れている劇団は久しぶりに見ました。いい意味でも悪い意味でも。

■公演概要
中之島演劇祭2008 ファントマ 幕末殉教伝『イエス斬り捨て』
作・演・出演/伊藤えん魔
出演/保村大和 久保田浩 猫ひろし 牧野エミ 盛井雅司 上瀧昇一郎
    坂口修一 副島新五 行沢孝 後藤篤哉 田村K1 天野美帆
    小暮紗織 磯子 いいむらなおき ダイナマイトしゃかりきサ〜カス
    きんた・ミーノ
会場/新・ABCホール
日時/2008年5月12日(月)19:00開演
料金/4,000円
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーモバイル開通

ABCの新社屋に来ています。理由は半日以内に発覚すると思います。

今日は朝から久々の自転車でした。自転車というものは普段使わない筋肉を使うものなので、思いもしないところがプルプルした状態でそのままスカッシュです。終わったときにはぐったりで全身が重たかったのですが、今になってみるとその反動か、体が軽く思えます。

さて、ついさきほどイーモバイルが開通しました。

本日契約で即日開通です。ゼロインストール対応のUSBタイプにしたので、ABC新社屋に着いて待ち合わせの間にインストール完了して、今に至るです。

ずっと導入する導入すると言っていてようやくです。東京頻度が上りそうなことと、出張先でホテルで使うだけではちょっと追いつかなくなってきて、物理的に限界に達していたので、明後日の東京出張に合わせて導入です。

これでオフィス以外でもネットが使えます。逆に言うとメールが見られないという言い訳ができなくなってしまいます(笑)とはいえ、今のご時勢、どこでもネットがつながるというのはモバイルパソコンを持ち歩いている人間には必須の環境なのかもしれません。

これで出張や移動、京都以外でのクライアント獲得における懸念事項がなくなりました。活動エリアをしっかり広げていきたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

項目数を減らすという考え方

今日は「これをしよう」と決めて、難易度も高く時間もかかる事柄を片付けようと決意していたとします。ですが、やらなければいけないと思っていることはひとつであるはずもなく、それを片付けている間にもまた増えていくものでしょう。

人間はやらなければいけないことが増えてくると、その強迫観念により落ち着かなくなります。せっかく決意していた事柄に対しても集中できなくなってしまいます。

そんなとき、短期的な視点(たとえば今日一日など)に限定されますが、項目数を減らすという考え方を推奨しています。

やらなければいけないと思うことがたくさんあると感じたとき、まずそれらを書き出します。まず、数を知ることが大切です。一体いくつのACTION項目があるかを知るのです。次に、それらの難易度と予想時間を記します。これで自分のACTIONを把握することができます。この段階で落ち着くことができます。強迫観念のほとんどはわからないことによるものだからです。書き出してみれば思っていたより少ないという場合がほとんどです。わかれば怖くないのです。

ここからは実際にACTIONに移ります。ACTIONの順序は「項目数を減らす」という視点を第一優先します。簡単に言うと「電話」「メール」「一部修正」などの10分以内で終わる項目を先にやってしまうのです。それらを積み上げていったところで所要時間はたいしたことではありません。

次に、時間が予想できないものや不安が残っているものに取り掛かります。これをある一定の時間で中断します。それによって、その事柄の予想時間や難易度を把握するのです。

これで終了です。

項目を正しく把握し、不安が取り除かれていれば、あなたの考える優先順位(納期や難易度)で進めても問題ありません。

物事を進める上で大きな課題となるのが、わからないや不安だという気持ちです。それが物事の進行を遅くし、物事の欠落やミスを招くのです。まずは項目数を減らすことと不安を取り除くことが先決です。項目数を減らし不安を取り除くことができれば、物事が把握でき、イメージができるようになります。

イメージできればマネージができます。そうなればあなたのものです。
posted by 奥田圭太 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」

謎解きのサスペンスとしては三流、ヒューマンドラマとしては二流、キャラクター芝居としては一流。残念ながら映画としてはテレビドラマの映画版の想定内。

謎解きは薄っぺらく伏線も読め読めです。動機も単純なので犯人(実行犯の裏に真犯人がいたとしても)もすぐにわかってしまいます。けっこう抜け抜けの、あまりに都合の良すぎる謎解きの行程になります。

カメラワークも映画にしようと必死なのか、空撮が多すぎますし、やたら上から、やたら下からのアングルが多くて疲れます。テレビドラマの映画版にありがちなカメラ移動も多く、落ち着きがありません。

それでも、相棒という作品そのもののアドバンテージが大きくあります。それはキャラクターが出来上がっていることです。主人公の二人は長年で作り上げられてきたキャラクター、今回の事件の鍵は名優が揃い、キャラクターがしっかりしています。そのキャラクターのぶつかり合いという視点では非常に楽しめます。

初見の人には個性豊かな登場人物が楽しめます。これで水谷豊さんファンは間違いなく増えるでしょう。シリーズファンの人にはいつも以上に走り回る主人公右京が新鮮で新たな喜びとなるのでしょう。

■作品概要
題名/「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」
2008年/日本/東映
監督/和泉聖治
脚本/戸田山雅司
出演/水谷豊 寺脇康文 鈴木砂羽 高樹沙耶 岸部一徳 木村佳乃
    西村雅彦 原田龍二 松下由樹 津川雅彦 本仮屋ユイカ
    柏原崇 平幹二朗 西田敏行
会場/TOHOシネマズ二条
現場に謎の記号が残される殺人事件が連続して発生。記号をチェスの棋譜と看破した警視庁特命係の杉下右京と亀山薫は独自の捜査に乗り出し、被害者全員に連絡を取っていた少女・やよいを割り出した。しかしやよいへの取調べは弁護士によって阻止され、捜査は行き詰ってしまう。そこで右京は事件に関連するサイトの管理人とメール交換によるチェス勝負に挑む。結果は右京の勝利。しかし投了図は、予期せぬものを示していた……。(goo映画)
posted by 奥田圭太 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。