2008年05月31日

「アフタースクール」

伏線満載の楽しい作品。三谷幸喜の脚本のようであり、映画で最近の類似を探すのであれば「キサラギ」のような、深みはないけれど楽しい時間が過ごせる、POPな謎解きスッキリ作品。

比較論はあまり好きではないのですが、三谷幸喜さんが宛書を得意とし出演者に何をさせるのかを考える監督であるのに対して、内田けんじさんは台詞とシチュエーションで笑いを紡ぐ人のように感じます。プロットを練りに練るのを楽しんでおられるようで、その楽しさが観客にも伝わるので、観る側も構成を読み解いていくことを楽しめます。伏線を解いていく楽しさは格別です。

POP過ぎて表面で終わります。深さを求めると損をした気分になります。人間を描くのではなく、構成とどんでん返しを楽しむのです。だからこそ登場人物は可愛い人しか出てきません。人間の泥臭さや憎悪といった裏側を描かれません。あくまでPOPであり続けます。そこまで気楽に楽しみましょう。

■作品概要
題名/「アフタースクール」
2008年/日本/クロックワークス
監督・脚本/内田けんじ
出演/大泉洋 佐々木蔵之介 堺雅人 田畑智子 常盤貴子 北見敏之
     山本圭 伊武雅刀
会場/MOVIX京都
母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてくる。島崎と名乗る探偵は木村を捜していた。若い女性と親しげにしている木村の写真を探偵に見せられた神野はショックを受け、なかば強引に木村捜しを手伝うことになってしまう。(goo映画)

posted by 奥田圭太 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

N君成長記録3〜店長〜

ついにN君がお店の店長になりました。彼が修行していた大阪寝屋川の「神代(ZINDAI)」系列が京都にお店を出したのですが、そこの店長兼料理長に就任したのです。

明日30日がOPENなのですが、昨日、前職の社長様とその仲間、身内でお披露目会がありました。私もメンバーに入れていただき、飲みに行って来ました。

夫婦二人で切り盛りです。一人で全て調理するにはやや広めで、けっこう大変そうでした。とはいえ、多くのメニュー全てを作れるようになっていることに新鮮な驚きを覚えました。そういえば彼が料理人修行に入って2年、人間頑張ればここまでなれるという事実が目の前にあるのです。

自由に注文していいとのことだったので、もちろん「えびのマヨネーズ和え」を注文しました。彼が私にはじめて作ってくれた料理です。あのときの真剣な表情、言葉も発せずひとつに集中する姿を今でも覚えています。で、今日はといえば、全然無視です(笑)他の調理と平行して気楽なもんです。あっという間に出てきました。

脱サラ→料理人修行入り→デビュー作品婚約→店長、彼は確実に階段を上っていっています。

京都三条の「居酒屋じんだい」いよいよ明日OPENです。お昼は定食で夜は居酒屋です。三条大橋すぐのローソン隣、タカセビルの地下一階。お店のレポはまた今度食べに行ったときにします。
posted by 奥田圭太 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

早起きはイラつきのためかイラつきを抑えるか

おはようございます、こちら京都オフィスです。という初めての書き出しをしてみます。

「私は寝ないとダメな人」だと自負しており、睡眠時間は1日において確保すべきかなり大切な項目です。最近は数人から指摘されている風邪気味なのかはわかりませんが、体がやや重い状態が続いており、朝も少しゆったりして遅めの時間に起きるようにしていました。

ところがここ数日で信じられないような不機嫌な出来事が起こり、イライラしていました。考えることが多いときは早く寝てしまうにかぎる、と考えているので昨日は早く床に入ったのですが、夜中に目覚めること数回、そして朝もかなり早く目覚めました。夜中に目が覚めたときは咽喉が渇いていたのでやはり風邪が原因なのかなとは思いますが、それにしても朝の目覚めが早かったです。

一番の驚きは快適な目覚めだったのです。気分が快調ということではなく、朝からすっきり目が覚めて体が軽いということです。睡眠時間はいつもより短いのに体調が良いのです。

ひょっとしていつもが寝過ぎだったのでしょうか??

今日はこれから大阪オフィスです。珍しく朝一番に大阪オフィスに入るのですが、荷物を取りに京都オフィスに寄ってこれを書いています。

朝一番に大阪、という思いが早起きさせたのかもしれません。風邪で咽喉が渇いて早起きしたのかもしれません。不機嫌でイライラして早起きしたのかもしれません。たまたま悪夢に出くわしたのかもしれません。

いずれにしても、今日は体調快調です。これを機会に試しに睡眠時間を減らしてみようと思います。たまたまなのか、今までが寝過ぎだったのか、果たして・・・。
posted by 奥田圭太 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

ブログ解析のいろいろ

最近はブログ解析が流行っているようです。以前に「MyBoo」というブログ解析ソフトをこちらでご紹介しました(→コチラ)が、2つの解析ソフトをブログパーツとして追加してみました。

ひとつは、DSメンバーから紹介された「emo(エモ)」です。ブログの特徴は四角の顔で表現しています。もうひとつが、本日プレスリリースされた「KiTT」です。実はこれは以前にご紹介した「MyBoo」のパワーアップ正式リリースなのです。

最近のブログ解析ソフトの特徴は(以前のコピペですが)ブログ解析ソフトといってもアクセス数や検索ワードという外部の人の動きを解析するというものではなく、書いている人間の潜在意識や気持ち、最近話題にしている傾向を分析してくれるという内内の解析です。更に健康診断と同じように日によって変化するのも特徴の一つです。

emoは顔で表現されるのが面白いところです。このブログの私はかなり抑制しているところがあるので「リアルとブログの印象の違い」はたびたび問題となっています。他人からはどういう人物像に映っているのか知るには適したツールです。「真面目」が全面に出ている結果なのは、このブログの役割を考えれば当然ですし、私をよく知る人からは驚きでしょう。

KiTTは非常に事細かな分析がされます。まさに健康診断のようでバイオリズムを重視しているので、自分自身を管理する上でも役立つものです。個人的にはパーツで動くキャラクターがかわいいので、それだけでOKかなと思ってしまいますが・・・。

emo(エモ) http://blog-emotion.com/emo/
KiTT    http://kitt.jp/

まだ設置したばかりなのでこれからどう変化していくか楽しみです。
posted by 奥田圭太 at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

「49日後・・・」

テーマはあったようなのに、結局は役者の芸比べになって、何も掘り下げられなかった作品。芸達者な役者陣、個性が違う表現方法と掛け合いのうまさに笑わせられ、お話は飛んでしまいました。

作品はブラックなテーマが下敷きにあります。家族の疎遠さ、家庭内暴力、監禁生活、自殺、オタク文化・・・全ては人間関係の微妙なずれです。そんな現代をシニカルに感じるにもかかわらず、終わってみれば何もなかった印象。作品を書くよりも役者を優先した結果でしょうか。

男性陣4人は個性豊かでわくわくさせられます。次は何をするのかと期待している会場全体の雰囲気を感じます。演出を優先したのか池田成志さんがおとなしかったものの、お約束とも感じる古田さんと八嶋さんの晴れ晴れとする面白さ、松重さんの抑えた中で生まれるとぼけたおかしさ、役者の人気を裏付ける実力を感じるには十分な二時間です。

最近のプロデュース公演は作家性よりも人気や役者が主導になりつつあるように感じます。作品よりも意志よりも、出演者が先に決まっていて、それに合わせるようにホンを書く。そのせいか、良し悪しが役者次第、好き嫌いが悪い意味で別れる内輪ウケ、あげくにはただのエチュードの連射(コント集のよう)で作品としては何も残らないもの、高価な割りに稽古不足が多いように思います。増えすぎたプロデュース公演は増えすぎたベストアルバムやカバーアルバムよりも性質が悪い、もう意志のないプロデュース公演という形には飽きてきました。

■公演概要
パルコプロデュース公演「49日後・・・」
作/竹内佑
演出・出演/池田成志
出演/古田新太 八嶋智人 松重豊 小田茜
会場/シアター・ドラマシティ
日時/2008年5月25日(日)18:00開演
料金/7,500円
posted by 奥田圭太 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

第4回スプリンクルシアター通し

3つの趣向の異なるお芝居をはしご。通し券という企画に興味を持って思い切って挑戦。かなり疲れました。それでも作風も演出も個性が全く異なる3種に出会えて楽しかったです。新開地という場所も知れましたし。以下、寸評。

(1)ユニット美人「髪結いの女たち」
オープニングの秀逸さから疾走。ど派手な劇画を見ているよう。日常の人間関係や男女関係をとことん誇張しデフォルメし暴走させています。モテ対ブルマ(モテない)からカタルシスまで、簡単なプロットのお芝居なのに思い切り笑えて、豪快な演出に感動できます。

(2)東京デスロック「3人いる!」
一見シンプルな会話劇。脳みそが爆発しそうなくらい読解力と想像力を暴力的なまでに要求します。付いていくのに必死でぐったりと疲れます。苦手な人はここで拒絶でしょうが、最後まで食らいつけば最後に謎解きがすっきり解けたような気持ちの良いオチがつきます。演劇でしかできない構成で新鮮。思わず台本を購入したのですが、読めば余計に脳みそが疲れ果てました。これを芝居に起こせた役者と演出家がすごい・・・。

(3)クリウィルバアニー「贅沢ラム」
ダンスカンパニー。最初から最後まで音楽とダンスのみ。雑踏と暗闇、食と排泄の繰り返し、豪華な祭りのようなパーティと祭りのあとの寂しさのよう。もっと笑いな感じかと思っていたら終始真面目で意外でした。照明が中途半端なのか、闇に目が慣れたのか、暗闇が暗闇になりきらず濃淡の演出がぼやけたのが残念です。ダンスのクオリティは8人のダンサーどの人も高く、その伸びやかさと体力に感動しました。

■公演概要
第4回スプリンクルシアター
会場/神戸アートビレッジセンター(KAVC)
料金/通し5,500円
(1)ユニット美人「髪結いの女たち」
作・演出・出演/黒木陽子
出演/紙本明子 朝平陽子 首藤慎二(ベビー・ピー) 大熊ねこ(遊劇体)
    吉村奈知 小林真由美 中村菜穂 
会場/KAVCシアター
日時/2008年5月24日(土)15:00開演
(2)東京デスロック「3人いる!」
作・演出/多田淳之介
出演/夏目慎也 佐山和泉 岩井秀人(ハイバイ)
会場/KAVCギャラリー
日時/2008年5月24日(土)17:00開演
(3)クリウィルバアニー「贅沢ラム」
振付・出演/菅尾なぎさ
出演/東さくら 阿竹花子 金子あい 佐藤想子 丹野晶子(ロリータ男爵)
     松浦羽伽子 松崎有莉
会場/KAVCホール
日時/2008年5月24日(土)19:00開演
posted by 奥田圭太 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第18回「びびこむ」告知

第18回「びびこむ」を開催いたします。

今回のテーマは『ネットワークビジネスの功罪』です。

マルチ商法、ねずみ講・・・テレビや新聞を賑わす犯罪として皆さんも耳にしたことがあると思います。
明らかに胡散臭いと思われるその響きですが、ではなぜそれが流行ったのでしょう。
そして、ネットワークビジネスは合法だと言われたらあなたはどう思いますか?

果たしてネットワークビジネスとは何なのか?
そのビジネスモデルが提示する本来の目的とは何なのか?
ネットワークビジネス、マルチ商法、ねずみ講とは一体なんだったのか。

ネットワークビジネスのビジネスモデルを過去の歴史や仕組みから正しく理解して、
いいところも悪いところも踏まえてディスカッションをしてみましょう。

ネットワークビジネスは優れたビジネスモデルです。一方で、悪徳商法にもなりえるものです。
騙されないように、本当の仕組みを正しく知るために、世の中を知るために、奮ってご参加ください。

【ゲストスピーカー】
zestrinity 代表
西村 元伸
京都の中小企業に就職後、新規事業の立ち上げとして飲食店経営に従事。
その後「夢と情熱」を持って独立。
■びびこむ概要
第18回「びびこむ」
日時 2008年6月7日(土)13:00〜15:00
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)

参加人数制限は原則先着順で30名程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。
http://www.vivi-com.mobi/3.html
表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2008年05月23日

NY JOIN

年下の男性にお願い事があると呼び出され、ランチを共にしてきました。そして、ほんの数秒で彼がバリュークリエイトにジョインすることが決まりました。

NY(N君が多いこのブログなので彼はNYとすることにします。ニューヨークです(笑))は、以前にある企業様で共に外部の人間として一緒に仕事をしたことがあります。若い割りにしっかりと自分の領域を明確にしていて、つけいる隙がない印象でした。

そんな彼は今の仕事を続けながら新しく思いついた事業を立ち上げようと思い立ち、バリュークリエイトを活用しようと思いついたのです。

彼が簡単に説明してくれた新規事業は、仕組みはわかりましたが詳しくどういった収支になるのかは想像できませんでした。ですが、NYがやるというのですから、お願いだというのですから、それがバリュークリエイトならできるというのですから、断る理由はどこにもありません。即答で「ジョインしてもらう」ことにしました。

早速メールアドレスと名刺の手配を完了し、来週から活動予定です。年下のジョインは新鮮です。彼のほうから来てくれたことがまた嬉しい限りです。

全く想像していたお願い事とは違ったのですが、想像なんかよりももっと実態的に喜ばしい結果になりました。NYの新規事業を会社としてサポートしながら、彼には新規事業に関してバリュークリエイトをとことん活用してもらえればと思います。
posted by 奥田圭太 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すぐ隣に彼らがいる

昨日は隣の部屋で企画会議が行われていました。大阪オフィスに到着したばかりの私は打ち合わせまで時間があったのでゆったりしていました。そこへ隣の部屋から「奥田も考えて〜な」の声が。

結局、私だけでなく大阪オフィスにいる全員が途上の企画へ前提条件も知らないままに「あ〜だこ〜だ」と勝手なことをぶつけまくります。結果、方向は全く変わってしまいましたが、全員がスッキリする芯ができました。

その後は私も行動主体側になる別の企画打ち合わせです。ここでも3人の人間が事前に考えてきたことも踏まえてぶつかり合います。方向は迷走するようにあっちへこっちへ行きますが、その中で余計なものが削ぎ落とされていって、結局何が大事なのか、結局はどこが決まらなければいけないのか、と芯と枝葉が明確になっていきます。

頭の中で考えていた段階ではどんどん膨らんでいき、あれもこれもで細かいことがたくさん並んでいきます。それはもちろん大切なことではありますが、結局のところが浮かび上がりません。何よりも自分の頭の中なので洗練されません。また自分の知識の範囲なので分からない分野をカバーせずに勝手なものになります。

企画とは頭の中ではなく、他者とのディスカッションにおいて生まれる。

企画とはただのアイデア出しではありません。関係する人たち、その先にある人たち、それらの多くの人々のそれぞれの立場があって、それらが時に融合・反発する中で削ぎ落とされたコアの部分を固めることであり、立場が違う人たちが共有できるものに昇華されていくのです。

一人で考える時間が増えたように感じていた今日この頃だったので、隣に人がいること、いつでもディスカッションできる相手が近くにいることの喜びを感じた日でした。
posted by 奥田圭太 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

人身事故は生身の人間の話です

先日、東京出張の際に山手線で乗っていた電車が急停車しました。多くの乗員が「おっとっとっ」となっていました。駅に停車する体勢に入ったところだったのでその程度で済んだのですが、加速中であればもっと大変だったと思います。

原因は東京駅での人身事故でした。実はあと1本か2本ずれていれば私が乗っていたに違いない電車でした。

乗り合わせた人たちの反応は私の想像とは違い「またか」と言ったものでした。前日に一緒に飲んでいた東京在住の人も「人身事故と聞いてももはや人間が想像できない。あまりにありすぎて麻痺してしまった」とおっしゃっていましが、その光景を目の当たりにしました。事務的に放送を聴き、自分の目的地に行く方法を再検索しているようでした。

確かに東京では人身事故はニュースになるようなことでもなく、日常茶飯事になっているようです。関西でもJRの一部路線などはよくあるような印象があります。

ですが、そこには間違いなく「ヒト」がいます。生身の人間がそこにいます。1本違えば・・・、それが生身だとわかったのかもしれません。

リアリティ、現実感、想像力。テレビをどれだけ見ようとも、どれだけそれが多くあったとしても、インターネットがどれだけ発達しようとも、忘れたくはない感覚です。バーチャルリアリティは、リアリティがあってこそ存在するのです。
posted by 奥田圭太 at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。