2008年03月19日

無料ギャラリーのススメ

ここ数日で2つの無料ギャラリーに行ってきました。どちらもオフィスに近く、ふらりと立ち寄れるので大変便利です。

一つは3月1日にできたばかりのギャラリーH2Oです。京都市内ど真ん中の住宅街にそれこそ一つの民家として存在します。細い路地の奥に存在します。偶然通りすがりに発見しました。
ギャラリーを作りたかったという手作り感の愛情満点で、待ち構えていたご婦人がギャラリーだけでなく、周辺や庭も案内してくださいます。展示ももちろんですが、まずは新しい雰囲気を楽しみに行くのもありです。

もう一つはお馴染み京都芸術センターです。
ヨハネス・レンハルトというドイツ人アーティストの個展があったのですが、非常に日本を感じました。日本というものを意識して作られたのだとは思いますが、巨大な立体作品も和紙の質感があり、骨組みやその構造はちょうちんのようでもあり、極めて日本と親和性があります。また、その製作過程やイメージ画の中にはレンハルト氏の文字かはわかりませんが、日本語も飛び交っていました。

これ以外にも実は街中に小さなギャラリーは存在します。ふらりと立ち寄れるそういう空間がそこに存在し、思いもよらない出会いに出くわすことはこの上ない贅沢です。

■展示概要
GALERIE H2O(ギャラリー・エイチツーオー)
「創造する手」
2008年3月1日(土)〜30日(日)

京都芸術センター ギャラリー北・南
「CONCHA」Johannes Lenhart(ヨハネス・レンハルト展)
2008年3月8日(土)〜26日(水)


posted by 奥田圭太 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。