2008年02月25日

量から質を求めるという方法

ただの呟き。観劇の方針転換。

ここ数年は平均単価の高いものを中心に観劇してきました。それはある程度時間が読めない(平日と休日という明確な区別がない)仕事になってしまってそもそも舞台を観に行くという回数が制限されたため、どうしても「はずしたくない」という消極的理由が勝っていたからです。冒険的なこと・衝動的なことは抑えられ、無難なものを選択していました。結果として、実績のあるものにすがることとなり、平均単価が上ることになっていたのです。

確かにはずれの率は低かったと思います。かといってまとまりすぎていて衝撃が少なかったのも事実です。何かが足りないという欲求がじわじわと膨れ上がってきました。

今年は予備知識なしのもの、衝動的なものを増やしたいと思っています。足りない何かが見つかるまで「数打ちゃ当たる」で走りたいと思います。量が質を産むということもあるはずです。そのために意図的に時間を作るように仕掛けていくつもりです。消極的理由ではなく、積極的理由でその何かを掴み取ろうと思っているのです。

学生劇団や見たことのない若手小劇場、なんとなく気になるプロデュース公演、企画公演、今までスルーしてきた分野、いろいろなものに手を出していきます。手当たり次第です。これでチラシを見るのも楽しくなることでしょう。

そんなわけで、一緒に行ってくれる人募集中(笑)映画は一人で行くことが多いのですが、観劇は必ず誰かと行っているのです。観劇も一人で行ってみるのも手でしょうか・・・。
posted by 奥田圭太 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KUNNA総集編〜売るしかないっしょ!?〜

デニムブランド「KUNNA」を知って1年半以上が経ちました。その間にLAまで行って2006年11月「KUNNA訪問」に至り、さらには日本で販売網を広げようと同志たちと販売SHOP開拓を行い、2007年4月「KUNNA HP(日本版)OPEN!!」となりました。

そして、今年2008年1月には私も個人出資する形で「KUNNA JAPAN設立」取締役就任となり、2月より営業を開始いたしました。2月15日にはバリュークリエイト京都オフィスでも「KUNNA展示開始」とし、誰でも試着していただける環境を整えました。

おかげさまで展示開始早々から、そのためだけに訪問してくださる人もおられ、試着希望者が続出しております。「はけばわかる!」のコンセプト通り、お越しいただいた方々にはとにかく納得するまで試着していただいております。

そして10日が経ったのですが、あっという間に5本の注文が確定しております。私経由で購入できる環境を待っておられた方もおられたようで、ある程度はSHOPにわざわざ行き直していただかなくても、私経由でも販売をすることにしました。価格は30,000円前後ですが、試着すればその場で買いたくなる、それは至極当然のことだと思うからです。

当面の京都オフィスでの扱いは、試着専用です。ただし、購入希望者に対してはその場で型番とサイズを特定していただき、後日お届けもしくは京都オフィスに取りに来ていただくように、東京や名古屋の在庫を確認させていただきます。これについてはあくまで友人限定になってしまいますが・・・。それ以外の方にも小売店をご紹介いたします。

デニム好きの方、セレクトショップ等をされているかは是非一度ご試着にお越しください。「はけばわかる!!」がKUNNA(クンナ)の最大の魅力です。「MADE IN JAPAN」をはきましょう。Chemicalをほとんど使用しない加工の素晴らしさを感じましょう。とにかく、はけばわかる!!

<問い合わせ先>
株式会社バリュークリエイト京都オフィス(KUNNA JAPAN 京都機能)
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地 オフィスワン四条烏丸8F
TEL 075−344−2544
info@vcreate.jp
posted by 奥田圭太 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。