2008年02月18日

スカッシュ2日目

本日はスカッシュ二日目でした。施設が混んでいたことと一緒に行くSとのスケジュール調整も大変で、結局前回の時間を半減させて30分で予約しました。

始まる前は前回終了後に教えていただいたボールを最初は温めるということもきっちりやって、30分ノンストップでチャレンジです。

二人とも少しずつコツがつかめてきました。そこそこ気をつければ、反則込みながら(笑)ラリーはできるようになってきました。まだまだ勝負をするというよりは和気藹々と楽しんでいる感じです。汗をかきながらゆっくり話ができるのもいいことです。

今回も終了後に来られた女性(この前と別の方)がものすごくうまくて切なくなりました(笑)ほとんど動くことなく一人で壁内を始め、わざと難しい跳ね返りをさせてみたりと、見ているだけでとても軽やかです。走り回る私とは好対照です。残念なことにこの方は何らかの事情で3月末にスカッシュをおやめになるそうです。私も続けていればあそこまでの芸当ができるようになるのか、やめないようにすることばかりが心配な私には遠い世界です。

〆て二人で1500円程度です。やはり安価で気楽にできる少人数スポーツはいいですね。。あとは2人の意思が合うかどうか・・・が続くかどうかです。次回はいずれにせよ来月の予定。私はガシガシ行く気ですが、他のスポーツの案もあり・・・。S次第としておきましょう(笑)
posted by 奥田圭太 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「京都学生アートオークション」参加

知人のご紹介で「京都学生アートオークション」に参加してきました。

企画内容はシンプルで芸大などに通う現役学生の作品が出品され、それを会場に来た人(事前入札者含む)が現地オークションで競って落札する、というものです。企画の趣旨は、現役学生に社会・マーケットとの接点を持つことでキャリア教育を施そうというものです。出品者(学生)が1分間プレゼンし、5000円から入札が開始される、落札額の半分が学生に渡る、というチャリティーであり教育でありという企画です。

まず参加者(入札者)がオークション形式になれるために各大学から協賛された品(比較的手を出しやすいもの)に入札していきます。本格的で札を上げるのですが、なかなかドキドキして楽しいものです。

ちょっと手に汗を握る感覚に慣れてきたところで全31作品が順にオークションにかけられました。残念ながら別件で最後まで参加できず、更に残念なことに2つほど入札したのですが競り負けて手に入れることはできませんでした。

ヤフーオークションなどのネットオークションが身近になった昨今ですが、競っている人の顔が見える現地オークションはこれまた別の興奮があります。出品者の顔が見えるのも新鮮で面白かったです。

■企画概要
京都学生アートオークション(第2回)
主催/財団法人大学コンソーシアム京都
企画運営/京都学生アートオークションワーキンググループ
開催場所/キャンパスプラザ京都
日時/2008年2月12日〜16日 プレビュー
   2008年2月17日(日)15:00〜 オークション
京都学生オークションは、京都の芸術系大学に通う学生が「作家」になるためのキャリア教育を目的として開催するものです。
posted by 奥田圭太 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。