2008年02月10日

KUNNA JAPAN設立

私奥田圭太は、デニムブランド「KUNNA(クンナ)」の日本国内販売を目的として、株式会社スティーリー・アイド・ジャパンを個人出資・新規設立し、取締役に就任いたしました。

会社名  株式会社スティーリー・アイド・ジャパン(通称KUNNA JAPAN)
      Steely-eyed JAPAN,Inc.
事業目的 日本における小売店舗の開発・経営
      商品の企画、輸入および販売 等
資本金  1200万円(個人3人の共同出資)
代表取締役 小林哲夫
本店所在地 東京都千代田区
設立日  2008年1月21日
営業開始 2008年2月1日

当面はデニムブランド「KUNNA」の日本総代理店として、KUNNAの日本での販売推進を全面的に進めてまいります。デニムに関心のある個人の方、小売店を経営されている方々、お気軽に私までお問い合わせくださいませ。

これをもちまして、私もようやくKUNNAに本格参入することができました。問い合わせ対応、小売店舗開発、実際の販売まで、私が仲介することなく直接業務が行えるようになったのは、おもしろさが増したことになります。

なお、これに伴い、バリュークリエイトの京都オフィスにも各種サイズ・デザインを揃えて、展示いたします。その場で試着していただくことも可能です。ご要望に応じて各種対応もさせていただきます。お気軽にお越しくださいませ。

各種お問い合わせは

株式会社バリュークリエイト京都オフィス(KUNNA JAPAN 京都機能)
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地 オフィスワン四条烏丸8F
TEL 075−344−2544
株式会社スティーリー・アイド・ジャパン(KUNNA JAPAN本店)
東京都千代田区神田神保町三丁目5番地 住友不動産九段下ビル7F
メールアドレス
info@vcreate.jp

お気軽のお問い合わせくださいませ。できるかぎりお会いして対応させていただきます。
posted by 奥田圭太 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

For Tomorrow MAYA MAXX展

とんでもない混雑に驚かされる。ご本人が来館されていて、トークショー&サイン会があったのが原因の一つだとは思うのですが、終了後もますます人が増えていったことを考えるとそれだけ人気があるということなのでしょう。

MAYA MAXXという女性が描く世界というのは、可愛らしい絵という勝手な先入観があったのですが、今日はその印象がガラッと変わりました。絵に関しては、描くというよりも、その場の雰囲気を色彩で表現する、心象画のような風景画のような不思議なものでした。もう一つ驚いたのが文字です。文字もそれと同じように使われていること、メッセージ性をストレートに描いてしまっていることです。色彩と文字、垂れ流れる絵の具・・・それらが一つの雰囲気になる印象です。

個人的には一部屋の壁全面に大量の作品が所狭しと展示されていたものが印象に残りました。そこは戦争と平和の混沌でした。人間そのものの風景だったように思います。子供がどんどん生まれる可愛らしいもこもこした絵から黒と赤が咲き乱れる紛争の絵まで、可愛らしさと奥深い乱雑さが無秩序に並んでいました。

人気に驚き、作風に驚き、混沌に驚いた個展でした。

■個展概要
For Tomorrow MAYA MAXX展
会場/何必館京都現代美術館
日時/2008年1月10日〜2008年2月24日
料金/1,000円
マスメディアでの活躍により広く周知され、美術界で得意な位置を占めている現代美術家MAYA MAXX(マヤマックス、1961〜)の活動は。若い世代を中心に人気を誇っています。本展覧会では「For Tomorrow(明日に向かって)」という思いをこめて京都で描いた新作150点を展示いたします。
posted by 奥田圭太 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。