2008年02月08日

成長三段論法

題名の強引さもさることながら、少し思い切った基本法を論じてみようと思います。

自分というものの度量を増やしていくにはどうすればいいか、誰もが試行錯誤していることと思います。断言できることは突然変異はなく、全ては蓄積されていくものです。仮に突然変異とおもわれるようなものがあったとしても、蓄積が突然顔を出した必然なのです。そしてその蓄積の先にもう一つあるのです。

STEP1:与えられたものをきっちりと返す
まずは受動的筋トレです。何が一番成長につながるかわからないのですからまずは与えてくれる人を信じて筋トレです。大切なことは価値があるかを簡単に決め付けてしまわないことです。一見無駄に思えることも、退屈なこともだいぶ先になって大きな効果を生むことがあります。これが突然変異と思われがちなものです。

STEP2:奪ったものをきっちり返す
ここは伸ばしていきたいと効果的に思えるものが出てきたとします。そのときはそのことに関して奪い、自分に負荷をかけていくのです。すなわち能動的筋トレへの移行です。勘違いしてはいけないのは、これが受動的筋トレをやめていいということではないということです。受動的筋トレの上に能動的筋トレが付加されるから効果があるのです。

STEP3:上を使う
ついにその先です。自分だけでできることは限界があります。自分で二役を演じることはできません。必ず一緒になって取り組んでくれる必要があります。それが相乗効果で結果と成長につながるのです。自分よりも目上の人をどんどん使うのです。それにより自分ができること以上のことを経験していくのです。その自分ひとりでは接することのできない機会(自分の枠を超えた機会)を捉えていけるかが、大きな差を生んでいくのです。

基本は筋トレです。基本の反復です。基本なくして突然変異はありません。基本があるからこそ、個性を発揮していき、更にその枠を飛び越えた世界を創出していくのです。
posted by 奥田圭太 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第16回「びびこむ」終了のお知らせ

第16回「びびこむ」も無事終了しました。

今回のテーマは・・・『スーツ、ちゃんと着てますか??』でした。

初の学生正式登壇。今までも学生さんが前で話すことはよくあったのですが、今回はゲストスピーカー、先生役です。前回突然決まった企画に1ヶ月間よく勉強して挑んでくれた綿谷先生に拍手です。

suit01.JPG  suit02.JPG

テーマに合わせて参加者がみんなスーツです。初めての光景です。ディテールを一つ一つ見比べながら、そこにはそんな意味や由来があったのか、こんな種類があるのか、などを発見していっています。知らないことのほうが多かったので面白かったです。何人かが「明日スーツ買いに行きたいな」なんて発言していたのも面白かったです。

最後に、これに関して参加学生さんから告知もありました。
大学生が間違えたスーツ選びをしないためのサイトです。是非一度ご覧ください。
http://www.spt21.com/

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。