2008年02月04日

JOBかCOMPANYか、それとも第三の・・・

就職活動・転職活動で最後の決断をするとき人が拠り所にするものに「Job」という考え方と「Company」という考え方(厳密にはもう一つ「Vocation」という考え方がありますが日本ではあまり一般的ではないようなので省略)があります。

Job:そこで一体どんな仕事をさせてもらえるのか。明確な仕事・業務・作業のイメージができ、その仕事を請け負うために就職する。
Company:どんな会社で仕事をするのか。実際の業務よりも、社風や一緒に働く人、会社の考え方などに共感して就社する。

一般的に理系や専門職を目指す人がまずJobから入り、文系や総合職を目指す人がまずCompanyから入ると言われています。どちらも大切なことなのでバランスと考える人も多いと思いますが、もっと重要なことは、この二つの考え方の拠り所が大きく違うということ、そして最終決断はどちらかに拠り所を求めるということを理解しておくことです。違いを意識せずに混同してしまっていてはいつまでも軸が見つからず、五里霧中の中で混乱したまま結論を出すことになります。そういう結論は拠り所を持たず、入社後の苦労に立ち向かう初心がないことになります。

JobもCompanyも大切です。しかし、入社後どちらかにギャップが生じたときに拠り所がなければたちまち破綻するのです。Jobであれば社内環境は厳しいがやりたいことをさせてもらっている。Companyであれば仕事は大変だが楽しい雰囲気で乗り越えていこうと思っている。という姿勢があればギャップを埋めていくことができるのです。

私は間違いなく新卒で入社した銀行に対しては「Company」だったのです(詳しくは→コチラ)。銀行だからではなく、そこだから入社したのであって、銀行業務への関心は重要ではなかったのです。そのことが私の銀行員生活を豊かなものにしてくれた根底です。

今、あなたが就職活動・転職活動において企業を見る目はどちらですか?

どちらから見るかで就職活動・転職活動のやり方は大きく変わります。そもそも入り口が違うのですから、探していく過程ももちろん変わるでしょう。視野角が大きく違うのです。

仕事は生活の一部です(これまた詳しくは→コチラ)。だからこそ仕事にも生きがいを感じて欲しいと思います。そしてその仕事に生きがいを第一義的にもたらすものはJobという考え方の支えやCompanyという考え方の支えであったりするのです。
posted by 奥田圭太 at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末過ごすほんのうた展

土曜日午後から、金曜日一日がかりでY君と仕上げてフォームを基にチャレンジスタッフ1号と彼の企画を一つの形に仕上げ、日曜日は午前中を使って書きものに再度取り組みました。やはり、頭の中で紙に落ちるものがリンクせず、ドキュメント能力の低さを痛感しています。だれか、頭の中を文字や絵にするのを手伝ってくれないかと本気で思ったりしています。

さて、文字や絵ということで、大垣書店烏丸三条店にて「ほんのうた展」を偶然訪れました。

「ほんのうた展」
開催期間 1/31(木)〜2/11(月・祝)
開催場所 大垣書店 烏丸三条店
毎年開催されている京都造形大学情報デザイン学科研究室の学生による創作絵本の展示会。本屋の中で読むという企画で、書店の一角に普通の販売本と同じように陳列。訪れた人は自由に手にとって中身を見ることができる。

京都造形大学の学生といえばものすごくアグレッシブなイメージがあります。京都の土地柄もあるのか、そこかしこのギャラリーやカフェ、その他いろいろな施設を利用して作品発表の機会があるようで、ふらりと訪れたところで出くわすことも少なくありません。

今回は30前後の作品が並んでいました。どれも絵本なのですが大きさも違えば形も違い、個性豊かです。絵も様々なものに出会うことができます。話の雰囲気はなんとなく似た印象を受けたので、時代を映しているのかなとも思えます。

ゆっくり読みたいな。そんなときに立ち読みはしんどいな。やっぱり椅子が欲しい。そんな結論が渦巻きながら、可愛らしい絵に微笑み、すこしきつめのメッセージに考えさせられました。
posted by 奥田圭太 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。