2008年02月29日

「It is written there」

素晴らしい出会いに興奮。久々に大きな発見をした気分です。

簡単にまず構成を説明します。入場時に100ページある大きな冊子が全員に渡され、それを舞台上からの指示に従って1枚ずつめくりながら舞台上を見るというものです。冊子には文字が散りばめられていて、それに連動するように舞台上では主に身体表現が繰り広げられます。ダンスであったり、形態模写であったり、時に照明であり、音であり・・・。舞台上にものはなく、ただそれだけの構成です。

ただそれだけです。それなのにとてつもない新鮮な驚嘆に遭遇できます。

冊子をめくるというその単純な行為には大きな意味があります。ひとつは観客全員が一緒の行動を同時にするということです。その瞬間の観客の一体感と一緒に舞台を作っている参加意識という大きな大きな共有意識を生み出すのです。もうひとつは、冊子をめくる間です。次のページは確かにあるのですが、見ることができません。次に何が出てくるのかという期待と不安と、そして次を見るまでのなんとも言えない間が生み出すドキドキ感を生み出すのです。

さらにその冊子には文字しかありません。その言葉から観客はそれぞれ様々なものを想像します。実際に舞台ではその言葉から生み出されたものが表現されています。冊子を介して観客と舞台上の表現者が時に一体化し、時に騙しあい、勝負をするようなものです。あるときは観客が文字に触れるのが先で文字から次に表現者がどう動くか想像し、あるときは表現者が先に動くのが先でその動きから次に書かれている文字を想像する、予測不能のドキドキ感です。

100ページのコミュニケーションがそこに存在します。思わず手に汗握って見入ってしまいます。どこから何がやってくるのかドキドキし、神経が研ぎ澄まされます。

ストーリーはあるのかないのか、全体を通せば極めて感覚的なものでそこに理を求めてしまうのは観る側のわがままなのかもしれません。そこには確かに作り手の体験が存在し、時代と空気が存在しています。しかし、それ以上に今この瞬間に起こるコミュニケーションを自分のストーリーにしてしまうそれ以上にわがままな喜びにもう少し浸っていたいと思います。

■公演概要
京都芸術センター演劇製作事業「演劇計画2007」
『It is written there』
構成・振付・演出/山下残
出演/荒木瑞穂、今貂子 西嶋明子 福留麻里 森下真樹
会場/京都芸術センター講堂
日時/2008年2月29日(金)19:30開演
料金/2,500円
posted by 奥田圭太 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

domino party@ベロニカ

一緒にイベントをやったことがある女子大生サークルdominoが大阪でお洒落で楽しいPartyを開催します。

実はすでにけっこう定番になりつつあるので知っている人も多いかもしれませんが、告知しておきます。気楽に楽しく盛り上がりたい人、Party好きな人、飲んでソファーに座って新しいお友達を作りたい人にはおススメです。

私も前回行ったのですが、けっこう長時間居座ってしまいました。前回一緒に行ったNさん、Y君、また一緒に行きますか??Party好きのW君とか、こういうの一度は経験しておいたほうがいい就職活動中のT君もどう?(私信)私は今回も行くことになりそうなので、お見かけになられた方は一杯おごりますので気軽にお声かけください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関西のお洒落セレブが一同に集結する関西屈指のハイクオリティーParty


3月11日(TUE)
19:00〜22:30
@ベロニカ


企画、制作、演出、運営はお洒落アクティブ、カリスマ女子大生サ-クルの◇◆dοminο◆◇を中心とするセレブメンバ-が実施

ファッションshow
ダンスshow
ミスコン企画など
出演者、参加者のクオリティ-は一級品!!!

詳しくは携帯HPをご覧下さい♪
http://90.xmbs.jp/domino/

┏━━━【♂MEN】━━━┓
┃         ┃
┃   当日 ¥10000   ┃
┃  前売り・QR¥8000  ┃
┃学生¥5000(前売り・QRのみ)┃
┃           ┃
┗━━━━━━━━━━━┛

┏━━━【♀LADY】━━━┓
┃           ┃
┃   当日 ¥3000   ┃
┃  前売り・QR¥2000  ┃
┃学生¥1000(前売り・QRのみ)┃
┃           ┃
┗━━━━━━━━━━━┛

※学生の方は当日
学生証の提示をよろしくお願いします

・Wellcomeシャンパン、高級ビュッフェ、1ドリンク
女性の方のみ抽選でブランド品プレゼント
(追加ドリンクはキャッシュオン)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by 奥田圭太 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

京大で講演することになりました

京大で講演をすることになりました。何故だか(笑)
テーマは工学系ですが、就職に関心のある学生さんならどんな学部、どんな大学でも問いません。ご興味のある方は聞きに来てみて下さい。私はかなりゆる〜い感じでお話させていただく予定です。

企画名「京都大学新聞社が贈る 工学研究者のための キャリア・サポート講座」

 京都大学新聞社はこのたび、「工学研究者のためのキャリア・サポート講座」と称した就職セミナーを、企業と共催することになりました。3月3日(月)・3月12日(水)の両日、同内容を行います。
 本講座は、京都大学(吉田キャンパス・桂キャンパス)で開催しますが、京都大学の工学部生・工学研究科生に加え、他大学の工学部系学生も自由に参加できます。
お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
「工学研究者のためのキャリア・サポート講座」では、どんなご利益がありますか?
――――――――――――――――――――――――――――――
 企業の期待する工学研究者とは? そして企業での工学研究者の成長モデルを俯瞰的に紹介いたします。そのことで、工学部生及び工学研究科生のこれからの研究開
発人生に「豊かさ」を与え、「彩り」を添えることでしょう。

 さらに、工学研究者の採用面接に深くタッチしてきた人事担当者が、学生向けに「技術面接 突破のコツ」を心理学の研究成果を交えながらレクチャーします。
 面接でのポイントを、模擬面接を実演してレクチャーするだけでなく、採用担当者がもちいている「面接質問マニュアル」と「評定シート」を紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――
セミナーの概要。開催日程・場所は?
――――――――――――――――――――――――――――――

★ 日時と場所

3月 3日(月)13:30〜16:30
  京都大学吉田キャンパス本部構内 文学部新館(2階)第4講義室
  京都市左京区吉田本町 http://www.kyoto-u.ac.jp/access/kmap/map6r_y.htm

3月12日(水)13:30〜16:30
  京都大学桂キャンパス 京都大学ローム記念館(3階)セミナー室
  京都市西京区京都大学桂 http://www.kyoto-u.ac.jp/top2/documents/18_map.htm

★ 内容(両日とも同じです。いずれか一方にご参加ねがいます。

1. 挨拶 国立大学法人 京都大学
      キャリアサポートセンター長  鱸(すずき) 淳一 氏(鱸氏は、吉田キャンパスのみ)
                    
2.「企業内研究開発のジョブと、その中での技術者の育成」
      積水エンジニアリング株式会社 児玉 仁氏(東北大・工卒) 

3.「学生と企業人の交流の場づくり」 事例の紹介
      株式会社バリュークリエイト  奥田 圭太 氏(京大・法卒)
 
4.「工学研究者(学生)は、採用面接でどこを見られているか」
      積水エンジニアリング株式会社 採用担当者

★ 参加費 無料

――――――――――――――――――――――――――――――
対象は ?
――――――――――――――――――――――――――――――
いま就職活動中の学生、及び将来就職活動をする学生

  ◎ 京都大学工学部の2回生・3回生・4回生

  ◎ 京都大学工学研究科 1回生 
     (以上、学科など不問)

  ◎ 関西の他大学工学部系の2回生・3回生・4回生
     (以上、機械・電気系学生に限る)
  ◎ 関西の他大学工学系大学院1回生
      (以上、機械・電気系学生に限る)

――――――――――――――――――――――――――――――
お申し込み方法
――――――――――――――――――――――――――――――

以下のいずれかの方法で、お申し込みください。

 ◎ 京都大学新聞へメールで一報
   →お名前、在籍大学、学年をkup@ops.dti.ne.jpまで
  
 ◎ 「マイナビ」内からエントリー
   →積水エンジニアリング株式会社から告知のハイブリッドDMを送付しています。

――――――――――――――――――――――――――――――
講座の参加は選考に関係あるの?
――――――――――――――――――――――――――――――
キャリア・サポート講座は、選考とは関係ありません。しかし、ご参加頂いた方には、選考試験のご案内を、優先的にさせて頂きます。

  
――――――――――――――――――――――――――――――
その他
――――――――――――――――――――――――――――――
  
 ◎ 定員 2ケ所 それぞれ40名程度

 ◎ 申し込み数が、定員数を超えた場合は、申し込み先着者を優先させていただきます。
 
 ◎ 問い合わせ 京都大学新聞社(担当・中川)まで照会ください。
   TEL:075-761-2054
   FAX:075-761-6095
   E-Mail:kup@ops.dti.ne.jp

――――――――――――――――――――――――――――――
メッセージ 採用担当者から
――――――――――――――――――――――――――――――

 3月のこのころの工学部生は、会社訪問をして面接を受審しているている時期です。ところが、面接選考で「縁がありません」という知らせをもらい、突然、志望動機
や生き方そのものに悩むのも、ちょうどこのころです。とくに、これまで「壁」にぶつかった経験が少ないエリート工学部生が、たまたまの1回の面接での失敗で、自信をなくしてしまう例も少なくありません。

 でも、数回の面接で何がわかるのでしょうか? そもそも工学研究者(エンジニア)を志望することは社会へのどんな貢献を果たすのでしょうか?
 積水エンジニアリング株式会社は、自社の従業員はもちろん、お取引先・志望される学生の方、大学の研究者(エンジニア)みなの成長を願って(WIN
−WINで)仕事を進めています。上記の問いに対し、すこしでも解決のお手伝いをできればと、学生団体と本講座を共催することになりました。

 それでは、「工学研究者のためのキャリア・サポート講座」で、お会いできることを楽しみにしております。

posted by 奥田圭太 at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

内容はありません。ストーリーに関して予想が大きく外れた映画の一つ。主役はダスティン・ホフマンだと思います。

まずは勘違い(予想はずれ)を説明しておきます。この映画はナタリー・ポートマン演じる主人公が魔法を信じていなかった中で強引にお店を継ぐこととなってしまい、悪戦苦闘する中で「魔法」とは何か(見る力・信じる力)を見つけ出すものだと思っていました。ところが実際にはスタートから主人公は魔法を信じていて、お店を継ぐこちになるのも最後の最後。さあこれから思っていたとこだっていうところで終わってしまいました。そういう意味では内容はほとんどなく、わくわくドキドキするストーリー回しではありません。

とはいえ、映像と音は単純にカラフルで楽しく、ダスティン・ホフマン演じるマゴリアムおじさんはほのぼの温かな気持ちにさせてくれます。世の中にはたくさんの音が溢れている。それは実際に聞こえるものも、自分にだけ聴こえるものもあるのかもしれません。それをNOISEと思うのかMUSICと思うのか、それは自分次第なのでしょう。そんなことをふと思う、絵本のような映像と音でした。


■作品概要
題名/「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(原題:Mr.Magorium's Wonder Emporium)」
2007年/アメリカ/角川映画
監督/ザック・ヘルム
出演/ダスティン・ホフマン ナタリー・ポートマン ジェイソン・ベイトマン
   ザック・ミルズ テッド・ラドジグ
会場/TOHOシネマズ二条
都会の一角にある、マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋。おもちゃたちが魔法で動き回り、子どもたちに大人気だ。しかしマゴリアムおじさんは引退を宣言。支配人のモリーに店を継いでほしいと言い出し、資産価値の計算のために経理士のヘンリーを雇う。自信のないモリーは必死におじさんを引き止めるが、聞き入れてもらえない。そんな中、オーナー変更や魔法を信じないヘンリーに、おもちゃたちが怒り出し…。
posted by 奥田圭太 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

門戸を開放したら一気に降ってきた

3月から今までと違う事業モデルを検討しています。その流れの中で「紹介制」を基本としていたバリュークリエイトの門戸を開放しました。クライアントに対してどっぷりやるために外部からの接触を受けたとしても、取引を遮ってきたのですが、様々な人段落の中で門戸を開放したのです。

驚くことに、一気に未知の領域の話が降ってきました。少し可能性を広げるだけでこんなにも広がるのかと驚きが止まりません。

公共機関から外資に中小企業と話が一気に振ってきています。どれにどの程度関わらせていただこうかと嬉しい悲鳴になっております。これまでの積み重ねが評価されているのが何よりの喜びです。

今期はある種の呪縛を解いて、別の世界を広げる大きな機会がいただけそうです。降ってくるものをビジネスにできるのかどうか、それを試されているように感じます。

観劇でも言ったのですが、今年は仕事に関しても「数打ちゃ当たる」で行こうと思います。クライアントの落ち着きとともに、新しい世界へ可能性を探りに行きたいのです。まだまだ先は見えませんが、驚くほどに降ってきているものを、ひとつ、ひとつ、ひとつ、形にしていくだけです。久々に可能性を信じて走れそうです。
posted by 奥田圭太 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

量から質を求めるという方法

ただの呟き。観劇の方針転換。

ここ数年は平均単価の高いものを中心に観劇してきました。それはある程度時間が読めない(平日と休日という明確な区別がない)仕事になってしまってそもそも舞台を観に行くという回数が制限されたため、どうしても「はずしたくない」という消極的理由が勝っていたからです。冒険的なこと・衝動的なことは抑えられ、無難なものを選択していました。結果として、実績のあるものにすがることとなり、平均単価が上ることになっていたのです。

確かにはずれの率は低かったと思います。かといってまとまりすぎていて衝撃が少なかったのも事実です。何かが足りないという欲求がじわじわと膨れ上がってきました。

今年は予備知識なしのもの、衝動的なものを増やしたいと思っています。足りない何かが見つかるまで「数打ちゃ当たる」で走りたいと思います。量が質を産むということもあるはずです。そのために意図的に時間を作るように仕掛けていくつもりです。消極的理由ではなく、積極的理由でその何かを掴み取ろうと思っているのです。

学生劇団や見たことのない若手小劇場、なんとなく気になるプロデュース公演、企画公演、今までスルーしてきた分野、いろいろなものに手を出していきます。手当たり次第です。これでチラシを見るのも楽しくなることでしょう。

そんなわけで、一緒に行ってくれる人募集中(笑)映画は一人で行くことが多いのですが、観劇は必ず誰かと行っているのです。観劇も一人で行ってみるのも手でしょうか・・・。
posted by 奥田圭太 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KUNNA総集編〜売るしかないっしょ!?〜

デニムブランド「KUNNA」を知って1年半以上が経ちました。その間にLAまで行って2006年11月「KUNNA訪問」に至り、さらには日本で販売網を広げようと同志たちと販売SHOP開拓を行い、2007年4月「KUNNA HP(日本版)OPEN!!」となりました。

そして、今年2008年1月には私も個人出資する形で「KUNNA JAPAN設立」取締役就任となり、2月より営業を開始いたしました。2月15日にはバリュークリエイト京都オフィスでも「KUNNA展示開始」とし、誰でも試着していただける環境を整えました。

おかげさまで展示開始早々から、そのためだけに訪問してくださる人もおられ、試着希望者が続出しております。「はけばわかる!」のコンセプト通り、お越しいただいた方々にはとにかく納得するまで試着していただいております。

そして10日が経ったのですが、あっという間に5本の注文が確定しております。私経由で購入できる環境を待っておられた方もおられたようで、ある程度はSHOPにわざわざ行き直していただかなくても、私経由でも販売をすることにしました。価格は30,000円前後ですが、試着すればその場で買いたくなる、それは至極当然のことだと思うからです。

当面の京都オフィスでの扱いは、試着専用です。ただし、購入希望者に対してはその場で型番とサイズを特定していただき、後日お届けもしくは京都オフィスに取りに来ていただくように、東京や名古屋の在庫を確認させていただきます。これについてはあくまで友人限定になってしまいますが・・・。それ以外の方にも小売店をご紹介いたします。

デニム好きの方、セレクトショップ等をされているかは是非一度ご試着にお越しください。「はけばわかる!!」がKUNNA(クンナ)の最大の魅力です。「MADE IN JAPAN」をはきましょう。Chemicalをほとんど使用しない加工の素晴らしさを感じましょう。とにかく、はけばわかる!!

<問い合わせ先>
株式会社バリュークリエイト京都オフィス(KUNNA JAPAN 京都機能)
京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地 オフィスワン四条烏丸8F
TEL 075−344−2544
info@vcreate.jp
posted by 奥田圭太 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

MONO第35回公演「なるべく派手な服を着る」

地味、だけど、いつも通りMONOを感じる作品。今回は客演陣もMONOとして、全ての登場人物が平等に個性をはっきりと持っていました。セットも継ぎ接ぎの関係を表すかのように、入り組んでしっかりと組まれていたのが印象的。

土田戯曲といえば、コミュニティの変化の中で起きる人物と関係性の変化を笑いと恐怖の中間で描く機微が面白い、と私は勝手に思っています。今回はそこに「血縁」というどうしようもない関係性が加えられていることに土田さんのチャレンジと新鮮さを感じました。

とはいえ、結局のところは、前半は出来上がったコミュニティの中で笑いを中心に描かれ、中盤の(今回はやや強引ではあったものの)大きなどんでん返し的転機でコミュニティの関係性が崩壊・再構築されていくいつものMONOです。

客演陣を迎えたことにより登場人物が増えていつも以上にキャラクターがデフォルメされていて楽しめました。久々の女性登場も幅を感じさせました。その分笑えるのかと思えば、どちらかというと間が丁寧に演出されていたためか、上記の「血縁」というどうしようもないもののためか、むしろ窮屈さと切なさ、ほろ苦さが残りました。

わかってはいても、最後まで蚊帳の外だった五男に集約されていくラストは一つのカラルシスかもしれません。兄弟という血縁、そして同じ時間を過ごしたという「兄弟」と呼ばれる関係、それをただ見つめてきたいつもそこにあった温かい目。

■公演概要
MONO第35回公演「なるべく派手な服を着る」
作・演出/土田英生
出演/水沼健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生
    亀井妙子 本多力 松田暢子 山本麻貴
会場/HEP HALL
日時/2008年2月24日(日)15:00開演
料金/3,500円
posted by 奥田圭太 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

作った受け皿の責任

最近はメールアドレスを公開しているものが多いようです。かくいう私も右サイドバーのプロフィール欄に公開しています。ですが、公開に責任を持っていないものが中にはあるように感じます。

企業HPや番組HPや情報サイト、あらゆるものにお問い合わせフォームがあり、メールの簡易性のおかげで連絡を取るのが容易になりました。出し手にとっても受け手にとっても敷居が下り、情報の交換は活発になります。その点において、メールアドレスの公開やお問い合わせフォームは価値が高いものです。

ただし、これらは全て出し手と受け手の姿勢に拠っています。出し手がスパム等無関係なものを送ることはもってのほかですし、受け手が公開しているだけで受ける気がないとすれば大問題です。つまり、公開がパフォーマンスであってはいけないのです。

さて、大枠で話をしてきましたが、私が言いたかったことは、公開するのであれば公開した人間は責任を持つべきだということです。自身がアドレスを公開しているのであれば自身の手によって返信をするべきである、ということです。もちろん出し手の姿勢に問題があるものは別ですが、少なくとも出し手が善意の意図を持っていたものに対して自身の手で対応すべきだということです。

社長がアドレスを公開しているケースも増えてきました。なのに返信は部下から。著名人がアドレスを公開しているケースも増えました。なのに返信は事務所から。だったら、最初からinfoや事務所のアドレスでいいではないですか。ましてやスルーされた日にゃあ・・・。

作った受け皿がパフォーマンスであったとき、それは悪意の産物であり、多くの人に悪意を伝えてしまっているのです。善意の関係に責任が持てないのであればやらないほうがいいのです。
posted by 奥田圭太 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

雑な仕事を取り戻す

仕事が雑になってきたとします。それに気づいた人は取り戻すべく丁寧に取り組もうとしますが、これは大きな勘違いに陥りやすい現象です。

仕事が雑になってきたのは、多くの場合、仕事を雑に扱うようになってしまったのではなく、雑な仕事に手を出すようになったのです。雑な仕事を丁寧に取り組んだところで雑な仕事が丁寧に収まりはしないのです。

つまり、仕事が雑になってきたのは、するべき仕事を見失っているのです。目的の喪失です。目的を見失ってるが故にするべき仕事が見当たらず、乱雑に物事に取り組み、取捨選択が目的に正しくできないのです。結果として、乱雑であれ物事に取り組むということが目的化してしまうのです。完全なる目的と手段の逆転です。

その点において仕事が雑になってきたのは、とてもありがたいアラームです。そして、それに気づいた人が勘違いに陥らないために採るべき手段は「停止」です。雑な仕事を停止し、目的・目標を再確認・再設定するのです。

意義ある停止は大切な一歩なのです。雑な仕事で別な方向に進んでしまっているのであれば、停止して元の地点に戻ることは目的からの距離において大きく近づく大切な大切な一歩なのです。

仕事が雑になったり、失敗をしたり、目的から遠ざかりそうな気配を感じたとき、もう一度元の地点に戻って目的を見据え、どうやって取り戻すのか考えることが大切です。そのまま流れながら軌道修正していてはフラフラしているだけでどんどん遠回りしてしまい、いつの間にかいろいろなものが見えなくなるのです。

仕事が雑になることはいいことではありません。ですが、雑なことに気づけば取り戻せばいいのです。
posted by 奥田圭太 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。