2008年01月23日

イラストレーターとVCのこだわりと

最近はソフトが苦手な私もいろんな学生さんの影響ややむにやまれずの事情もあったりして、様々なPCソフト(アプリケーションソフトウェア)をいじっています。中でも最近の相棒はイラストレーターCSです。

今日はそれを使って今後の事業展開も含めて、バリュークリエイトのロゴをイラレを使って七変化させてみました。かなり短絡的な私の発想にチャレンジスタッフ1号も同意してくれて、急いでロゴデザインをしてくれた方に連絡。「それはおもしろい」と承諾を得て、ロゴの七変化スタートです。色を変えたり文字を変えたりの単純なことながらなかなか豊かなバリエーションです。

まずは原版であるバリュークリエイトの会社ロゴです。
VC-バリュークリエイト.jpg
設立時からお世話になっているありがたいバリュークリエイトの象徴である「VC」マークです。

そして、ここからがバリュークリエイトがVCにこだわったサービス展開です。まずはご存知、京都発勉強会として始まった関西での勉強会&交流会コミュニティ「びびこむ」です。
VC-びびこむ.jpg
これは奥田個人を含め有志3人で立ち上げて個人で運用しているものなのですが、Vivid Communication(ビビッド・コミュニケーション)の略なのです。略して「びびこむ」であり「VC」なのです。

そしてここからは現在作ってみているだけなので、いずれのお楽しみということで。

Vivid College(ビビッド・カレッジ)で略して「びびかれ」であり「VC」とVivid Career(ビビッド・キャリア)で略して「びびきゃり」であり「VC」です。
VC-びびかれ.jpg  VC-びびきゃり.jpg  
こうやってVCにはどんな意味があるのか、それを考える中で様々な理念を体現するものに具現化していきたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々に教壇に立つ日も・・・

2月7日開催の第16回「びびこむ」なのですが正式申込が15名を超え、予定人数まであとわずかです。場合によっては人数制限で申込を締め切ることになるかもしれませんので、お申込みはお早めにお願いいたします。詳細は→コチラ

そんな「びびこむ」ですが、早くも17回のことを計画しています。実はずっとやろうと思って、ある学生さんが折衝中の企画があるのですが(Tちゃん頑張れ!!)それの日程が合わない場合は別企画が必要になります。

なんとなく、私も久々に前に立ってやりたいなあとも思っております。昨年10月以来全くアウトプットの機会がなかったので久々にやりたい気分なのです。

企画案は、金融用語を一切使わずに「赤字経営と黒字倒産はどうして成立するのか」をやった第2弾として、就職活動生の業界研究や社会人の一般教養で人気の「決算書からわかること」をこれまた金融用語を使わずに決算書がなんとなく読めるようになっちゃう、ってのをやりたいなと思っているのが一つ。もう一つが、結構質問されることも多いので時事ネタですが「サブプライムローンについて」をあーだこーどといろいろ話してみたり、あんだけ損失が出てなんで金融機関は潰れないんだ??てなことをやってみたいと思っています。

偶然にしてこのタイミングで海外投資に関して講師OKの人も現れていますので、このへんをひとつにして共同企画にしてしまうのも面白いかとも思っています。

あとは、就職活動性の人からニーズが高い「起業・就職」です。実は第1回のテーマだったのですが、人気があるので毎年やっています。起業家・大企業勤務・中小業勤務・ベンチャー勤務の社会人と各々を希望する社会人・学生のディスカッションで、イメージと実態のギャップを埋める企画です。

まだまだ未定なので、皆様のご希望があれば気軽にコメントやメールをいただけると嬉しいです。もちろん、「オレがこれやったる!!」も大歓迎です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。