2008年01月13日

「ジェシー・ジェームズの暗殺」

一度ではわからないが味わい深い作品。実話の知識や時代背景を知らない私には理屈ではそこまで理解できませんでした。ですが、それでも何か納得してしまうような圧倒的な感覚的説得力がそこにあったのです。

映画は160分と長いのですが、それでも実話が背景であり一般教養であるとされているのかかなり説明部分が省略されています。おそらく長くなったのは主要登場人物二人以外にも光を当てようとしたことが裏目に出ているように思います。そんなやや苦しい160分なのですが、登場人物二人の狂気だけで、その演技だけで、その感覚だけで最後まで観られてしまいます。

この映画はジェシーとボブ(ロバート)の二人に全て集約されます。ジェシーは、祀り上げられた強靭な英雄と逃亡生活で心身をすり減らした猜疑心の塊である狂人の狭間で揺れ動きます。ボブは、英雄への長年の執着と夢にまで見た英雄との共同生活で生まれた愛情と理想像と現実増のギャップから生まれる憎悪と・・・純粋で単純で臆病な若者の中で様々なものが暴れ続けます。二人は重なっては対極に行き、対極に行っては重なるという理不尽を繰り返します。理屈だけで考えればどちらも崩壊していて人物像が揺れ動きすぎ、矛盾にしか思えなくなります。ですが、その矛盾を許してしまう説得力、人間の本質が二人の動き、表情にはあります。

ジェシーは死を願っていたのか、ボブは英雄になれると本当に思っていたのか、それはただのあの一瞬のように思えます。その一瞬があったから起こった。両者の狂気の部分がその瞬間だけひとつになった。そこにボブがジェシーを殺すという事実だけが転がった。そしてそれまでのジェシーが犯した強盗や殺人の事実とこの事実も・・・、全ての事実は大衆の勝手な解釈によって二人が求めていたものとは全く違うものになっていく、そのやるせなさが生んだ二人の翻弄された物語だったのかもしれません。

今でも理屈ではよくわかりません。スカッとすることができません。ですが、妙な説得力を持って私は感覚的に納得してしまっているのです。

■作品概要
題名/「ジェシー・ジェームズの暗殺(原題:THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD)」
2007年/アメリカ/ワーナー・ブラザーズ
監督/アンドリュー・ドミニク
出演/ブラッド・ピット ケイシー・アフレック サム・シェパード
    メアリー=ルイーズ・パーカー ポール・シュナイダー ジェレミー・レナー
会場/MOVIX京都
南北戦争にゲリラとして参加し、その後は犯罪集団となったジェシーとその兄フランクが率いるジェームズ一味。彼らが新たに企てた列車強盗計画に、ひとりの若者ロバートが加わった。彼は新聞や本でジェシー一味の活躍を知り、ジェシーに心酔していたのだ。列車強盗を行なった後、一味は分散して身を潜めることに。ロバートはジェシーに側に残るように言われ有頂天になるが……。
posted by 奥田圭太 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

お気に入りの手帳

新年の挨拶回りの中で今年もお気に入りの手帳をいただきました。実は去年にも書いています(→コチラ)が、かなりのお気に入りで、ある会社さんのノベルティなのですが毎年使っています。せっかくなので今年は画像入りでしっかりご紹介したいと思います。

DSCF0933.JPG DSCF0934.JPG DSCF0936.JPG

画像一つ目。スーツの内ポケットにぴったりの大きさ。厚過ぎず薄すぎずで絶妙です。装飾もなく、企業色は全くありません。

画像二つ目。中には年次・月次・週次があります。中でも画像の週次がおススメ。時間にも分かれていて予定の書き込みはもちろんできますが、何よりもおススメなのが右側のメモスペース。ヒアリング内容を書き留めるも良し、TO DOリストにして使うも良しです。

そして極めつけの画像三つ目。ページには簡単にちぎれる耳がついています。終わったページはこれをちぎります。そうするとそこに引っ掛かりができるのですぐに最新(今日)のページが開けるのです。探さなくていいのです。

スケジュール以外にもメモページが豊富に用意されています。情報欄も充実していて、路線図(東京・京都・大阪・神戸・名古屋・札幌・仙台・横浜・福岡)がばっちりで出張時には重宝します。年齢早見表・度量衡換算表に世界の時差・印紙税額表まで付いています。

DSCF0932.JPG

私が上記のように絶賛していると今回は特別に5冊もいただいてしまいました。せっかくなので京都オフィスに来る人たちにプレゼントしたいと思います。一つは私のものになりますので残りは4つです。欲しい人は早めに私に申告してください。
posted by 奥田圭太 at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

作業完遂

昨日から静寂の中やり続けていた作業(→コチラ)が私の作業分についてつい先ほど完了しました。思ったよりも早くゴールを迎えられてホッとしています。なんとか本日夜の約束にも間に合いそうです。

同じ作業をひたすらするというのはだんだん体が覚えてきてどんどん早くなったりするので最後は非常に効率的になります。そう考えると最後の集中力と爽快感はなかなかのものでした。

一方で同じ作業をひたすらするというのは同じ体勢を繰り返すということになりますので、想像以上に身体に負担がかかります。作業中は集中していて気づかないのですが、終わってからドカッと来ます。今の私でいうと軽い頭痛と背中のコリです。遠くを見たり、背筋を伸ばしたりして本日夜の約束に備えようと思っています。

年始にしてはハードな作業でしたが、これは自分と周りへのプレッシャーだと思っていち早く片付けました。あとはこれを基にチャレンジスタッフ1号と最近手伝ってくれているY君に任せるだけです。

年末に整理して作業的に済ましてしまいたかったもの、チャレンジスタッフ1号と羅列した項目、ひとつひとつ確実に墨で消されていっています。再来週くらいにはスカッといろいろリリースしたいと思っています。
posted by 奥田圭太 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

静寂

今、オフィスは恐ろしいほどの静寂に包まれています。いつものように音楽はかかっていますが、オフィスにいる3人は一言も口を交わさず、黙々と個々人の作業に没頭しています。声を出すのも憚れるくらいで、事実そのうちの一人は携帯電話がかかってきたにもかかわらず出てもいいのかを確認してしまったくらいです。

私もただいま作業の途中です。なかなかゴールが見えない作業ですが、楽しんでやっています。単純な単純な入力作業ですが、これが完成すればいろいろなことで助かりそうです。それを少し休憩してこれを書いているのですが、バレたら叱られそうなので静かにやっています。

午前中は学生さんの出入りもあって、打ち合わせが行われたり、総勢5名でオフィス内でカレーを食べたり、どちらかというとわいわいがやがやとしていました。しかし、これが午後になって一変します。午前中の打ち合わせもあって、今週中に作業として済ましてしまいたいことが明確になったため、それぞれがそれぞれのことに没頭するだけの状態になったからです。

音楽の音も小さめにして、パソコンのキーボードをたたく音とボールペンを走らせる音だけが鳴り響いています。このオフィスにいて静寂を感じることはほとんどなかったので少し怖いくらいです。

それでは、私も作業に戻りたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

初詣

本日からオフィス通い再開するメンバーが多いことからオフィスから歩いていける距離の神社に散歩も兼ねて初詣に行ってきました。厳密な意味では初詣に相当するのは私だけで、残りの人たちはすでに何度か行っているのですが、「みんなで」ということを大切にしようということで朝一番に決定して先ほど行ってきました。

京都というところの特徴なのか、市内ど真ん中オフィス街ど真ん中にもかかわらず、調べれば有人無人問わず多くの神社仏閣が多数存在します。祭られている神や由緒や伝説など様々な特徴のある隠れた名所もたくさんあるようです。マンションやテナントビルに囲まれたところにひっそりと構える鳥居も少なくありません。私たちが今日行ったところもその一つです。

画像 003.jpg    画像 013.jpg

立派な鳥居(この鳥居がかなり特徴的です)をくぐって目の前すぐに早くもご神前、賽銭箱です。奥には高層マンションの眼前に聳え立つイチョウの樹が悠然とした姿を現していました。早速順に賽銭を置き入れ、願をかけたお参りをして、私だけおみくじを引いてきました。結果は「中吉」「ひとしおの引くはみちくるあしたあり 心しずかにときをまつべし」と今は人のしらぬ胸の苦しみがありますがさわがず信神して時の来るのをまち身をつつしんで行いを正しくすれば必ず幸を得るときが来ます、でございました。

往復・滞在含めて30分程度の散歩でしたが、歩くのは気持ちがいいものです。新年気持ちを切り替えて、正しい行いを続けていきたいと思います。

posted by 奥田圭太 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

私は社長ではない

私のことを「社長」と呼ぶ人はとても少ないです。事務的に必要なときに社長をつける人はいますが私に向かって社長と呼ぶ人は極々稀な存在です。それは私が社長と呼ばないように言っていたり、私自身がまだまだ社長にふさわしくなかったりするからだと思います。

ご存知の方も多いですし、このブログにも書いている(→コチラ)のですが、バリュークリエイトという在り得ない会社の設立登記事務手続きを私がやったのでご褒美として私が代表取締役の肩書きを頂戴しているだけです。ですから広義では社長なのですが、狭義では起業家でもなければ社長でもないのです。あくまでも理念の環境(箱)を作っただけで、それを会社と呼ぶのならば、会社を作ったというだけで起業したわけでも経営しているわけでもないのです。

会社を設立して様々な環境の人と接する中で、個人事業主・起業家・社長・経営者は厳密には全く違うものだという感覚に至っています。起業と起社も区別されるように思います。それらは段階を踏むことは可能ですが、明らかに違うということを分かっていなければならないものです。

では、自分自身はどうなのか。私はその狭義の区別ができていない段階では、まだまだ社長ではないが社長にはなりたい(→コチラ)あるいはならなければならないと思っていました。それが現在の感覚に至ったとき、自分はバリュークリエイトという会社の広義の社長という身分で、狭義にはどういう役割を果たすべきかが大切であると確信しています。そこでは狭義の社長になりたいという結論はありません。

30歳というまもなく迎える節目の意味をそこに置いています。私は社長ではありません。おそらく社長になりたいわけでもありません。私がなりたいものは、バリュークリエイトという理念の環境をHOMEと考える仲間の集まり中で、HOMEをどういった環境に創造・維持するのか、その役割を担う存在だと考えています。それが狭義で考えたときに、個人事業主なのか、起業家なのか、社長なのか、経営者なのか、はたまた別のものなのか、まだ結論は出ていません。

posted by 奥田圭太 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人の評価

近頃は他人の評価に一人喜んでいます。他人の評価というのは、他人様からいただく評価ということではなく、他人に対する評価という意味です。つまり、私が縁深く持っている人たちがいろいろな人からご評価いただけるようになったのを私個人が勝手に喜んでいるということです。

実はここには大きな環境と心境の変化があります。

環境で言うならば周りの人の成長が目覚しいという他人の変化です。「あの子はセンスがいい」とか「あの子は良くなって来ましたね」と言われる人たちがいます。そういう人たちにははっきりとした共通点があります。それは「必死に食らいついている」姿勢です。自分ひとりで勝手に逃げることなく他人と向き合うことを選んでいる人たちであり、できないことをわかった上でできる人に必死に食らいついて自分と戦っている人たちです。だからこそ、ご評価いただけるのであり、私も評価されることを納得でき素直に喜べるのです。

心境というのは他人の評価を素直に喜べるようになった私の変化です。今までは他人が評価されるのをどこかで「負けてなるものか」と闘争心に火をつけていたりした自分がそこにいたのです。まだまだ他人と比べることでしか自分の位置を確かめられなかった自分がそこにいたのです。そこを脱したことは私自身の成長もあったと思います。

一方でそこを脱却したとしても、他人と比べることで自分を評価する、から、別の何かと自分を比べて自分を評価しようとしてきたように思います。それは他人の求める奥田像でした。他人様からいただく評価に応えなければという強迫観念のようなものがありすぎたのです。

昨年は「他人と比する」から「他人の求める自分と比する」となり、少し高めるものの質が変わりました。今年は「他人の求める自分と比する」から「自分の求める自分」を作り上げてそこに比することなく向かうことができるようになりたいと思います。そのために「3」「共有」という私の理念に対する己の理解を深め、それを実現するための箱としての「バリュークリエイト」をどういう箱にすればいいのか、自分はそこにおいてどういう存在を目指せばいいのかを明確にしていきたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

年賀状の中身

昨日、今日と誰もいない京都オフィスでゆっくりと紅茶を飲みながら過ごしています。誰もいない京都オフィスはこんな感じです。

2007010501.JPG    2007010502.JPG

そこでありがたいことにいただいた年賀状をゆったりと眺めて昨年1年の活動を感慨深く見つめなおしています。紅茶と生チョコと年賀状です。優雅です。

今年いただいた年賀状は中身が大きく変わりました。年賀メールも同じです。簡単に言うと、いただく対象が変わったということです。いただいた年賀状を大別すると、法人様からいただく年賀状に比べて個人様からいただく年賀状が極端に増えたのです。

個人様というのはそのほとんどが「起業をしている(目指す)社会人」「キャリア形成中の若手会社員」「何かに燃えている学生」です。京都発の勉強会「びびこむ」や様々な学生活動・イベントを支援していく中で縁を持たせていただいた皆さんです。どの年賀状にもアツい想いが私個人に宛てて一筆(以上)添えられてあります。その想いを拝読しながら豊かな気持ちになっています。

昨年の活動がこの結果に象徴されているように思います。それは、得意であったはずの法人様へのソリューション活動が発揮しきれなかったという反省と、個人個人を大切にして共有・継承をある程度成し遂げることができたという自信です。

今年は反省を踏まえてもっとアグレッシブに法人様のフィールドを駆け回り、アツい想いを伝えてくれた共有・継承すべき個人様ともう一歩踏み込んで新たな価値を一緒に創り上げていきたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

つれないという反省

「つれない」という言葉があります。

(形)[文]ク つれな・し
[一]人の気持ちを思いやろうとしない。思いやりがない。冷淡だ。無情だ。「―・く断る」「―・い仕打ち」「―・い人」
[二](1)そしらぬ顔をしている。よそよそしい。平然としている。
「―・き顔なれど、女の思ふこと、いといみじきことなりけるを/大和 149」(2)思うにまかせない。意のままにならない。「しかも―・く過ぐるよはひか/古今(雑上)」(3)変化を示さない。もとのままだ。「あかあかと日は―・くも秋の風(芭蕉)/奥の細道」「雪の山―・くて年もかへりぬ/枕草子 87」(4)恥知らずだ。あつかましい。「恥ある者は討ち死にし、―・き者は落ちぞゆく/平家 8」〔「連れ無し」で、関係がないさまを表すのが原義。古くは[二](3)のように自然現象に対しても用いられた。平安時代には一の意でも用いられ、次第に対人関係における冷淡さを意味することが多くなった〕[派生] ――げ(形動)――さ(名)
                   (出典:三省堂提供「大辞林 第二版」)

この言葉を教訓としたい。「将として動じない」というのも大切な教訓です。この両立は十分に可能なものです。

何事に取り組むにあたっても、最後まで動じず自分を信じてやりきることはとても大切なことです。それができなければ何事に対しても逃げてしまう癖がついてしまいます。自らの手でやり遂げるというのは物事の根底なのです。

ですが、それは「周りに知らせない」ということは意味しません。自分で計画し自分で実行する、必要な人を使うということはとても大切ですが、状況はきちんと伝えなければ誤解や混乱を生んでしまいます。信頼はほんの5分のことで作られ、壊れます。信頼できる相手への報告は率直かつ単純で済むのでとても容易なことですが、だからこそ手を抜いてしまいがちです。その簡単な5分の省略がずれ始めると大きなことになってしまうのです。単純だからこそ重要なのです。

取り組むべき「物事」に対峙するとき、最終責任を負う者は決して動じてはいけない。一方で取り組むべき「人」に対峙するときは、決して手を抜かず、信頼できる相手にこそいい意味での気を遣い、自分の中にあるものをしっかりと伝えることを惜しんではいけない。

「物事」は結果でしか語れません。しかし、「人」は過程でしか築いていけないものなのです。その両立を理解できたとき、第3の価値がそこに生まれます。
posted by 奥田圭太 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろと充電中

本日は京都オフィスに一人でいて、かなりゆったりとしています。お客様もほとんどがお休みの今日は特にすることがあるわけではありません。どちらかというと心身・身辺周りの整備の時間です。

昨日の半日をかけて大掛かりな作業に励んだために右手の指先が痛いのですが、その作業の内容は本日京都オフィスに来た人にしかわかりませんので、たぶん誰にもわからないことでしょう。くしゃみもやや止まりません。

現在、9時30分。ひたすら充電中です。

文字通り、充電しているのです。機材関連の充電に必要なものを全て持ち込み、携帯電話にパソコン、デジカメにラジコン・・・、思いつくものは全て充電のためにコンセントに突き刺してあります。

私としては年末にやりきれなかった銀行の整理と年末にやりきった1年の振り返りと整理の見直しをじんわりじんわりとやっております。こちらは私自身の充電といっていいでしょう。

今日・明日と京都オフィスで会社関連と個人関連の諸手続きや整備関連を終わらせる計画です。本格稼動に向けて暇にぼけっとしております。京都にお越しの方は是非お立ち寄りください。
posted by 奥田圭太 at 09:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。