2008年01月31日

そこにはただ鉛筆が転がっているだけ

パソコンの利便性を憂う。そんなタイトルでエントリーしようと夕方まで思っていました。

自分の部屋にいるとどうしても勉強に集中できない、という経験はありませんか。それはたくさんの誘惑(遊び道具やその他の趣味グッズ)がそこら中にあって、気軽に過ごしやすい素晴らしい環境が部屋にはあるからで、勉強していてもそれらに目が行くからです。それと同じように、最近のパソコンにはあらゆるものが詰め込まれています。デスクトップを見るだけで、仕事に遊びにちょっと気になることまで散りばめられています。あげくに無線LANなんぞは勝手につながっていつでもネットサーフィンやメールができてしまいます。非常に便利ですが、何をやっていても嫌がおうにも他のものが目に付いてしまうのです。あまりに簡単に別のことに移行できてしまうのです。

とても書きたいことがたまっていました。書きたいという気分でした。それは仕事でも遊び・趣味でもなく、極々私的なことやどうカテゴライズしていいかわからないものでした。思い切ってパソコンに向かったのですが、そこには仕事や遊び・趣味のものが目に付いて、結局そっちが気になって手がつかなかったのです。

利便性の呪縛が全てを中途半端にしたのです。目的別にパソコンを分けるべきだと思いました。それも夕方までのこと。

そこに黒い鉛筆があります。真っ白な紙があります。

いつの間にやら視野が狭まっていました。手段を勝手に決め付けている自分がいたのです。モノを書くのはパソコンである必要はないのです。いつの間にか鉛筆でモノを書かなくなった自分がいただけなのです。自分の手で自分の文字や絵を書かなくなっていただけなのです。

真っ白な紙に向かって、鉛筆を手に握り、静寂の中でカリカリと音を立てて、それだけに没頭したいと思います。書きたいという気分があり、書きたいものがあり、それを自分の文字で書き刻む。その感触をもう一度思い出したいのです。それには格好の機会が今あるのです。
posted by 奥田圭太 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

オフィスグリコ導入

ついさきほど、オフィスグリコが導入されました。

オフィスグリコとは、「100 円均一のお菓子を詰め込んだ専用ボックス(100円以上のものも100円で購入できます)」を、オフィスに常置する無人販売システムで、スタッフさんが定期的に代金の回収とお菓子の補充にやってきます。

詳しくは江崎グリコHPにて
http://www.ezaki-glico.net/officeglico/system.html

そのスタッフの方が飛び込みで来られて、私が話をする前にSたちが対応し、スタッフの方が入室して数秒で設置が決定していました。最速契約記録じゃないでしょうか。

DSCF0967.JPG  DSCF0968.JPG  DSCF0969.JPG

そんなわけで設置されました。お菓子BOXの横にオフィスグリコです。これから毎日が誘惑との戦いです、自制心が試される毎日です。たった今4人がオフィスにいるのですが、全員が必死で戦っています。逃げ帰ろうとしている人もいます。

わずか20個程度のお菓子です。不人気商品を除いて何日でなくなることでしょうか・・・、せめて次の補充まではもって欲しいものです。
posted by 奥田圭太 at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巻き込むから巻き込まれるへ

私は「天才型巻き込みタイプになりたい!!」と思っています。「自分の信じるように周りの人を巻き込みたい。そして、巻き込んで巻き込んでその人たちを幸せにしたい。それが自然にでき、周りの人も自然と幸せになれれば最高だ。」 と思っているのですが、最近は巻き込むよりも巻き込まれる事も増えてきました。これはこれで嬉しい悲鳴です。

昨日は「物理化学」なるものを勉強しました。京都オフィスに学生さんがテスト期間中のためテスト勉強をしにやって来たのです。農学部のY君と私でその学生を教えるということに成り行き上なったのですが、そんなものは高校生?以来で10年以上ぶりです。ましてや物理化学を選択していた記憶もありません。とはいえ、ネットで調べ調べ、教科書を読み読み、練習問題を3人で一緒に解いていったのです。久々の頭痛がするような時間でしたが、そんな時間も楽しいものです。

夜にSから意味不明(笑)なメールが来ました。デザインが3パターン届いて「どれがいいですか?」というだけのものです。今年はSの事業化ということを勝手に私が目指していて、かなり私の方にひきつけて一緒に何かをやろうとしていたのですが、どうやらそれが功を奏して私は何かに巻き込まれるようです。

そういえば、新規事業もチャレンジスタッフ1号の発案で巻き込まれて走り出しています。いつの間にかちょっと大事(おおごと)になってきました。

そういえば、5月の大型イベントにも何らかの役割で巻き込まれているみたいです。やっているメンバーの真剣さを見れば、私も逃げるわけにはいきません。私自身も当日を楽しみにしています。

そういえば、関連会社「ドリームシンパシー」とも協業で事業の拡大をする分野が出てきました。

このように、いつの間にやら巻き込まれて使われていくのです。この新鮮な喜びは起業して2年半、ようやくやってきたように思います。
posted by 奥田圭太 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

起業する人しない人2〜前提・注意事項〜

この特集コラムは「起業する人しない人」というタイトルで「事を起こさない人と事を起こす人の境界線」というテーマを描こうとしています。

そうすると私がまるで起業することを賞賛・奨励しているように思われるかもしれませんが決してそういうことではありません。境界線を越えていく方法・起業する方法をお伝えするものでもありません。事実、起業や転職という事を起こして満足に辿り着く人はほんの一握りです。注意していただきたいのは、事を起こさない人と事を起こす人の境界線は確かに存在しますが、誰もがそれを越えたほうがいいということではないのです。そして越えた人のほうが偉いというものではないのです。

ここで前提として4つの事実を書いておこうと思います。この事実はおそらく今後も引用して使われると思います。

(1)企業体は誰かが抜けたくらいで大きく傾くものではない
(2)何らかのものに所属する限り、その所属の力を大きく借りている
(3)事を起こすことを本気で考えていたとしても事に辿り着く前に事切れる人も多い
(4)事を起こしたとしてもきちんと事を遂行している人のほうが少ない

このコラムの辿り着く先はまだ私自身もよくわかりませんが、今のところ考えているのは「勘違い」や「つもり」は良くないな、というくらいです。

2008年01月28日

コメントかメールか それが問題だ

このブログも書き始めて2年の歳月が過ぎ、いつの間にやら800エントリーを裕に超え、1000エントリーへと快調に(?)進んでおります。アクセス数も特に大きく増えることも減ることもなく、かなりの安定推移になっています。

そんな中感じているのが、このブログは「コメントがつくよりも直接メールが届くことのほうが多い」ということです。

以前にも何度か書いたかもしれませんが、このブログのコメント数はどちらかというと多くありません。友人から何度か理由は様々なれど「コメントしにくい」という評価をいただいたこともあります。堅いとか論戦になりそうだとかいろいろな理由です。どうやら気軽にコメントするわけにはいかず、きちんと理論武装する必要があるという圧力を私の文章は読み手に与えているようです。

そんなわけで(?)このブログにはコメントがあまりつきません。コメント大歓迎を謳っている身としては寂しい限りです。一方で実は、コメント数以上のメールをいただいております。これはメール大歓迎を謳っている身としては大変嬉しいことです。(メールアドレスは右手プロフィール欄をご覧ください。)

いただいたメールにはできるだけ誠実に全て返信させていただくようにしています。コメント欄が小さすぎるからメールにしたんだと、アツく長い文章を送ってくださる方もいたりもして、楽しく拝読しています。個別の相談に対してもできうる限り奥田個人として対応させていただいております。

何度も書きますが、私がブログをやっている目的は、自分を発信することであり自分をまとめることであり、つまりはまずは自分のため。そして、次に会社に関わる思いを発信すること。それに何らかのレスポンスがあり、そこにつながりが生まれていく。

それはこのブログの最大のエネルギーなのです。

コメント・メール大歓迎です。是非!(何度目だ!)
posted by 奥田圭太 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくいただくご質問4

お問い合わせシリーズ第4弾。(←勝手にシリーズ化)

よくいただくご質問4
どうしてお金にならないことに精を出すのですか?どうしてもっと稼げる方法がわかりやすくあるのに違う方法を選択するのですか?

回答
目的が違うからです。あるいは単体で判断しないからです。

前まで来ていたインターンのY君に「そんなんがやりてぇんじゃねーんだよ」と強く言ったことがあります。私があるインフラモデルを彼に提案したときに彼が「こうした方が確実にもっと儲かります」と切り返したことに私が返した言葉です。

まず第一義として、お金ではない「目的」が先にあるのです。お金はそこについてくるものであり、目的の達成が最優先なのです。

たとえば、教育が目的であればそんなに収益を生まなくてもそこに関わる人財の育成になるのであれば会社としてGOなのです。あるいは短期的には収益を生まなくても将来的な可能性にその目的を置いているのであれば投資としてGOなのです。もちろん収益は大切です。ですが、「今の」収益最大化は目的にはなり得ないのです。

もうひとつは「つながり」です。バリュークリエイトが考えるサービスはそれ単体で判断するものではないと考えています。既存のサービスとの相乗効果や、それが立ち上がった結果としてそこから生まれてくるものからの二次的効果などが大切なのです。

継続性の担保は最重要であり、まずは損をしないことを前提に物事を考えます。そこからは大目的を最優先し、つながりや波状効果・二次効果を見据えた上で方法を選択するのです。

バリュークリエイトが、一見儲からないようなことをしているように思えるのは、「目的」と「可能性」に投資をしているからです。
posted by 奥田圭太 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

起業する人しない人1〜序章・ある少年の物語〜

社会人になってから、起業をしたい人や転職をしたい人にお会いする機会がよくあります。経歴のせいなのか、起業をしたい人や転職をしたい人の相談を受けることも少なくありません。

ですが、そのほとんどの人は、結果的に起業も転職もしていません。最近では少しお話を聞くだけでその人が本当に事に移すかがなんとなくわかるようになりました。実際に事を起こす人と起こさない人には決定的に違いがあるのです。いつまで続くか、どのようなところに辿り着くかはわかりませんが、そのことについてしばらく考察していきたいと思います。

先日、ある大学4年生が私のところに来ました。就職先を紹介して欲しいと言うのです。彼が就職先を紹介して欲しい理由は「留学するための資金稼ぎ」だと言うのです。彼の目標は「あるスポーツコーチになるための海外留学」だったのです。

私はこのとき「彼は今のままでは留学もできなければ、もちろんコーチになんてなれない」と確信しました。そして彼が事を起こさない人と事を起こす人の境界線を越えられるかを助言したのです。そして彼の決断を待つべく態度を保留して待つことにしました。

彼は今、寝る間を惜しんでアルバイトに励んでいます。そのスポーツともコーチへの道とも関係なく、ひたすら汗水を流して働いています。

私はそのことを聞き「彼は間違いなく海外留学を実現できる」と確信しました。彼は境界線を越えることを選択したのです。

ここに全てが凝縮されているように思います。事実、彼は卒業とともにあるスポーツのコーチになる勉強のため海外へ旅立つことが決定しています。

座談会を増やそう

最近は座談会を増やそうとしています。

ここで言う座談会とは有識者会議とかそういうものではなく、ただの飲み会になってしまうような遊びでもなく、特定の目的を持ってそれに関係する人が集まって知識と知恵を出し合う会です。
そして、増やすというのは、回数を増やして研究会のようにしていくということではなく、特定のテーマがたくさんあるので1度きりの会をたくさんしようということです。

今日もその一つでした。

今日は私からの投げかけであり依頼でもあったので、まず私の考えとその結果できあがるであろう成果物を提示して、よりそれを使う人の立場に近い人たち(あるいは実際その成果物が良ければ実際に使うであろうユーザー)に集まっていただいて、必要な機能・不要な機能、更にはどういう位置づけにすれば便利になるかであったり、どういうところから入れば使うきっかけになるかをディスカッションしたりアドバイスしてもらったりしました。

世代も違えば住んでいる世界も違う人たち、そして間違いなく自分よりも現場に近い人たちの意見は非常に参考になります。おかげさまで主幹は変わらず確信に至り、枝葉については修正・追加で輪郭もよりはっきりとしてきました。

私はいつもこういうとき思います。単純に感謝するのは簡単、だからこそそこに留まらず、こちらからも何らかの影響を与えたい。と。

今日お集まりいただいた人たちは初対面の方ばかりでした。完全に私の依頼に応える形で丸テーブルを囲んだ座談会に参加してもらいました。非常にありがたい話ですし、実際に大変役に立ちました。今回の目的だけでは私一人が感謝する立場です。だからこそ、そこに何らかの広がりを見せて、彼らにとっても何か有意義な座談会になっていればと強く思うのです。

今日はそこまで行けたかはわかりません。話しはあっちへ行ったりこっちへ行ったりもしました(させました)。そこに何かを見出してくれていればと思います。そして、今回をきっかけに生み出されるであろう成果物が彼らの役に立つことを心から祈り、役に立たせようと決意するのです。
posted by 奥田圭太 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

心から消えない教え

心から消えない教えがあります。私の場合は、社会人になって「この人が最初の上司だ」と私に認識させた人の教えがその一つです。

その方から教わったことは「現場の最前線にいる人間(当時の職場では法人営業の担当先に足を運ぶ営業マン)はプレイヤーではなく、まず演出家でなければならない」というものでした。お客様を感動させる方法をお客様の一番近くにいる人間が考えて演出するのであって、上司が演出するのではないということです。最前線で仕事をしているからといって大局を見失ってはいけないということです。

お客様の一番近くにいる人間が脳に汗を書いて必死で考えて脚本を書いて演出する。周りの人間はその脚本・演出に従って演じる。もちろん本人も出演する。演じ切って初めてお客様に感動が与えられるのだ。お客様はゲストであり、自分たちはキャストであり、お客様の一番近くにいる人間は演出家である。

今となってはディズニーの言葉の派生なのでしょうが、私にはそれでもその方の言葉・教えとなって心に深く刻まれています。そしてその方の言葉・教えとして大切にしています。それは「一番最初の」上司だからではなく、その人だからです。

その人は、誰よりもその教えを体現している人でした。自分がうまく演じられなかったと思ったときは部下に「お前の演出にうまく応えられなかった。すまん。」と頭を下げる人でした。お客様に感動を与えるために最前線に飛び出して部下のために必死で演じる人でした。自分でも必死で脚本・演出を書いて上層部と戦っていました。なぜなら上層部に一番近いところにいるのは自分だという思いがあったからです。

誰よりもその教えを体現しているからこそ、それは完全にその人の言葉であり教えだったのです。そして、だからこそ私の心から消えないどころか、私にとってとても大切で人生を豊かにしてくれるものなのです。
posted by 奥田圭太 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

曽我部恵一ランデヴーバンド

約3時間。第1部曽我部恵一単独弾き語りライブ、第2部曽我部恵一ランデブーバンドライブ、アンコールはその両方。長時間の中でアーティストの心境の変化を感じるものでした。音楽以上にそこに意識が行き続けるライブでした。

心境の変化というのは二つの意味で、一つは10年前の作品と今の作品を比べるという作品から感じる時系列と心境の変化、もう一つはその日曽我部恵一という一人の人間が抱えていたであろう心境の変化です。どちらも推測ですのであしからず。

第1部 曽我部恵一単独弾き語りライブ
10年前のアルバム「サニーデーサービス」より全曲。1曲目からうまく声が出ず、ギターのチューニングもおかしいようでした。鼻声のように感じたのでおそらく風邪かなにかの体調不良だったのでしょう。それに呼応するようにギターの調子も悪かったのか、しきりにギターのチューニングを気にする素振りが目立ちます。中盤、やっとギターに音が戻りますが、やはり体調は悪いのか、高音が出ず、この人はこんな声だったかなと思うほどでした。終盤、頭で思い巡らしていた自分への苛立ちを吹っ切れたのか、魂の叫びのように歌う曽我部さんがそこにいました。ものすごく心に響いてよかったです。それは気持ちが吹っ切れたのか、10年前の何かを思い出したのか、清清しさと熱い気持ちが乗っていました。

第2部曽我部恵一ランデブーバンドライブ
しっとりとした大人の時間というか、それぞれの楽器の身体に優しいコラボレーション。眠いと言ったら眠い、心地よいと言ったら心地よい。ここでも曽我部さんの体調がいいようには思えませんでしたが、吹っ切れたからか音楽に合っているからなのか、そこには気楽に流れる声がありました。

全てが推測です。ですが、曽我部恵一という人が味わえたということは断言できるライブでした。

■公演内容
曽我部恵一ランデヴーバンド「ランデヴーコンサート」
出演/曽我部恵一 伊賀航 加藤雄一郎 長久保寛之 横山裕章 木暮晋也
会場/大阪厚生年金会館芸術ホール
日時/2008年1月25日(金)18:30開演
料金/3,500円
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。