2007年12月15日

第15回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」終了のお知らせ

第15回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」も無事終了しました。今回は会場が狭くかなりの密集で参加者の皆様にはご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申し上げます。密集のおかげで参加者の距離も近く白熱した点は良かったと思います。

今回は「暮らしと税〜オレらだって知らないうちに税金払ってんだこのやろ〜」というテーマで行いました。

税理士法人から専門家の方をお招きして、税金の目的とは何なのか、実際にはどんな税金があるのか、脱税・滞納の危険性、普段慣れ親しんでいる税金にもこんな特徴があったのか、知らないうちにこんな税金を取られていたのか、確定申告はした方がいいケースがかなりある・・・などかなり多くの発見がありました。税のからくりとは「気づかせない」なのだとつくづく思いました。知らないから二重課税問題が放置されていたり、申告しないで痛い目に遭うんですね。知らないでは済まされないわけです。

今回は初めての試みとしてテスト形式も所々に散りばめられていたので参加者の緊張感も程好く、楽しい会になりました。

次回は2月上旬に「スーツの話」を予定しております。就職活動にふさわしいスーツとは?パーティにふさわしいスーツとは?スーツにはどんな種類があるの?実際にみんなのスーツ姿をチェックして見ましょう、といった感じを考えております。男性陣はスーツ参加、もちろん女性陣も大歓迎。終了後は「びびこむ2周年記念懇親会」も計画しております。お楽しみに。

なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

疲れているのがバレるのは良くないことです

今日、というか、最近、多くの方から疲れを指摘されています。身体に疲れが出やすい私(→コチラ)は表面的に疲れが見えやすいため、疲れに関して指摘されることが少なくありません。一方で自称「いつでも暇人」の私はそこが指摘されるのは好ましいことではないのです。

どの程度疲れているのかと言えば、肉体的なことはさておき精神的なことまで含めると、腰痛がまだ起こっていないので個人的にはまだまだ負荷をかけることができると思っています。腰痛は私にとって最大のアラームなのでまだまだです。

とはいえ、何度も書くことになりますが、他人様から心配されてしまっているという事実がそこに横たわっています。本人は「まだまだ」などとのたまっていても、事実として他人様に負荷をかけてしまっているわけです。

暇でいつでも元気で能天気。これが一般的に言われる私の評価です。これは20代という若さの象徴でもあり、私が心がけている取り組みの成果でもあります。それを揺るがす事態はやはりよろしくないわけです。

12月という師走をどう過ごすか。これは大変貴重な時間でもあります。こんなときに他人様に気を遣われている場合ではなく、自らをしっかりコントロールし、最大のパフォーマンスをあげるときでもあるのです。疲れはスッキリ眠りととも置き去り、次の元気と暴れ続ける、その繰り返しです。それをコントロールすれば、他人様に気遣われることもなく、元気そのもので物事を走りぬけることができるのです。

腰痛はない。まだまだ走ることができる。だからこそきちんと疲れを抜いて毎日イチから走り抜ける。その繰り返しが元気な私であり、最大のパフォーマンスなのです。
posted by 奥田圭太 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。