2007年12月08日

「タロットカード殺人事件」

前作「マッチポイント」と同じような出演陣・スタッフでありながら、まったく気色の違う作品。謎解きサスペンスの構造ではあるが謎解きに関しては反則満載で、ライトさが際立つコメディ。

オチまで一気に駆け抜けていきますが、内容はほとんどありません。どこまでも軽やかに小さな笑いの積み重ねで進んでいきます。論理的に言うならば反則もそこかしこに出てきます。小気味いい台詞のキャッチボールに可愛らしい動きの数々、会場そこかしこにくすくす笑いが起こります。

ウディ・アレンという独自路線を突っ走る映画監督が、一人の女優スカーレット・ヨハンソンを愛でるために気持ちのよい快走を続けています。ウディ・アレンという男に可愛さを見出せる人にはおススメです。ここまでされると気持ちがいい、というのは私の感想です。

■作品概要
題名/「タロットカード殺人事件(原題:Scoop)」
2006年/イギリス/ワイズポリシー
監督・脚本・出演/ウディ・アレン
出演/スカーレット・ヨハンソン ヒュー・ジャックマン イアン・マクシェーン
会場/京都シネマ
夏休みを利用してロンドンの友人宅に滞在中のアメリカ人学生サンドラは、遊びに行ったマジック・ショーで、敏腕新聞記者ストロンベルの幽霊に遭遇し、巷を震撼させる連続殺人事件の犯人が青年貴族ピーター・ライモンであるという特ダネを明かされる。ジャーナリスト志望のサンドラはスクープをものにしようと、三流マジシャンのスプレンディーニこと同じアメリカ人のシドと組んで上流階級のピーターに近づく。
posted by 奥田圭太 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこは何するとこぞ

忘年会シーズンで夜はいつも外食が続いているわけですが、その一方で京都オフィスにいただきものが続々と集まってきております。そしてそのほとんどが飲食物です。オフィスメンバーに見つかったものもあり、なんとか隠そうとしているものあり・・・の状態です。

まずは画像付で!
VINO.JPG
ベトナム産のワインです。最近、縁あってベトナム関連のお話をいただいております。3月頃には現地で講座を開くために学生も連れてベトナム旅行も計画されています。それはさておき、ベトナムはフランス領だったこともあってワインが製造されているそうです。ベトナムに頻度高く行っておられる方にお土産としていただきました。ベトナム語の新聞に包まれていてとても新鮮な気分がし、講座に行くのがますます楽しみになりました。

さらにお歳暮です。そこには缶ビールの山が・・・。これが続くと人数の少ない京都オフィスには大変な量になりそうです。お菓子の差し入れも少なくありません。昨日は「幻の生チョコレート」もいただきました。「貯金制度」を利用してお菓子が増えては減りを繰り返していたりもします。

結局のところ、ありがたい悲鳴です。この際、京都オフィスの忘年会はオフィス内でやろうかと思っています。モノは全て頂き物と貯金制度の賜物で。自家製忘年会、京都オフィスらしくていい気がしてきました。

思い切って参加者募集します。時間は未定ですが、おそらくどっかの水曜日の夜になると思います。ご希望の方はご連絡くださいませ。
posted by 奥田圭太 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。