2007年12月31日

助けてくれる人がいるのはいいことだ

物事を成し遂げるのは自分ひとりでは決してできません。自分ひとりでできたように思えたとしてもそんな自分を支えてくれたたくさんの人がいることを忘れてはいけません。そしてそんないざというときに助けてくれる人がいることに心から感謝するべきです。

助けてくれる人というのは、いつもいつも助けてくれていると感じられるわけではありません。そこまで敏感な人も露骨に助けてもらうことも少ないからです。なので、自分を助けてくれる人がどれくらいいるのか、あるいは、その人がどれくらい助けてくれるのかを知ることは困難です。それがはっきりと自覚できてしまうのがいざというときです。

助けてくれる人というのは、頭を下げて依頼すればもちろん助けてくれるでしょう。しかし、本当に助けてくれる人というのは何も言わなくても自発的に助けてくれるのです。これほど心強いものはありません。

この本当に助けてくれる人を獲得することは、日頃の積み重ねでしか成しえません。それはGIVE&TAKEの関係ではありません。助けたから助けてもらうや助けてもらうことを期待して助けるのではなく、そういうやり取りなしに根底に流れる信頼関係なのです。自分から人を信じること、そこから生まれていく相互の信頼関係なのです。生きていく中で積み上げられたその「人」そのものなのです。

助けてくれる人というのは目に見えて顕れるわけではなく、実はいつもそこに横たわっています。作るのではなく、そこにいるようになるのです。そのことに気づき、日頃から感謝することは確かに困難です。ですが、いざというとき、それに気づく機会を得られたとき、助けてもらうことに感謝するのは当然のこと、そういう人たちが「いる」ことを常に意識し、そのことに感謝するべきです。
posted by 奥田圭太 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

MyBoo

最近バリュークリエイト京都オフィスに届く新聞の一つにこんな記事が載っていました。

ブログ解析ソフト MyBoo http://myboo.kizasi.jp/

ブログ解析ソフトといってもアクセス数や検索ワードという外部の人の動きを解析するというものではなく、書いている人間の潜在意識や気持ち、最近話題にしている傾向を分析してくれるという内内の解析です。

これがいいなと思ったところは、ただ解析するのではなく、変化するということです。健康診断と同じで、気持ちや話題の傾向という自分自身の知らぬ間の変化を解析してくれるので定期的に見ると自分の変化に気づいたりできるということです。

ちなみに当ブログは休止前「恐怖感」再開後「感謝の気持ち」最近「尊敬の思い」とわかりやすく変化しています。イベントを控えて切迫感・緊張感のあった状態から解放されて、再開に辿り着いた感謝が顕れ、年末の物事の整理をしている中でいろいろなものが見えてきていろいろな人を素直に尊敬できたりしている、と後付で論理的にこじつけようとすればその変化がわかりやすく解析されています。

当ブログはカテゴリ混在型、書きたいことを書くのでテーマバラバラなので、話題解析もコロコロ変わっています。それでも似ている著名人ブログにいつもサイバーエージェントの藤田さんと経営コンサルタントの大前研一さんが入っているのは何故でしょう。

ブログをお持ちの方は是非一度やってみてください。

健康診断のようなものといえば先日ご紹介した「METABOO!」です。名前も似ているし!コチラも是非!→コチラ
posted by 奥田圭太 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

資格の話

世の中には本当にたくさんの資格があります。知らない資格のほうが間違いなく多いでしょう。

そんなひとつに「製菓衛生師」というものがございました。私がよくランチに行くお店の店員さんと話をしていると彼女が取得しようとしているという話になったのです。耳慣れない言葉だったので歯科衛生士と勘違いしそうになりました。意味がわからなくて調べてみました。

製菓衛生師は、お菓子やパンを製造する際の公衆衛生の向上と製造者の資質向上など、安全性の高い食品づくりに携わるお仕事です。調理師と同じで名称独占資格と呼ばれる国家資格で、この資格がなくてもお菓子の製造はできますが、営業に際してお店の信頼度を高める効果もあるため、資格を取得するのが通例だそうです。食品添加物やアレルギーなどが問題となっている現代、より安全性の高い食品が望まれており、お菓子製造に関しても科学的な知識が必要となっています。グルメブームの昨今、製菓衛生師へのニーズは、ますます高まっているそうです。

家のポストにユーキャンのチラシが届いておりました。そこには116の講座が並べられ、資格・実用・趣味が溢れかえっていました。検索をしていても資格はとんでもない数があり1000は裕に超えています。国家資格だけでも100以上あるようです。

新しい年を迎えるにあたって、資格の取得・勉強をテーマに掲げる人も多いことでしょう。資格を取ることが目的にならないように、あくまで目的を定めた上でそれに必要な資格を取得する。そのことが肝要です。

周りにそういうものを頑張っている人がいると思うと私も勉強しようという気持ちになりました。まずは、先送りにされてきた宅地建物取引主任者の資格取得、そして昨日仕事納めのパートナーSと宣言(?)したスカッシュの開始です。
posted by 奥田圭太 at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本を読む

京都発の勉強会「びびこむ」でもご質問いただきお答えしたのですが、私はあまり本を読みません。その昔、中学生時代は小説を貪るように読んでおりました。その後徐々に読まなくなり、社会人になってからは周りがビジネス書などを読み始め、それに違和感を覚えたままほとんど本を読まなくなりました。

そんな私が最近になって急に本を読み始めています。一度読み始めるとその日の内に読み終えてしまいたいのでかなりピッチよく読んでいます。読書が嫌いなわけではないので、読書熱が復活したら復活したでなかなか楽しいものです。

実はこの読書熱の復活はわかりやすく京都オフィスのおかげです。「共有」をテーマに仕上げられた「8階のスタバ」に作った私本人が感化されたのです。「皆様の寄贈」「貯金制度」による「ブックオフ大人買い」によって多種多様な分野の本がいつの間にか100冊以上並ぶようになった「共有本棚」のおかげなのです。

自分で買いに行ったのもありますが、いろんな本がずらりと並んでいるのを見ていると、そこにはいろんな人の趣味や価値観が並んでいて色とりどりで、なんとなく手に取ってみたくなります。興味のなかったものにも興味を持ってみようという気になるのです。そしていつの間にか紅茶を飲みながら読み始めてしまいます。

京都オフィスに集う人たちのためにと思って始めた数々のことから一番恩恵を受けているのはどうやら私のようです。
posted by 奥田圭太 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業界研究勉強会(業界共有会)とやら

昨日は京都オフィスに就職活動生が集まって自分たちで勉強会を開催していました。バリュークリエイトは関係なく、あくまで彼らたちがやることを決めて、場所として京都オフィスが使われただけです。テーマは業界研究ということで各々が1つの業界を調べてきて「教え合う」というものでした。

私が就職活動をしていたときはこのような勉強会は一切開催していませんでしたし、参加もしていませんでした。ですから、今回の主体性や行動力は私には尊敬に値するものです。

ただし、内容については疑問符がたくさんでした。実は以前に同じような勉強会を見学に行ってその主催者の人にも終了後にお伝えしたのですが、そもそも疑問符の塊でした。その会自体がどういうゴールをイメージして進められているかが全く見えないのです。その結果、やってる側も参加している側も傍から見ているものも不安しか手にしていないのです。

せっかくなので、以前の勉強会で主催者にお伝えしたことを転記します。

『やっぱり知らない人が知らない人に教えるのは無理がある。』
『「一緒に勉強する」は今のやり方で十分いいと思う、だけど「学んでもらう」「教える」という付加価値を参加者に提供したいなら今のやり方では無理がある。』
『昨日のは参加者にどういう結論を与えたかったの?なにができればゴールだったの??』
『しっかり目的を定めて頑張ってください。』

知らない人が知らない人を教えると、間違っていても誰も気づかないし、正しい知識と誤った知識をそのまま混合したまま頭の中に納めてしまい「わかった気」と「不安」だけがそこに残るのです。知らないという点においてすでに「教える」ことはできないのです。調べてきたものを伝えるだけであれば、調べるのに使ったいい本を貸してあげるほうが賢明です。「学び合う」であればできたはずです。

正しい知識を身につけたかったのか、親睦を深めたかったのか、就職活動に向けて他人の価値観に触れたかったのか、就職活動でなんとなく不安なので何かをしたかったのか、その不安を共有したかったのか、何の時間だったのか。そこが明瞭でないと参加者はどこに行けばいいのか「不安」だけがそこに残るのです。持ち帰るものが見当たらないのです。

事前にそれらの危険性は今回の主催者に伝えておいたのですが、そのままの結果になってしまいました。そうならないようにできるだけ同席しようと思っていた私自身も他の事に夢中になっていて放置してしまいました。私自身にも反省の多い会でした。
posted by 奥田圭太 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

METABOO!

2006年流行語大賞のTOP10にも選ばれ、今やサラリーマンをはじめとして皆さんの関心もきわめて高い「メタボリックシンドローム」、そのキーワードを掲げるサイト「METABOO!」が先月OPENしました。運営しているのはバリュークリエイト関連会社の「ドリームシンパシー」、そんなわけで最近は当ブログにバナーもついています。

メタボリックシンドロームと聞いても正しい意味を理解している人はどれくらいいるのでしょうか。自分がメタボリックシンドロームかどうかわかっている人はどれくらいいるのでしょうか。
あるいは、心配だけしていてどうしていいかわからない人、何も行動に移せていない人はどれくらいいるのでしょうか。
そしてさらに、メタボリックシンドロームはさておき、健康生活を気にかけている人はどれくらいいるのでしょうか。

そういう人に向けたサイトが「METABOO!(メタブー)」です。

  METABOO! http://www.metaboo.jp/

そして最大の特徴が「管理栄養士」が運営しているというところです。

「食べる」「動く」「磨く」の様々な観点から、管理栄養士が情報を紹介したり、提案することで皆さんの健康生活を応援しようというものなのです。用語辞典に最新のニュースチェック、そこに管理栄養士からの様々な提案が追加されていくのです。希望者はメルマガ登録も可能です。

メタボという単語にびびっと来た方!是非一度ご覧くださいませ。という完全な広告エントリーでした。
posted by 奥田圭太 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘年会

本日は京都オフィスの打ち上げとなりました。打ち上げで行われることはただ二つです。大掃除と最後の飲み会です。

大掃除は結局のところ三人でさくさくと終わりました。オフィスが小さいこともあり掃除する範囲も狭いです。さらにけっこう神経質な連中が取り扱っているようで比較的頻度高く掃除が行われていたのです。ですから、今更大掃除と思ったところで捨てるものを「思い切って」捨てる以外はほとんどやることはなかったのです。結局は捨てる作業と拭き掃除、それくらいでしたのでさくさくと終わった次第です。

その後の最後の飲み会ですが、何かを準備したわけでもなく、以前にもお話しましたが、お歳暮やお土産でいただいたお酒にピザとお寿司の宅配、あとは参加者が各々持ち込んだ品々です。自分たちで作る飲み会に過ぎません。

最終、ちょくちょくと途中合流もあって7名の忘年会となりました。今年を振り返るというよりは今年のことを忘れてしまって「今」だけで飲み会が成立していたように思います。悪く言えば何もない、よく言えば気楽そのものの会となりました。

ビールにワインに日本酒・チュウハイといつの間にやら多種多様なお酒。ピザにお寿司にスナック菓子から外国産チョコレート・・・。思った以上にいろいろなものを満喫できた時間となりました。

オフィスとしてはこれにて年納めです。私自身は明後日までやることが確定していますが、オフィスとしては終了です。来年、また新しい人がこの「8階のスタバ」に集い、新たな価値を生み出すことを祈りながら今宵は就寝いたします。
posted by 奥田圭太 at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

ブログが書けない件

「ブログ再開のお知らせ」を掲げるや否やブログの更新が途絶えていました。見事に「ブログが」書けていません。書こうとはしているのですがUPに至りません。その理由はいくつか考えられます。

大きな結果の一つが、途中まで書いてUPせずにやめてしまう、です。これには肉体的要因と心理的要因の二つがあります。

肉体的要因というのは、途中で身体が挫折してしまうということです。(今もその危機とすでに戦っています。)今まで一気に書いてしまってすぐUP、最近ではその間隔もどんどん短くなり1エントリー10分程度でした。その10分がもたない、もしくは10分で仕上がらないのです。その瞬間に身体がその場から離れてしまいます。慣れていないことから逃避活動が開始されるのです。

心理的要因というのは、復活文だから力が入っているということです。単なる気負いです。久々に書くのだからと勝手に力が入っているのです。または、書く基準にブレ、悩みが生じてきているのです。今までなら書けたかもしれないものでも書いていい内容なのかどうか見直してしまうのです。そしてそうしているうちに上記肉体要因によって滅殺されてしまうのです。

結局のところ、熱の問題のように思います。以前にも書きましたが「ブログは熱いうちに書け」なのです。あれだけ書こうと思っていた項目も今では上記要因に阻まれてしまっているのです。

ブログはやめようと思えばやめられる極めて簡易なものです。一方で続けるのは極めて難事なのです。惰性に流れるのはかくも簡単なことで、癖付けを戻すのはかくも困難なことなのです。

これからまた癖付けをイチからやり直しです。まずは映画でも見に行こうか。そういう軽いものから記録を残すためだけのものから書き始めるのが今の私にはいいリハビリのような気がします。
posted by 奥田圭太 at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始というけれど

年末というのはこの1年を振り返り、年始にはその1年をどう過ごすかを宣誓する、年末年始はそういう意味でいい機会だと思われています。ですが、私はあまりそういうことに特定の機会を自ら設けて過去話・未来話を整理することはありませんでした。

ところが、今年はブログのごくごく一時的な休止(実は後日書きますがものすごいインパクトを私に与えています)であったり、外部からのきっかけもあって、ここ数日はこの1年を深く深く振り返っています。またそれをブログの代わりと言ってはなんですが書き記しています。外部要因によって年末という機会をしっかりと捉えていると前向きに考えています。

行っているものは完全に過去話です。自分にできたことできなかったこと、したかったことしたこと、そして今の自分としてしたいことできることです。「したい」と「できる」を明確に区別して進むべきものの道筋をつけ、逆の「したくない」「できない」から己を知る、という試行です。これは実は起業塾の塾生に対して最終回で提示した課題であり、卒業面談で実施した項目です。それを自分自身にも行う機会を得たのです。

悶々としたものから始まったこの機会ですが、整理されていくその姿を見据えるうちに落ち着きへと変わっていきます。自分の中では情が智と意でコントロールされていきます。そこに昨日いつもお世話になっている方とお話したことで他人の情にも触れることができ、それをも智と意で整理できました。

清清しさが胸に広がったところで、本日より再度深く深く振り返る行動をイチからやり直しています。「意」をしっかり持って整理していきます。忘年会までに書面としても清清しいものにしたいと思っています。
posted by 奥田圭太 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

ブログ再開のお知らせ

しばらく休止していたのですが、このブログを再開いたします。

「いつ休止してたの?」とお思いの方もおられるかもしれませんが、私として意図を持って今週はブログを休止しておりました。12月21日のイベントも終了いたしましたので改めて意図を持って再開いたします。一方で「なんかあったの?ブログ止まってるよ」と思いの方も多数おられたようですが、実際メールもいくつかいただきましたが、ここに再開いたしますのでよろしくお願いいたします。

書きたいことがなかったわけではなく、むしろありすぎるくらいにあったのですが書けない事(時間・内容)が多くありました。なので書き始めるとドバ〜っと大量にあふれ出てくること間違いなしです。

それでは明日より正式にこのブログを再開いたします。溜まっていることや想いが整理できたことがたくさんあるので一気に放出していきたいと思います。最近のことを振り返ることも多々あると思いますがお許しくださいませ。年内ドバ〜と書きまくってどれくらいいくか本人が一番楽しみにしております。

それでは、今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。