2007年11月30日

個別卒業面談ほぼ終了

7月から約5ヶ月に渡って開催してきた起業塾の第1期生の卒業面談をマンツーマンで実施しております。彼ら自身の自己分析・整理と今後の課題・行動設定のためでもあり、起業塾そのものの今後を真剣に考える材料をいただくためでもあります。本日でほぼ全員が終了しました。

その中で感じたことは彼ら共通の課題でもあり、今後の起業塾の課題でもあることなのですが、個人のキャリアステップと企業のステージアップが混同されているということです。彼らにとっての起業は、やりたいことをやるに過ぎず、それが企業内でできるのであれば問題ないはずにもかかわらず、自身のキャリア成長として自分自身でやりたいと思っているだけなのです。つまり自身の問題であり、起業・起社が社会的観点から考えられていないのです。そこに今回の講座とは大きなギャップがあったように思います。企業の話になるととたんに遠い世界に感じてしまってリアリティを自分のものにできてないのです。彼らはあくまでフリーランスのことを起業と呼んでいるように聞こえてしまいます。事前にそこの整理と言語の意味を共通化することで起業塾はもっといいものになると確信しました。

また、ここからは彼らの共通の課題であり、実際に今回の面談で課題・行動設定として重要視したのですが、いろいろなものにふらふらしてあれもこれもやってしまう彼らの姿勢という課題です。やりたいことをあれやこれややってはどれも中途半端でやりきったことがないのです。小さな約束の積み重ねが自信と信頼の源泉なのですが、彼らはその約束を安易にしてはあれやこれやとしてしまうため、物事がどんどん複雑になり自身で処理できず、成功体験がないが故に自信も信頼も得ていないのです。一つのことに注力し、やり遂げるという極めてシンプルなことができないのです。そこを徹底的に話し合いました。そして、シンプルすぎるほどの行動設定をし、必ずやり遂げるという約束をしました。

約束をひとつひとつ大切に果たす。目標をひとつひとつ達成する。その成功体験が自信と信頼を生み出してくれるのです。それができない人はいつまでも何ができるという確信もなく、一瞬にして信頼を失ってしまうのです。物事は一つ一つの積み重ねです。いっぺんにできるようにはなりません。まずひとつ。それを大切にしてください。

【起業塾第1期生の軌跡はこちら】
第1回の様子は→コチラ
第2回の様子は→コチラ
第3回の様子は→コチラ
第5回の様子は→コチラ
第6回の様子は→コチラ
第8回の様子は→コチラ
第9回の様子は→コチラ
最終回の様子は→コチラ
※第4回、第7回は私が欠席のためございませんが、内容はその次の会をご覧いただければだいたいわかります。
posted by 奥田圭太 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

映画「はんなり」大盛況御礼

私も携わった映画「はんなり」が宮崎公開、六本木ヒルズの特別上映を経て、25日より明後日30日まで京都シネマで公開となっております。初日から連日たくさんの方にお越しいただいて大盛況です。昨日、本日と様子を観に映画館に足を運んだのですが、どちらも開場前から長蛇の列ができていて感動しております。満席でお入りいただけなかった方々本当に申し訳ございません。そして、皆々様、本当にありがとうございます。

映画「はんなり」公式HP 
http://www.hannari.info/
初めてブログで立ち上げた内容
http://white-base.seesaa.net/article/24255551.html
LA上映時の様子
http://white-base.seesaa.net/article/27742329.html

今後は東京一般公開、宮崎追加公開へと続きます。
12月2日〜14日: 渋谷アップリンクX (東京都)
http://www.uplink.co.jp/schedule/index.php?yyyy=2007&mm=12
※上映時間は午前11時のみです。
12月15日〜21日: 宮崎キネマ館 (宮崎県宮崎市)
※追加上映決定!詳細は後日UPされます。

様々なメディアにも取り上げていただき、多くの方もレビューやブログに書いていただいたりしております。こちらも重ねて御礼申し上げます。一部ご紹介しておきます。

Yahoo!映画 さん
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id329015/
goo映画 さん
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD11528/index.html
CinemaPreview さん
http://homepage3.nifty.com/CinePre/ndata/N07-265.html

Stone spa GAIA ブログ さん
http://blog.stonespa-gaia.jp/article/7211579.html
furaku マーケティングの妙薬 さん
http://futuremorning.cocolog-nifty.com/furaku/2007/11/post_6f78.html
徒然雑記 さん
http://blog.goo.ne.jp/haginon/e/9ce48d0f2461fef66be8113900ad7197
YOSH BLOG さん
http://ameblo.jp/art-interface/entry-10057033762.html
伝統工芸 桐たんすとともに歩む さん
http://blog.goo.ne.jp/tansuya/e/a598d6e288646b156e15ad2d8f02f5f2
pause さん
http://green.ap.teacup.com/applet/prelude/41/trackback
男着物のすすめ さん
http://blogs.yahoo.co.jp/wakadanna009/27003343.html
銀座泰三 さん
http://ginzataizou.at.webry.info/200711/article_12.html
マウ的お気楽三昧通信 さん
http://okirakuzanmai.at.webry.info/200711/article_22.html
オレンジ...100% さん
http://yaplog.jp/orange-rockets/archive/403
君も、経営者になれる!高城幸司の社長ブログ さん
http://blog.goo.ne.jp/k-takagi001021/e/802d69f73c96264e6cf3591211bc3485

皆様、本当にありがとうございます。日本での公開もまだ残っています、来春以降は改めてアメリカでの公開へと邁進してまいります。引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

※私、奥田圭太は映画「はんなり」のプロデュース業務を行っており、バリュークリエイトは当初よりスポンサーとして応援しております。

追加で更にブログご紹介
posted by 奥田圭太 at 15:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

第15回「びびこむ(京都発!!勉強会!!」告知

第15回「びびこむ」を開催いたします。

今回のテーマは「暮らしと税〜オレらだって知らないうちに税金払ってんだこのやろ〜」です。

皆さんは自分がどんな税金を払っているかご存知ですか?
あるいは払わなければいけないかご存知ですか?
学生もサラリーマンも個人事業主も起業家も、もちろん会社も・・・。
みんな絶対に払っています。

税金にはびっくりするくらいの種類があります。気づかないこともよくあります。納税は国民の義務です。なので、知らなかったでは済まされません。もしかしたらあなたも申告が必要かも!?もしかしたら税金が返ってくるかも!?

税金の基本中の基本に触れる中で、自分の生活と税金がいかに密接に関係しているか、生活が変われば税金がどういう風に代わるのか、どんな手続きが必要なのか、知っているのと知っていないのでは大きく差がつくこと満載です。

今回は税理士法人より専門家の方をお招きしてお届けします。是非ともご参加くださいませ。

【ゲストスピーカー】
税理士法人京都経営 株式会社京都経営コンサルティング
取締役 中見大督 様
http://www.kyotokeiei.com/

■びびこむ概要
第15回「びびこむ」
日時 2007年12月15日(土)
13:00〜 事前交流タイム
14:00〜 講座開始
15:30頃終了予定
→その後は自由に交流会
会場 京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。携帯やWebエントリーも可能になりました。こちらをクリックしてください(→コチラ)。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2007年11月25日

ゴミ拾い@楽祭

本日は応援している学生さんが多く携わっている「楽祭@上屋劇場」という学生による合同文化祭に行ってきました。

DJ、歌にダンスに、ファッションショー。ステージではめまぐるしくショーが繰り広げられていました。バックヤードでも学生同士が久々の再会や新たな出会いに盛り上がる光景がうかがえました。徐々に人数が増えていく光景も新鮮な取り組みです。

学生のこういうステージショーものは勉強になると私個人は強く思っています。なぜなら学生の反応は素直だからです。ステージ前の観客学生は面白ければ徐々に増え、面白くなければ目に見えて激減していきます。名前だけ有名な人のDJでもノれるPlayでなければ誰もダンスフロアには行かないのです。楽しければ自然と拍手も声かけも生まれるのです。その見事な差が極端すぎるほどはっきりと見て取れるのがこういう企画ならではです。演者も自分の努力の成果や実力がはっきりとわかっていい刺激になると思います。

もうひとつ。会場となった上屋劇場から元町駅までを有志たちと一緒にゴミ拾いをしてきました。今回のイベントに企画として組み込まれていた護美拾い、文字通りの町の美しさを護る企画です。

(1)元町の町は汚い。(2)喫煙者はどうして自分の首を自分で締めるのか。(3)親こそしっかりしようよ。という感想です。

(1)驚くほどのゴミの量でした。5つのグループに分かれてやったのですが、どのグループもゴミ袋がわずか30分程度でいっぱいです。ゴミを探すというよりそこかしこに目に付くのです。ちょっとひどかったです。(2)恐ろしい量の吸殻でした。ゴミのほとんどが吸殻です。こういうことをするから喫煙者の肩身がどんどん狭くなるのだと思います。真っ当なモラルがあれば喫煙者も禁煙者も仲良くできるはずなのです。タバコが嫌われる一番の要因はこのモラルにあるように思います。(3)私たちがゴミ拾いをしていると道行く子供たちが手伝ってくれました。気持ちよくゴミを拾い、気持ちよく私たちの輪に加わろうとしてくれました。いいことの輪がそうやって広がっていくことは素晴らしいことだと思います。しかし、その親たちは真逆です。良い行いをしている子供たちを褒めるでもなく、まるで汚いものを触ったことを咎めるように私たちから遠ざけます。当然自分たちはゴミを拾う意思すらありません。こういう人たちがゴミを平気で捨てるのかもしれないと思うと哀しい限りです。親が率先してやれば、子供も気持ちよくモラルを身につけ、街はきれいになるのですが。

ゴミ拾いは清清しいものでした。ですが、周りから感じたものは決して清清しいものではありませんでした。一度やってみて欲しい、どこを見たってゴミが落ちているこの社会なのですから。
posted by 奥田圭太 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャレンジスタッフ成長記録1〜1号2号20日〜

バリュークリエイトには「チャレンジスタッフ」というアルバイト制度があります。11月より二人のチャレンジスタッフがジョインしてくれています。

チャレンジスタッフ1号
専門学校生。バリュークリエイトが今までやってきたこととは全くかけ離れた分野を志す。ただし、基礎体力なくしてダメ、幅がないのもダメ、という思いから全く畑違いのバリュークリエイトにジョイン。IT担当(彼の専門はITではありません)および何でもやります担当。他人と比較するのではなく自分自身と戦うという姿勢が明確。言葉にするのが不得手ながらも物事の本質を掴むセンスが抜群。

チャレンジスタッフ2号
大学生。紹介の紹介という謎の経緯ながら納得度の高いパイプを通じて面談。バリュークリエイトの業務に高い関心を示し、自分を試したり現場に触れたいという思いからジョイン。何でもやります担当。年上にも年下にも丁寧に接する姿勢が明確。遠慮しがちだが自分の悪いところを素直に受け入れて直そうという謙虚さがあるため、変化の速度が速い。

そんな二人がジョインして約20日。基本は週に2度程度しかオフィスに来ていないのですが、目に見えて成長がうかがえたのでここに記しておこうと思います。

ここまで物事の考える順序を徹底的にすりこみ、本人たちにできることできないことを自覚してもらいました。それが見えたとき彼らは自分自身を知ることができました。その上で自分にできることを必死にやろうという姿勢に変わりました。言われたことの中での能動、から、言われなくてもできることを自分で探し出す能動に大きく成長を遂げました。とにかく動くまでの速度が格段に上りました。おかげでオフィス内は活性化しています。彼らがどんどんやってくれるのです。彼らの動きはオフィス内にいる先輩をあっさりと追い抜くかのようです。

そんな彼らの行動の成果・お手柄が具体的にあります。

(1)チャレンジスタッフ1号のブログ
http://mobilerenjya.jugem.jp/
バリュークリエイトにジョインした11月からブログの内容が格段に良くなりました。物事それぞれに一番大切な部分を見つけ出そうという姿勢が顕れています。これからもいろいろな出来事・いろいろな考え方に触れる中で自分自身の価値観を定めていくことでしょう。是非一度覗いてみてくださいませ。

(2)びびこむ新聞発行
http://white-base.seesaa.net/article/68893564.html
昨日ご紹介したのですが、悪戦苦闘の中で一緒にゴールを共有し、頑張った成果物です。1号2号のお手柄作品です。

その後、彼らは自分たちであることに対して目標を立てて取り組もうとしています。自分で言ったことにがむしゃらに取り組む、食らいつくということを身体で覚えるために自らに課した目標です。1号2号で同じゴールを共有し、誰かに言われたからではなく自分で言ったからという初心を忘れずに走り抜けて欲しいものです。最後までそこにこだわることができたとき、また大きく変わった彼らに会えることと楽しみにしています。
posted by 奥田圭太 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

「びびこむ新聞」発行!!

京都発の勉強会、今や関西全域進出の勉強会「びびこむ」は昨日2007年11月23日(金・祝)「びびこむ新聞」を発行いたしました。

DSCF0901.JPG  DSCF0902.JPG

まずは昨日行われた「RTC VOL.28『ブログ限界論』関西会場」に参加された方々には配布されております。大急ぎで作ったため誤字脱字は多いのですが、ご容赦くださいませ。まだ残っておりますのでご関心のある方、記事内容が気になる方は「8階のスタバ」ことバリュークリエイト京都オフィスにお問い合わせくださいませ(TEL 075-344-2544)。こちらにコメントいただくか、私宛にメールしていただいてもけっこうです。何らかの方法でお渡しする方法を考えます。もちろん増刷はしませんので、なくなり次第終了です。

実はこれ、バリュークリエイトチャレンジスタッフ1号2号の成果第1号です。以前に書きました「午前3時までの格闘」や翌日も朝まで悪戦苦闘していた彼らのお手柄です。初めてのことだらけで遅々として進まない中、できることできないこと、物事の考える順序を身体で覚えていきました。
DSCF0840.JPG
上の写真はその作成過程です。ゴールを共有し、自分たちの整理・他者への伝達のために作成していたものです。そして自己成長と他者伝達の集大成として一つの形になったのです。

そんなわけでバリュークリエイト「チャレンジスタッフ」に関心のある方、彼らを応援してくださる方々にも是非見ていただきたいので、ご希望をお待ちしております。

「びびこむ新聞」は、社会・経済・スポーツ・文化の全てを取り上げております。定期発行はいたしません。第2弾第3弾と続くかは、またやってみたい思いはありますが、全くの未定です。「京都発!!勉強会!!」だったときの手拭いくらい限定のプレミアムになる可能性もあり。さて、どうなりますことやら・・・。

なお、第15回「びびこむ」が12月15日(土)開催に決まり、詳細も「びびこむ携帯サイト」にUPされています(→コチラ)。こちらでも近いうちに告知しますが、お申し込みはお早めに。
※びびこむ携帯サイト http://www.vivi-com.mobi/

2007年11月23日

RTCVol.28『ブログ限界論』(関西会場)出席

RTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』に関西は京都会場から参加しました。

今回は京都会場のコーディネイトをさせてもらいながらの参加となりました。東京会場で行われている模様をustreamを使って、双方の映像とマイク音声を送りあってスクリーンに映すということを初の試みでやってみました。反省点を挙げておくとすると、タイムラグがあって切り替えしやツッコミが難しく、どうしても講義を聴いているような雰囲気になってしまったことです。掛け合いとかができればもっと盛り上げることができたように思います。私が積極的にやるべきでした。京都会場の参加者の皆さんには熱が伝わりきらず失礼いたしました。

さて、本編の感想ですが。

さほど影響力があるブログをやっているわけではありませんが、ブログを2年以上続けてきた身として「ブログ限界論」の背景は自分なりに持っているつもりでした。私が思うのは、閲覧側として、ブログの数(スパムや被リンク用などなども含む)があまりに多くなりすぎて求めているものが見つかりにくくなり、探し出す喜びがなくなったということです。一般Webサイトでもすでに起こっていることがブログでも起こり始め飽和している感覚です。だんだん検索することが、意外な出会いという楽しみから、求めるものが探し出せない苦痛になったのです。個々のブログで面白いものの数は間違いなく増えているはずなのに辿り着けないもどかしさです。いつしか探すことを放棄し、老舗ばかりを定期的に見ていて、新しい出会いが生まれてこないのです。

そんなことを思っていた私にとって、今日のゲストスピーカーの方たちが話される内容は視点の違うところからやってきて、私の思いを解消する可能性と自らの行動も大切だということを気づかせてくださった素晴らしいものでした。

それは。つないでいくということの大切さです。必要なものは仕組みとしての整理整頓。つながりを整理する存在が必要だということです。編集者のような、というお言葉もありましたが、納得です。そしてもう一つが個々の取り組み。スパムサイトは通報するなどして減らしていく努力をみんながする、またいいブログがあればどんどん紹介していく。そうすることで、検索エンジンに頼らない、つながりによる新しい出会いやいいブログの地位をひっぱり上げることが可能になっていくというものです。

インターネット(もしくはブログ世界)を支えているものが必ずどこかに存在する。(無料で気軽にできるのはサーバ費用などをどこかが負担している。)ということを理解した上で。インターネットで何らかのメリットを得てきたのだとすればそれを還元することが大切である。

そういうことを強く感じました。私もブログをきっかけにして出会った方々も少なくありません。ブログの恩恵を無料で受けているブログ利用者の一人です。であれば、影響力は小さくとも、その恩恵を与えてくれた社会に還元するために、できることから始めたいと思います。それが社会を創っていくことだと思います。

一部の特定の人のものだったブログは誰もが参加できる社会にまで成長を遂げた。だから参加者たちのモラルと行動でいい社会にしていけばいいのだと思います。

起業塾なるもの第1期生修業

昨日は起業塾第1期生の卒業式のようなものでした。

今まで大変お世話になった講師の方から今までの振り返りとまとめ、そして参加者の今度に対する思いをお話いただき、最終回にふさわしくベンチャー企業の社長様にご講演いただいて終了いたしました。最後にはサプライズでご講演いただいた社長様より参加者にとある雑誌の定期購読権がプレゼントされました。毎月送られてくる書籍を目にしてはこの会を思い出し、感謝すべき講師の方々、仲間を思い出して歩みを強く進めてくれることを望んで止みません。

その後は懇親会を開催し、講師の方にもご参加いただき、全員参加で盛り上がりました。講師の方やご講演いただいた社長様が一人ひとりにゆっくりお話しする時間を作ってくださり、それぞれが自分を知るいい機会になったと思います。食事も素晴らしくおいしいところで手配いただいた方々にも感謝感謝です。

起業が目的ではなく、自分自身を知ることで視野・可能性を広げることを目的としてきた起業塾。ただのビジネスプランの目利きではなく、真の出会いと継続性を根幹に据えて、勉強と交流を深めてきた起業塾。実際にそこから二人が起業していた事業を軌道に乗せ始めました。ですが、彼らもまだまだこれからが本番です。自信を深めたり、不安になったり、そんな自分を知る中でこの縁が続くことを期待しています。

あとは私との個別卒業面談を全員に実施して修業です。参加者の変化や核心に触れることができるか、とても楽しみです。

【起業塾第1期生の軌跡はこちら】
第1回の様子は→コチラ
第2回の様子は→コチラ
第3回の様子は→コチラ
第5回の様子は→コチラ
第6回の様子は→コチラ
第8回の様子は→コチラ
第9回の様子は→コチラ
※第4回、第7回は私が欠席のためございませんが、内容はその次の会をご覧いただければだいたいわかります。
posted by 奥田圭太 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

Qcam Orbit AF

京都オフィスに新しいおもちゃが加わりました。明日のRTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』(※飛び入り参加大歓迎!)にてデビュー予定です。

Logicool社製Qcam Orbit AF(ロジクール キューカム オービットAF)です。

DSCF0898.JPG

高性能Webカメラで、静止画800万画素に画像センサー200万画素と映像がかなりきれいです。しかし、新しいおもちゃとして認められた真髄は他にあります。それは「自動追尾システム」です。上下左右に動くカメラが人の動きを自動追尾して常に顔を映し出してくれるのです。思わずカメラの前で動いて遊んでしまいます。

DSCF0896.JPG DSCF0892.JPG
こやつが動きまくります。そしてこやつが遊びまくっている光景です。今後頻発しないか不安です(笑)

まずは明日の勉強会ライブ中継です。仕事にプライベイトに大活躍してくれそうな代物の到着に嬉々とした15分前でした。
posted by 奥田圭太 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

学生さん向けバリュークリエイトからのご提案6

バリュークリエイトは学生の活動を支援しています。といってもマスで支援をしているのではなく、個々の学生さんや学生団体、学生ベンチャーに対して出逢いや縁を通じて実体的に支援しています。

学生の皆さんにはバリュークリエイトにどんどん要求するように伝えています。
学生の皆さんにはバリュークリエイトをうまく使うように期待しています。

目的は、社会人のフィルター(知識・知恵・人脈)を使うことで学生が直接するよりも効果的にできることがたくさんあるということを知っていただいて、学生が学生の枠で小さくまとまるのを防ぎ活動の幅を広げていただくことです。

提案6:企画・ビジネスプラン・事業計画書を持ち込んでください。「おもしろいもの」「アツいもの」には資金面だけでなく実態的支援をいたします。

バリュークリエイトでは企画の持込みを歓迎しています。書類で判断することはなく、実際にバリュークリエイトパートナーたちの前でプレゼンを行っていただきます。その上で認められたものには実態的支援を行います。

ビジネスプランコンテストのようなただ審査をして賞金を出すというショーではなく、実際に前に進みだすための支援を行います。企画によっては企画立ち上げの最大の支援として最初の取引先になることも可能です。ただのプレゼンやコンテストのためではなく、実際に形にするための支援をいたします。頭の中ではなく、実行に移す志や覚悟をお持ちの方はお立ち寄りくださいませ。

    お問い合わせ:075-344-2544

新しいことをはじめるとき、日ごろの活動、イベントの開催、何か勉強会をするときは一度相談してみてください。飛び込み訪問も歓迎します。できるかぎりの実体的支援をしたいと思っています。
posted by 奥田圭太 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。