2007年10月30日

スーツで移動とは

バリュークリエイト京都オフィスでは、服装は原則自由です。デニムにTシャツなんてことも少なくありません。私も特に何かがあるとき以外はKUNNAに革靴、シャツ、ジャケットということが多いです。

ところが、先週・今週・来週あたりはスーツばかりです。ありがたいことに今まで投資してきたものがビジネス化できるチャンスをいただけるような超大手企業さんとの打ち合わせを複数いただいたり、クライアント先の営業に同行したりということが続いているからです。衣替えしたばかりのスーツ軍団が大活躍です。

そんな中で慣れないことがあって苦戦しています。スーツ姿ということではなく、電車移動です。

企業さんを梯子する日々が続いているので、1日に滋賀〜京都〜大阪〜兵庫をあっちへこっちへと移動しなければいけなかったりするのです。携帯電話で乗り換え案内を何度も検索しながら次のスケジュールへとバタバタと移動しています。初めて行く企業さんも多いので辿り着けるか不安な中で移動しています。電車移動だらけです。

私は、電車で寝ることがとても苦手です。

まず、そもそもとしてあまり乗り物で寝ることができないのです。そうなると手持ち無沙汰満点になります。多くの場合は手帳でいろいろとチェック・整理しているのですが、これもなかなか疲れる作業ですし、何かに気づいても電車から降りるまで電話で対応したりもできないので鬱憤もたまります。気分転換にケータイゲームをすることも多いですが、これも目が疲れます。寝られないのは寝られないでとても疲れてしまうのです。

一方で疲れていて寝てしまうこともあります。ですが、スーツであるということ、この時期乾燥しているということ、そもそも快適でないということ・・・、それらのことが重なってとても疲れてしまいます。疲れを取るはずの睡眠が疲れを増進するのです。

慣れない電車移動が続いていて自分が思っていない疲れ方をしてしまっています。電車内での過ごし方、疲れの取り方を模索中。まずは来週行ければ行きたいリラックス企画に期待しています。
posted by 奥田圭太 at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。