2007年10月06日

第13回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」終了のお知らせ

第13回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」も無事終了しました。2006年2月から始まった「京都発!!勉強会!!」も「びびこむ」としてグレイドアップして初めての会でしたが、無事終えることができてホッとしています。

今回は「金融ビジネスのからくり〜どうしてみんな金融ビジネスをやりたがるのか??by楽天〜」というテーマで行いました。

事前の交流会の中で「チーム対抗戦にしましょう!」というアイデアが出て急きょ本編に導入しました。参加者を「学生のみチーム」「社会人のみチーム」「混合チーム」「混合チーム2」の4チームに分け、グループワークを中心にして、チーム戦で知識量やディスカッションの成果や様々なものをぶつけ合っていただきました。ゲーム感覚が加わったおかげで白熱し、チームメンバーとの交流も深まったようです。これは成功です。

中身としては、金融ビジネスといわれるものにはどんなものがあるのかから始めました。銀行・保険・リース・証券・ベンチャーキャピタル・・・。そしてそれらには実際どんな会社があるのか。ここでは皆さん大苦戦。会社名と思っていたのがブランド名であったり、省略していたために正式名称がわからなかったり、実はそこは金融ビジネスをやっていなくて子会社がやっていたり・・・。私も新鮮な発見もたくさんありました。

そしていよいよ本題。金融ビジネスの中でも「銀行」「証券会社」「ベンチャーキャピタル」のビジネスモデルをディスカッションする中で、いったいどうしてそれが誰もがやりたがるビジネスモデルなのか、どんなビジネスモデルなら誰でもやりたがるはずなのか、いったいどこから収益を得るのか・・・そんなことを紐解いていきました。ここでは「預かった他人のお金を他人にお金を貸して儲けるのが銀行」「株の売買をして儲けるのが証券会社」「ベンチャー企業を上場させて儲けるのがベンチャーキャピタル」というイメージがどんどん覆されていきます。「そんなハイリスクハイリターンなら誰もやりたがりませんよね。」てなことから議論はスタートです。

実はこんな特権があった。あまりに普通すぎて気づかなかったたくさんの収益モデルが金融機関にはあったのです。それを参加者さんとの対話の中で導き出していくのは楽しい講義でもありました。こんなに参加者さんの表情の変化が楽しめる講義は「赤字の会社が何故潰れないのか。黒字の会社でも潰れるのはどうしてか。(第6回)」のとき以来でした。ちょっとした事に気づくだけで、ぱっと目の前が広がる感じです。その表情を見ることができるのは楽しいことです。

次回は11月に第14回「びびこむ」を予定しております。日程は未定ですが、平日夜か土曜日の日中になります。また詳細が決まり次第、告知いたします。なお、最新情報は携帯サイト「びびこむ」でご覧ください。「メルマガ登録」していただけるとなお喜びます。

ついでに「出張講座受付中」と言っておきましょう。ご要望があれば皆さんがされている勉強会の場に出張いたします。お気軽にお問い合わせください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。