2007年10月31日

いくつになっても

本日お会いした方のお話です。この方はバリュークリエイトクライアント先の常務様です。バリュークリエイトチャレンジスタッフのN同席で新規事業のプレゼンをしていただきました。

その新規事業は社長様が発端となっていますが、その立ち上げの戦略から実行全てを常務様が担っておられます。この事業は会社にするだけの価値があるもので、常務様には社長レベルに視点を上げることとこれまで経験していない分野へ取り組むことという大きな課題設定がされています。本日はそのこともあってバリュークリエイトにお越しいただきました。

プレゼン内容をお聞きして、これからプレゼンする対象ごとに言葉の変換、構成の大幅な修正をしていくことが協業となっていくのですが、本日はそのことよりも常務様の姿勢に感銘を受けました。

(1)ド素人にも丁寧に説明してくださる根気強さ
新規事業プレゼンのポイントは相手がまったくその事業を知らないことが前提です。そこでNを同席させ、Nに対してプレゼンしていただきました。普段は同業界の人とお話されているでしょうから、Nに説明するのはもどかしかったと思います。それでもNのため、そして自分のためだと必死で言葉を変え、視点を変え、説明してくださいました。Nもわかってくるにつれてその事業に強い関心を示していったのが横に座っていて手に取るようにわかりました。

(2)年下にもしっかりと頭を下げて教えを請う謙虚さ
今回に関しては私が常務様を指導する立場になります。そのことをしっかりと根幹に据え、しっかりと頭を下げられました。自分の得意とするところに自信を持たれているだけでなく、不得意なところもしっかりと受け止めておられる証拠です。その上で不得意にチャレンジし、更なる高みに上ろうとする方にはこの謙虚さが不可欠です。

(3)年齢に関係なく新たな出会いに対する感謝の姿勢と前向きさ
この事業のことを心から楽しんでおられました。引退の時期が延びたとまでおっしゃっていました。これまでとは違ったビジネスモデル、違ったプロダクト、違った事業展開、そのことにわくわくされているのです。それに出会えた喜びとそれに出会わせてくれた会社への感謝とそれに取り組む中でどんどん溢れてくる活気です。すでに既存事業で成功を収め常務という地位にまでありながら、ある程度齢を重ねていながら、ゼロからのスタートに感謝されているのです。それを楽しもうとされているのです。

仕事に年齢は関係ありません。その中でしっかりと目的を持って取り組まれている人は光り輝いています。「絶対に力になりたい」と私もNも強く思いました。謙虚な姿勢に加えて、今回の事業に取り組めていることを心から楽しんでおられることは表情からも全身からもあふれ出てくるものでひしひしと感じました。いくつになってもそういう人でありたいと我が身を振り返るいい時間でした。
posted by 奥田圭太 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

スーツで移動とは

バリュークリエイト京都オフィスでは、服装は原則自由です。デニムにTシャツなんてことも少なくありません。私も特に何かがあるとき以外はKUNNAに革靴、シャツ、ジャケットということが多いです。

ところが、先週・今週・来週あたりはスーツばかりです。ありがたいことに今まで投資してきたものがビジネス化できるチャンスをいただけるような超大手企業さんとの打ち合わせを複数いただいたり、クライアント先の営業に同行したりということが続いているからです。衣替えしたばかりのスーツ軍団が大活躍です。

そんな中で慣れないことがあって苦戦しています。スーツ姿ということではなく、電車移動です。

企業さんを梯子する日々が続いているので、1日に滋賀〜京都〜大阪〜兵庫をあっちへこっちへと移動しなければいけなかったりするのです。携帯電話で乗り換え案内を何度も検索しながら次のスケジュールへとバタバタと移動しています。初めて行く企業さんも多いので辿り着けるか不安な中で移動しています。電車移動だらけです。

私は、電車で寝ることがとても苦手です。

まず、そもそもとしてあまり乗り物で寝ることができないのです。そうなると手持ち無沙汰満点になります。多くの場合は手帳でいろいろとチェック・整理しているのですが、これもなかなか疲れる作業ですし、何かに気づいても電車から降りるまで電話で対応したりもできないので鬱憤もたまります。気分転換にケータイゲームをすることも多いですが、これも目が疲れます。寝られないのは寝られないでとても疲れてしまうのです。

一方で疲れていて寝てしまうこともあります。ですが、スーツであるということ、この時期乾燥しているということ、そもそも快適でないということ・・・、それらのことが重なってとても疲れてしまいます。疲れを取るはずの睡眠が疲れを増進するのです。

慣れない電車移動が続いていて自分が思っていない疲れ方をしてしまっています。電車内での過ごし方、疲れの取り方を模索中。まずは来週行ければ行きたいリラックス企画に期待しています。
posted by 奥田圭太 at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

チームが作りたい

(極めてまとまっていない雑記のようなものなので「四方山話」に。あと、時事ネタはあまり書きたくないのもあって・・・。深く考えて、それなりに体系づけて説明できるようになったら「言葉津々」にでも書ければと思います。)

昨日、女子駅伝をテレビで見ていました。正式名称は第25回杜の都全日本大学女子駅伝だそうです。優勝したのは立命館大学だったのですが、その立命館の方(おそらくキャプテンだったと思います)の言葉が印象的でした。

駅伝とはみんなでやるものです。でも、一人になったときにできるかがとても大切なんです。だから、自分で考えて自分でしようと「自立」をテーマにやってきました。

そのようなニュアンスだったと思います。駅伝とはみんなでやるものだから全選手(控え含む)が走れる状態にする。絶対に怪我はしないこと。たとえ出場選手が決まったとしても控えでもできることはある。自分にできることはないかと自分で考える。練習も自分たちで考え、コーチたちにはあくまで結果を報告・相談するだけ。あくまで行動主体は自分である。

なんと強い「チーム」でしょう。これこそがリーダーシップでしょう。チームとしてその環境になっていった、その結果が個々の強さとなった。強い人たちを作って集めたのではなく、リーダーシップによって作られたチーム環境が、そこにいる人たちを強くしていったのです。

ここには「組織」とはまた違った強さを感じます。先日お会いした人の言葉をお借りするならば、「マネジメント」による組織の強さではなく、「リーダーシップ」による緩い融合体の強さです。「チーム」という言葉が最もふさわしいように思います。

一人になったときにできるか。役割に甘んずることなくそこを目指せば、その役割もしっかりと能動的に果たすことができるのでしょう。そのとき、全体を見ても部分を見ても能動的な「チーム」がそこにあります。
posted by 奥田圭太 at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

就活セミナー「MyDesign」2

以前にご紹介した「Movement」を開催したDOORSのメンバーが中心となって運営している就活生コミュニティMaterial主催。

Material就活セミナー「 MyDesign 」の告知です。現大学3回生、M1の皆様、ぜひ参加してください。会場でお会いできるのを楽しみにしています。

――――――――――――――――――――――――――――――
1.就活セミナーMyDesign第2回開催決定!
――――――――――――――――――――――――――――――

前回ご好評をいただいた就活セミナーMyDesign第1回に引き続き第2回を開催します。
テーマは『 業界研究 』です。以下詳細をご覧下さい。

『 就活セミナーMyDesign第2回〜業界研究編〜 』

【概要】「業界研究」と「企業研究」、どちら側から始めるべきかは実は、人によってことなります。そしてそれは確実な自己分析を基に決められます。今回は前回のテーマ『自己分析』の復習と今回のテーマである『業界研究』にグループワークと講義を通して取り組んでいただきます。前回参加できなかった方はぜひこの機会にご参加ください。

    <第1部>自己分析Lv.2
    <第2部>業界研究のHow to

【日程】10月31日(水)18:15開場、18:30開始(21:00終了予定)
【場所】キャンパスプラザ京都 2階第一会議室
【アクセス】JR京都駅から徒歩3分
http://www.consortium.or.jp/campusplaza/access.html
【定員】先着限定40名(予約制)
【申込】@氏名、A大学名、B学年を記載し、
    件名を「第2回セミナー参加」として、
    material2009@gmail.com までメールしてください。
【連絡先】material2009@gmail.com
     質問等ありましたら、お気軽にご連絡ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
懇親会のお誘い
――――――――――――――――――――――――――――――
参加した就活生同士が交流を深めるための懇親会を企画中です。
第2回のセミナー終了後に行う予定です。

前回セミナーのアンケート集計を見ると、グループワークに対する
みなさんの満足度の高さが印象的でした。
それだけ魅力的な人たちがセミナーに参加していたからだと思います。

そんないい出会いを深めないことはもったいない、ということで
懇親会を行います。

【予算】3000円〜3500円程度
【時間】21:30〜随意
【場所】京都駅近くの居酒屋
申し込みの際に、「懇親会参加」と記載してメールを送ってください。
【連絡先】material2009@gmail.com
posted by 奥田圭太 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

コンサルティングという言葉

最近教えていただいてなんとなく見えてきたこと、それについて考えてしまったこと。

「コンサルティング」という言葉があります。

日本語としては新語の部類だと思うのですが「専門的な事柄の相談に応じること」という解釈が一般的でしょうか。英語としてconsultを直訳すると「相談・診察・調査」といった類と思われます。

バリュークリエイトはコンサルティング会社だと分類されがちです。事実として自社HPにコンサルティング事業という言葉も安直に使ってしまっている(実は自分たちをコンサル会社だとは思っていなかったりします)私たちがその原因でもありますし、なんとなくわからないものをコンサルティングと言っておけばなんでもありのような風潮が原因でもあるようにも思います。つまり、コンサルティングという言葉はとても広義で曖昧に使われてしまう、便利なようで中身のない言葉なのです。なんとなく流行言葉、なんとなく人気言葉なのです。

そんな言葉をこう定義づければ整理されるのかなというものに出会いました。

業務フローにおいて「企画」「運営(実行)」で区分したときに、企画だけをして運営はしないのがコンサルティング、企画から運営までをやるのがアウトソーシング(その中でも外注・請負といわれるもの)というものです。簡明な定義づけのように思います。そこにおけるコンサルティングとは、よく言えば専門性を持って他社(他者)の専門外の運営を企画力でサポートする、悪く言えば言うだけで何もしないということです。

そんなコンサルティングというものが現代の若年層には非常に人気があるようです。「コンサルしたい」「コンサル会社に入りたい」と言う学生をよく見かけますし、実際そういう方々がバリュークリエイトに訪れたりします。ですが、話を聞くとその言葉の意味を自分なりにでも定義づけられている人は極々わずかです。どちらかというと便利言葉として使われているに過ぎません。

そこに潜むものに怖さというか気味の悪さを感じています。

悪い意味を痛烈に感じるのです。「言うだけで何もしない」です。考えることばかりに頭が行っていて実際には結局何もしないという傾向です。自分が責任を持って自分が実行するということへの逃避、自分で実行するのが怖いから企画だけをするというように感じてしまうのです。冒頭に出てきた辞書による「専門性」も有しない学生が、相談を受けるだけという安易なものに流れてしまっているように感じてしまうのです。

自分の強みや専門性を明確に有しないときは、動くしかないと私は考えます。PDCAで言うならばPはCのあとです。まずDoです。Doを積み重ねる経験の中でCheckして、強みや専門性を見出していき、そのときにはじめてPlanの意味があるのです。そこに至ってPDCAです。Doから逃げていては決してPlanができるようにはなりません。

頭の中の勝手なイメージや机上の理論だけでは人もモノも動きません。そんなPlan(企画)は本質的なものではないのです。Do(実行)が前提とされていない企画はただの紙切れです。そこに専門性や経験に裏づけされたもの、それまで積み上げてきた信頼などがあってはじめて企画は本質的な価値を持ち、実行へと自然とつながるのです。

実行から逃げている限り、何も生まれません。実行してみて、やってみてやってみて初めて見えてくるものがあるのです。がむしゃらに必死になって汗をかいて苦しんだ先に見えてくるのです。その見えてくるものが大切であり、その見えてきたものが他社(他者)にも付加価値を生み出すとき、「コンサルティング」できるのです。
posted by 奥田圭太 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

起業塾なるもの8回目

起業塾なるものの第8回が無事に開催できました。
第1回の様子は→コチラ。第2回の様子は→コチラ。第3回の様子は→コチラ。第5回の様子は→コチラ。第6回の様子は→コチラ。第7回は私は出席できなかったのですが「ビジネスプラン策定」「成長ステージと成長戦略」「インターネットビジネス戦略策定マップ」でした。

本日のテーマは「成長戦略のおける内部戦略と外部戦略」「M&Aと株式公開」「株式公開市場」でした。

今回は私も知らなかった話もどんどん出てきて、完全に受講生気分で参加しました。ベンチャー企業の資金調達ということについて視野が広がりましたし、社会の事象・自分自身の位置づけについてもすっきりすることがたくさんありました。

風邪が流行っていて欠席者が続出してしまったのですが、参加者の意識は高く、全員が質問や意見を出すことができた初めての会となりました。社会事象が浮かびやすく、関心を持ちやすかったこともあるのかもしれませんが、参加意識をはっきりと感じましたし充実感もありました。

講師の先生と最終打ち合わせもさせていただいたのですが、次回11月9日(金)で講義としては最終回です。その後、別途最終塾日を作って、最後のまとめと懇親会を開催したいと思っています。今後の方向性についても打ち合わせもさせていただいたのですが、第2期生募集についてはそのときの参加者からのフィードバックも聞いてから考えます。
posted by 奥田圭太 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面談終了〜結果発表へ

以前に募集した「コンサルアシスタント(→コチラ)」「チャレンジスタッフ(→コチラ)」なのですが、ご応募いただいた全員との面談を無事終えることができました。

※なお、チャレンジスタッフは引き続き募集中です。詳細は→コチラ

まず驚いたのはあの程度の募集情報でバリュークリエイトのような「在り得ない会社」「何をやっているのか分からない会社(笑)」に飛び込んでくる学生さんがたくさんおられたことです。私の面識ない人ばかりです。そこには大きく分けて二つの要素がありました。

(1)信頼関係のつながり
以前からお付き合いのあった人たちがこのブログを見て自分の信用で複数のところに声をかけてくださっていた。私に対するその人の信用がその人の信用を通じて伝わった、ということです。
(2)勇気のある学生はいる
飛び込む勇気が今回申し込んでくれた学生さんたちにはあったということです。まず話を聞こうというスタンスでまず行動に移せる人たちです。視野が広がるチャンスと成長のチャンスを捕まえることができる人たちです。受動的ではなく能動的に自分を持っている人たちです。(関連コラムがあります→コチラ)今回申し込んでくれた学生さんの全てが無償でもやりたいという人たちでした

全ての学生さんにその方が求める情報の全てを提示しました。また3つの形態から自分の求めるものを選んでいただくことにしました。

(1)一つの案件に集中するケース
今回で言うとコンサルアシスタントです。(たとえば、募集要項は→コチラ※募集は終了しました)一つのクライアント・一つの案件に関することだけ、それに関わる時間だけ就業し、成果を出すべく協業するものです。掘り下げて取り組むにはいいでしょう。
(2)分野問わず何にでもチャレンジするケース
いわゆるチャレンジスタッフです。(募集要項は→コチラ※引き続き募集中)これはオフィスに定期的に来て、そのときに走っている、その場で起こっている案件・事象に対応していただくものです。多くの人に出会い、多くの分野に出会い、多くの実体験に触れることができるもので、まず視野を広げたい人にはいいでしょう。
(3)自分の来たいときにだけ来て、したいことだけしてみるケース
いわゆる「学生会員」とバリュークリエイトでは呼んでいます。(募集要項はありません。※常に募集中)京都オフィスに自由に出入りできる学生さんのことです。オフィス内で学校の勉強をするもよし、所属団体のことをするもよし、興味があればオフィスにいる人の仕事を手伝うもよし。様々な人に出会い、現場を肌で感じるにはいいでしょう。

その上で意思確認をし、全ての方の正式なお申し込みを確認できました。今週中に結果を出し、その中の何人かの方にジョインしていただくつもりです。

お申し込みいただいた皆様、あとしばらくお待ちくださいませ。
posted by 奥田圭太 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

時迫れり

隣の席ではI君が、少し離れてバリュークリエイトチャレンジスタッフ兼IT担当のN君が烈火のごとく激しく働いております。私もついさっきまで激しく動いておりました。今は技術的にできることも少なく、一人申し訳なく落ち着いております。

その連絡が入ったのは午後2時半のことでした。

とあるイベントとイベントの架け橋となるべく、急きょ本日夜までにひとつのWebHPと携帯HP(別サイト)を立ち上げなくてはいけなくなりました。立ち上げることは以前から決まっていたのですが11月1日OPENの予定にしていました。それが他のイベントの兼ね合いで本日必要となったのです。

それからハイスピードで動いています。必要なデータとソフトを調達し、原稿内容の打ち合わせや文言作成、更には役割分担しての作業です。私、I君、N君の共同作業です。三人ともひたすらパソコンに向かい(私は途中コンサルアシスタント面談もありながら)カチャカチャカチャカチャという音だけが鳴っていました。

先ほど、申し込みフォームや画像の処理はほとんど完了しました。携帯HPは先に立ち上がりそうで仮UPも終了しています。あとは携帯HPの最終作りこみとWebHPの立ち上げです。「やるときゃやるのさ」とフル回転です。

目標時間は午後6時半完成。時、今まさに迫れり。
posted by 奥田圭太 at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

募集締め切り&募集継続

先週に「緊急募集したコンサルアシスタント」ですが、数名の方からお申し込みいただきましたので締め切りたいと思います。急ぎの案件でもありますので今週中に面談を済ませて、その中からアシスタントになっていただく方を決定したいと思います。思っていたよりも早く、複数の方からお申し込みいただいたことに驚いています。このブログだけの告知だったので正直誰も申し込みがなければ一人でやるか〜くらいに思っていたので有難いことです。

なお、ずっと募集を続けております「チャレンジスタッフ」につきましては引き続き募集しております。少しでもご興味のある方は、お気軽に一度お問い合わせいただければ幸いです。

以下、チャレンジスタッフ最新募集要項です。

<やっていただくこと>
新規事業展開に関するあらゆる方向にチャレンジしていただきます。
(1)学校法人(大学)への情報提供活動
(2)一般法人(企業)へのコンサルティング活動
(3)支援大学生たちのイベント応援
(4)バリュークリエイト主催もしくはコンサルティングイベントの企画・運営
(5)経理・総務(支援先含む)
(6)京都オフィスの管理
(1)(2)についてはしばらくは一緒に行い、単独でできるようになってもらえるまで教え込みます。(3)は現在進行中のものに積極的に関わっていただきます。(5)は月に1日程度です。
これら全てに一度チャレンジしていただき、ご自身のキャリアや方向性を定めていただきます。ご自身の何かが固まったときは再度協議の上、やっていただくことを変更します。

<待遇・勤務条件>
勤務期間:1年以上チャレンジできる方。週2日以上、月10日程度勤務可能な方。
勤務時間:午前9時〜午後5時をベースに話し合いで決めます。
勤務地:京都四条烏丸。市営地下鉄「四条」阪急「烏丸」よりすぐ。
給与:時給1,000円程度で応相談。話し合いで決めます。

<その他当然事項>
年齢・性別不問(もちろん学生さんでも大歓迎です)。
バリュークリエイトのパートナーたちの想いに共感して、実際にそれを行動に移せる人。一緒に何かを創っていける人。

以上です。

お申し込みはこちらにコメントをいただくか、私宛にメールをください。折り返し面談日程等をご案内いたします。
posted by 奥田圭太 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

学生さん向けバリュークリエイトからのご提案4

バリュークリエイトは学生の活動を支援しています。といってもマスで支援をしているのではなく、個々の学生さんや学生団体、学生ベンチャーに対して出逢いや縁を通じて実体的に支援しています。

学生の皆さんにはバリュークリエイトにどんどん要求するように伝えています。
学生の皆さんにはバリュークリエイトをうまく使うように期待しています。

目的は、社会人のフィルター(知識・知恵・人脈)を使うことで学生が直接するよりも効果的にできることがたくさんあるということを知っていただいて、学生が学生の枠で小さくまとまるのを防ぎ活動の幅を広げていただくことです。

提案4:バリュークリエイト京都オフィスを会議室としてご利用ください。

バリュークリエイト京都オフィスのコンセプトは多くの「起業をしている(目指す)社会人」「キャリア形成中の若手会社員」「何かに燃えている学生」が集う『8階のスタバ』です。そこで、社会人や学生の方に無料で開放しています。

「アパートの鍵を貸します」さながらです。京都オフィスは決して広くはないですが、10名程度の会議であれば十分に行えます。机も椅子もありますし、京都のビジネス街ど真ん中で地下鉄四条駅・阪急烏丸駅からすぐと非常に便利なところです。京都の方ならどこからでも、大阪・神戸の方でも阪急電鉄を利用すればアクセスは容易です。

京都オフィスの様子は以前のブログ「京都オフィス公開」をご覧ください。(→コチラ

学生さんからミーティングする場所に困るというお話をよく聞きます。そこで、バリュークリエイト京都オフィスを会議室としてお貸しします。学生団体のミーティングやイベント打ち合わせ、他団体との交渉にお使いください。10名までであればそのままお使いいただけます。それ以上になる場合は別途ご相談ください。

    お問い合わせ:075-344-2544

新しいことをはじめるとき、日ごろの活動、イベントの開催、何か勉強会をするときは一度相談してみてください。飛び込み訪問も歓迎します。できるかぎりの実体的支援をしたいと思っています。
posted by 奥田圭太 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。