2007年09月23日

京都音楽博覧会IN梅小路公園

晴れ時々曇り時々大雨。広々とした芝生公園に所狭しと人が集まって、スタンディングするしかないような状態。野外フェスにはけっこう行っている方だがここまで人で埋まっている感があるのは初めてかもしれません。途中、雨に打たれて逃げ場もなく皆さんびしょ濡れ。それでも誰もが最後まで残って一日を楽しんだ良質なフェスティバル。

ふちがみとふなと 
未見。到着しておらず聴けず。
Liadan
未見。到着のときに女性のクリアな歌声が・・・。 
大工哲弘&カーペンターズ
未見。降り出した雨が収まらず撤退。琉球民謡の音だけが・・・。 
Jason Falkner
未見。撤退中につき聴けず。
cocco
既聴。生初見。後半はまさに今だから歌いたいのであろう曲のラッシュ。沖縄民謡やカントリーで軽やかに歌い上げながらもメッセージが強く、安直ではない深い深い思考を搾り出すような歌声。最後の曲(現在沖縄限定の新曲)は、今聴かせたいというCoccoの思いと真剣にそのメッセージに耳を傾ける聴衆の融合した優しさと緊迫のひととき。
小田和正
既聴。生初見。ギターと声だけの奇跡。生声を聴くだけで鳥肌が立つような素晴らしさ。60歳還暦を迎えても歌詞があやふやでもそこにぴんと立つ歌声は必聴。生で観る機会を得られたことに心から感謝。くるりの二人とのセッションもまたお得感。雨に打たれることに吹っ切れた瞬間。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
未見。ルーマニア出身。あとから知ったのですがジプシーミュージックと言うらしい。大好きな映画「黒猫白猫」の世界を思い出すような身体が自然と踊りだす音の重層重奏。重なり合う音とリズムで朝まで踊れるような気分にさせてくれます。大雨の中、一曲一曲と踊りだしてしまう聴衆増加。最後は大歓声と大舞踏会。
くるり
既聴。生既見。私の知る限り、くるりのベストアクト。ほとんどの曲に新鮮なアレンジが加えられていて今日しか味わえないに違いない曲の数々。雨も上った京都の夜に美しいストリングに優しいベース、様々な声や音が絡まりあい岸田さんの歌声が沁み渡ります。くるりが今日に込めた心が沁み渡ります。雨上がりの身体に沁み渡ります。短いけれど至高のとき。

雨を嫌がっていたのが馬鹿なことのように、雨を楽しむことに吹っ切れたとき全てが輝いて見えました。「アホにならな損!」です。ずぶ濡れになることで何もかもがどうでもよくなって、思い切り音楽にだけに身を委ねられたのです。あいにくの雨、そのおかげで新しいものを感じました。そこに来てくるりのベストアクト。世界旅行をしながらどこかの中を流れているようなそんな夜でした。

■公演内容
京都音楽博覧会IN梅小路公園
出演/ふちがみとふなと Liadan 大工哲弘&カーペンターズ Jason Falkner 
    cocco 小田和正 タラフ・ドゥ・ハイドゥークス くるり
会場/京都梅小路公園・芝生広場 
日時/2007年9月23日(日・祝)11:00開場
料金/自由 6,800円
posted by 奥田圭太 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業のススメ

起業とは、国語辞典によると「新しく事業を始めること」とあります。最近ではここが忘れ去られ「起業=会社を作ること」と勘違いされがちです。起業家精神(アントレプレナーシップ)というものは、組織の外でも組織の中でも十分に発揮されるものです。外に出ることが起業家精神ではありません。

組織の中で起業家精神を持ってその能力を発揮する人を「インターアントレプレナー(もしくはイントレプレナー)」と言うそうです。

企業経営にはヒト・モノ・カネ・情報の4つが必要であるというのはよく言われることです。ゼロから会社を立ち上げるときこの4つが不足しているという課題に当たり前のように直面します。逆に言うと会社を作るということはその4つを最低限しっかり備えてから(あるいは備えられる計画が妥当性を得てから)行われるべきなのです。とりあえず会社を作るでは取引先に対して失礼ですし、会社を安直に作ったり潰したりすることは社会に対して失礼です。制度上、会社設立が容易になったことはそういった失礼をたくさん生んでいるように思います。

さて、ここに「社内ベンチャー」という言葉があります。

企業が社内で新しい事業を立ち上げることはよくあることです。そこでは既存事業におけるヒト・モノ・カネ・情報を基盤として新規事業を立ち上げることができるのです。これも紛れもなく起業です。もちろんそれに取り組む人間が必要となり、その人間には起業家精神が求められます。そして単体としても基盤を勝ち得たとき、分社などの形によって独立をしていきます。これは非常に強い起業の仕方だと思います。

企業が成立するには社会的価値が不可欠です。逆に言えば社会に存在価値が認められているから会社は成立しているのです。自己満足では会社は成立しないのです。起業とは何も一人で始めることではありません。ましてや会社を作ることから始まるものではありません。個人の面子から作られるものでは決してありません。

新しいことを始めたいと思っている企業はたくさんあります。企業は変わり続けなくてはいけません。それを任せられる人を求めている企業はたくさんあります。そしてそこにはまさしく起業があるのです。

起業とは会社を作ることではありません。新しい事業を始めるという起業にはさまざまな形があり、社会的価値あるものを確かに社会に届けるためにはそれに適した手段を選択すべきなのです。

起業家支援や学生支援とは、会社を作ることを支援したり就職することを支援したりすることではなく、適した手段を選択するために必要なきっかけや考え方を啓蒙することにあるのです。
posted by 奥田圭太 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。