2007年09月12日

中村勘太郎・中村七之助 第3回錦秋特別公演2007

歌舞伎初見者3名と観劇。初心者には少しつらいかもしれない長唄囃子三連発。テーマはよく似ているが味わいは3つともあまりに違う印象。まさに演じ手がそのまま出てしまった会。

『吉原雀 長唄囃子連中』
勘太郎さん女形、七之助さん立役。やはり七之助さんの立役には違和感が残ります。線の細さもありますが、コミカルさや柔らかさが全く現れないその真面目さにあるのでしょうか。前半の二人の踊りの域はぴったりなものの、チャレンジ感が勝り行ききらないまま終了。

『芸談』
中村勘太郎さん、七之助さんのトーク、質疑応答。歌舞伎を味わいに来た人間には不必要なコーナーに思えましたが思いの外これを楽しみにされていたお客様が多くてびっくりしました。とはいえ、私の隣席の方の質問への勘太郎さんの回答が秀逸。「女性を真似することは余りありません。女形は女形という別の性別だと思っています。」これは過去に芸妓さんからも聞いたことがあります。舞踊を書いたのは男性、その男性が描く女性であり男性が求める女性像がそこにある。なので演じるには女性に聞くのではなく男性に聞くほうが奥が深い。と。

『俄獅子 長唄囃子連中』
中村仲之助さん、仲四朗さんの回。普段は前に出ないお二人の披露会のような様相。やはり華やこなれた感じがなく、生真面目で丁寧な舞踊でやや応援をしながら見ているまま疲れを残して終了。

『男女道成寺 長唄囃子連中』
道成寺シリーズ。勘太郎さん立役、七之助さん女形。得意な分野で本領発揮。ともに踊りのキレ良く、なによりも二人の踊りや足音が要所要所でぴたりと揃い、お二人ならではの喜びが味わえました。最後はお二人の立ち美しさで終了。
前二つは内容もわからず疲れ気味の三人も、最後の最後でそのキレと色彩美に満足をしたようでした。

■公演概要
中村勘太郎・中村七之助 第3回錦秋特別公演2007
『吉原雀』『芸談』『俄獅子』『男女道成寺』
出演/中村勘太郎 中村七之助 中村小山三 中村仲二朗 中村仲之助
    中村いてう 中村仲四朗 中村國久 中村獅一 
会場/なら100年記念会館 大ホール
日時/2007年9月12日(水)14:00開演
料金/6,800円
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I君成長記録3〜絵〜

昨日は支援先のI君の卒業式でした。Sによる3ヶ月間のコーチング、キャリアデザイン講座を修業したのです。その発表会として最後に私とSの前でプレゼンをしてもらいました。

プレゼン内容は、自分のキャリア中長期計画を絵に描き、それを発表・解説するというものです。

ここ数ヶ月のI君の成長は目を見張るものがあります。定期的なコーチングにより目標を見つめなおし、毎日その目標に目を通しては仕事に取り組んでいました。実際に目指すべき成果を出してきていました。京都オフィスにはたくさんの若い人たちが顔を出します。そんな自分よりも年下の人と接することで少しお兄ちゃんになったようにも思います。今まで一番年下で助けてもらう立場だったのが、他人の面倒を見ようという姿をよく見かけました。また尊敬する人にも出会い、誰かの役に立ちたいという思いを生まれているようです。明確な目標とする人がそばにいることはいい刺激のようです。好きな人もモチベーションになっています。

そんなI君のプレゼン。プレゼンスキルという意味では稚拙そのものでした。まだまだ人前で話すということには慣れていません。「改めて」ということにすごく照れがあったように思います。そして、内容。内容はかなりスッキリとしたものでした。関心事のコアな部分が明確に浮かび上がり腹を据えています。それを基盤にしてどうなっていきたいかを下手くそながらも1枚の絵におさめています。そこにも成長を感じます。

また、その絵は意識的に書かれていますが、そこには無意識がたくさん詰め込まれているように私には感じました。私はその感じたものを彼にそのまま伝えました。そこには彼の成長と課題がたくさんありました。そしてそれは彼が不可視だったことです。卒業式で彼は明確な課題設定と明確なビジョンを持つことができたのです。これぞ卒業です。

それにしても「絵」というものは無意識なものが浮かび上がってくるようなところもあって非常に面白いものです。改めて絵に関心を高める機会にもなりました。

posted by 奥田圭太 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。