2007年09月08日

インターン終了

昨日で立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムにおけるインターンシップ生Y君の受入れ期間が終了しました。彼と初めて面接したちょうど1ヶ月ほど前のことが思い出されます。そのときにインターンの課題も設定しました(そのときの模様は→コチラ)。それは「バリュークリエイトのホームページの設計図を作成せよ。(バリュークリエイトをコンサルせよ。)」というものです。

それから8月27日が初出社、2週間のインターン期間でした。そして、昨日、彼は私に対して課題解決の提案書を提出しました。それは見事なフォームで作られたPDFで、パソコンスキル・文書作成スキルに驚きを覚えました。私にはできない立派な文書です。

とはいえ、そもそも面接したときから「まだまだ」なY君でした。また過程を見ていてもずっと課題解決には至らないと私自身は確信していました。期待していたのは、アウトプットではなく彼の変化だったので、あえて口を出さずに自由にしてもらっていました。マネージせずにあえて見守っていたのです。ですからアウトプットは想像できるものに過ぎませんでした。

しかし、大事なことはそこからです。彼と1時間半ほどゆっくりと振り返りを行いました。何故私が私がマネージしなかったのか、何故課題解決には至らないと確信したのか、何故今回の提出物が課題を解決できていないのか・・・。そこには彼がすでに気づいていたこと、気にはなっていたが言語化されて明確になったことが満載で、彼の今回のインターンで受け止めたカルチャーショックの数々です。何故人は動くのか!!物事の根幹は何か!!それは誰のためなのか!!

「まだまだ」のY君が何に気づき、何を変化させ、どんな付加価値を手に入れ、どんな付加価値を周りに提供したのか、それを振り返るレポートを提出してもらうつもりです。それはきっと彼の根幹になることでしょう。

Y君が行動に移すべきことは・・・、来週から始まる次のインターン先で気づきを発揮すること、後輩たちに自分が得た気づきを伝えること、です。
posted by 奥田圭太 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男だって〜♪

最近やたらと男性の涙を目にします。それは私が起爆剤であったり、偶然遭遇したり、様々です。「男が人前で泣くなんて」という言葉が聞こえてきそうですが、私は人前で「きちんと」泣けるということはなかなか素晴らしいことだと思います。そこに「本音」や「覚悟」がこもっていると感じるからです。

本日はまさにその典型的な例に触れた日でした。というか、皆さん泣きすぎです(笑)重なるときには重なるもので、その中の二人を取り上げてみたいと思います。

その二人の共通点はまずは身分。ともに「学生」であるということです。そして二つ目の共通点として涙を流した理由が挙げられます。二人とも「自分自身の不甲斐なさ」に「気づき」こらえきれずに涙したのです。

一人は自分がいかに他人に甘えていたかに気づきました。自分が楽なほうへ楽なほうへ行っていて、自分でもベストな選択肢があることにうすうす気づきながら他人が与えてくれるものに乗っかっていたのです。そのことに第三者から指摘されるまでどこかに違和感を覚えながらも辿り着けなかったのです。そしてそのことに辿り着いた彼は涙を落とします。それは甘えさせてくれていた人に対する感謝と気づかせてくれた人への感謝の涙です。いかに自分を助けてくれる人がいるかを知った喜びの涙です。

一人は自分がいかにできないかに気づきました。自分ができるだろうと思っていた課題が全くできないことで、自分の器や能力を過信・誤認していたことに気づいたのです。哀しいかな、カルチャーショックと自信の大崩壊です。哀しいかな、頼るべき先が崩壊していくのです。残るものは不安です。ですが、彼は若くして気づくことができたのです。自分を測れないままにただ上を目指すのではなく、若くしてギャップに気づき、そのギャップを埋めるための課題を見つけることができたのです。そのとき彼は涙を落とします。それは自分の小ささに対する悔しさと大きくなろうとする意志の涙です。新たな明日を見つめる涙です。

気づきとはまさしく一瞬にどばっと押し寄せてきます。そのインパクトはとても大きく、自身を内側から揺さぶってくれます。そこから生まれる涙は決して恥ずかしいものではなく、その気づきをどう行動に変えていくかなのです。

二人の最後の共通点がそこにあります。彼らは明日から行動をするのです。それが気づきへの唯一の恩返しです。
posted by 奥田圭太 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

支援先一覧表の活用方法

バリュークリエイトのホームページがあります。
      http://www.vcreate.jp/
現在リニューアルに向けていろいろと考えています。

そんな中、現在のホームページで一番活用されているであろうページが「支援先」となっているページです。
http://www.vcreate.jp/support/index.html
といっても、活用しているのはそこのページに載っている人たちで、一般の方々にそれほど支持されているページかと言われれば甚だ疑問です。そういう意味で、このページは載っている人たちのために作られたようなページです。

そこに載っている人たちは、バリュークリエイトの活動で広がっていっている「人の輪」です。「第3の視点」「共有」というバリュークリエイトの掲げるものに共感・共鳴してくれて『知識・知恵を共有・継承するための人財の輪』を築いていってくれている人たちです。

何故そんなに活用されているのか、何がそんなに便利かというと、私にとってはお気に入りリンク集なのです。一日に一度、リンク先にさっと目を通すのですが、このページに来ればすぐに全部をチェックできるのです。ここまで来るとまさに自分のために作ったようなページになってしまいます。

このページは構成の変更はあれども何らかの形でリニューアル後も残ると思います。そして、このページの輪の拡大こそがバリュークリエイトの価値なのだと思います。

求む!!リンク希望者!!被リンク希望者!!
posted by 奥田圭太 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

京都オフィスから見える風景

台風が近づいているようで空模様は決して晴れやかではありません。そんなときにも一瞬の幸せを見せてくれるときがありました。

虹です。

DSCF0816.JPG

思わずパシャリ。

曇り空にもかかわらず、日が落ちる直前にもかかわらず、短い時間の出来事です。今はもう暗くなってしまっています。

京都オフィスは、京都としては高い8階で周りの建物にあまりさえぎられていません。窓は大きく、南向き。ふとした瞬間に自然を感じることができます。
posted by 奥田圭太 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」携帯サイトOPEN

携帯サイト完成!!

http://www.vivi-com.mobi/


びびこむは、「東京で頻繁に行われているような、社会人になっても活用できる学生向けの交流会や勉強会が関西には少なすぎる!」という単純な想いから、2006年2月より「京都発!!勉強会!!」という名の通り、まさ に京都からスタートした学生向け交流会・勉強会です。(2007年6月より名称を"vivid communication"通称「びびこむ」に変更)

開催当初は、学生が関心の高い就職活動の情報交換や収集の場として始まりました。
回を重ねるごとにそこに参加する社会人も、起業家はもちろん、中小・ベンチャーから大手企業、さらには外資系に公務員、業種は金融・商社・人財・広告・旅行・コンサルに至るまで、社長からトップ営業マン、コンサルタントにエンジニアまで幅は広がり続け、学生にとってさらに有益なコミュニティーとして認知されるようになってきました。

詳しくは過去の取り組みをご覧ください。
http://white-base.seesaa.net/category/1092267.html

今年の2月に発足から1周年を迎え、ありがたいことに今では毎月1回の開催で毎回30名〜40名程度の学生・社会人の方にご参加いただけるまでに成長しました。
今後は、京都のみならず関西全域を対象に、以下参加要件を満たす方々とともに、大学・学部・団体にとらわれることなく、『知識・知恵を共有・継承するための人財の輪』を拡大したいと考えています。

是非、ご興味をお持ちいただいた方はこれを機会にご参加下さい。心よりお待ちしております。

参加資格
(1)京都四条烏丸での開催がメインとなりますので、距離的に参加が可能な方
(2)就職活動に少し悩んでいて、情報交換や知識吸収をされたい学生の方
(3)最近の社会的出来事に興味関心のある学生・社会人の方
(4)学生に触れ合うことは自分にとっても非常に価値があると理解している社会人の方
(5)京都を中心とした関西から何かを発信していきたい意欲のある方
(6)交流会・勉強会参加に必要な参加費「100円」をお支払いいただける方

★Vivid Communication(びびこむ)の意味
Vividには「色鮮やか・生き生きとした」という意味があります。
Vivid Comnunicationでは、色鮮やかな個性を持った人達との交流を通じて、個人・びびこむ全体が生気あふれることを目指しています。

2007年09月04日

第13回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」

第13回「びびこむ」を開催いたします。
正式には第13回「京都発!!勉強会!!」改めリニューアル第1回「びびこむ」です。

今回のテーマは「業界のことをちょっと知ってみましょうVol.3」です。
※就職活動生、これから就職活動を始める人も大歓迎。業界研究にお役立てください。

ずばり「金融ビジネスのからくり〜どうしてみんな金融ビジネスをやりたがるのか??by楽天〜」です。

楽天、ライブドア、セブンイレブン、GMO、ソフトバンク、ドコモ・・・金融ビジネスに進出する企業は後を絶ちません。何故みんな金融をやりたがるのか?きっと金融には何かものすごいおいしいところがあるに違いない。そこのところを証券会社・ベンチャーキャピタル・銀行などのビジネスモデルをものすごく簡単に検証しながら読み解きます。

日時は10月6日(土)14:00スタート。60〜90分程度です。 その後は思いっきり自由に交流して帰ってください。

「世の中知っておいて損なことはない!」というコンセプトの下、様々な業界の人に、業界に入ってから知ったこと(知識)をレクチャーいただき、その業界で働くアツい想いを語っていただこうと思います。何故働くのか、どうしてその業界、その会社で働くのか・・・。

目的は
(1)ちょっとした驚きと発見で新しい知識を身につける
   様々な業界・様々な事柄に関心をもつ気づきにする
(2)アツい想いを持って働いている人の話を聞いて、働く意味を考える
です。

聞きたいことがあれば、是非思う存分聞きまくってください。皆さんの中にちょっとした驚きと新しい発見があれば幸いです。

また、当日は、金融業界・不動産業界・人財業界・広告業界・医療業界・・・等の様々な社会人・内定者も参加します。いろんな業界のいろんな人の話を聞きまくって帰ってください。

■勉強会概要
第13回 「びびこむ」
日時  2007年10月6日(土)
     13:00〜 事前交流タイム
     14:00〜 勉強会
     15:30頃 終了予定→その後は自由に交流会
会場  京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。
※今回はいつもより参加募集人数が少ないのでお早めに。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

お母さん

今日は別件の近くということもあって前職のときのお母さんとも言うべき人に挨拶に行ってきました。この方も病弱なところがあり、うちの母と共通点も多く、うちの母にもアドバイスを下さっていました。退職後もずっと気にかけてくださり、京都オフィス開設のときはお祝いの電報まで下さった、子供をとても大切にする人です。

およそ2年ぶりに面と向かってお会いしました。嘘偽りなくお年を召しておられました。誰よりも愛嬌のある、愛情溢れる笑顔は何一つ変わっておられませんでした。

実はこの会社様は前職のときに半年から1年間という短い期間だけ担当させていただきました。まだ社会人2年目だった私は社長様ご夫妻にたくさんのことを教えていただきました。その感謝もあって私の中でもお二人が消えたことはありません。そんなお二人が2年ぶりの私を下の名前で呼んでくださったことは喜び至極です。「奥田圭太やろ?」そこに個人としてきちんと見てくださっていたお二人の愛情をひしひしと感じたのです。

突然の訪問で、非常にお忙しそうに仕事をされていてホッとしました。家族経営の真骨頂である、息子さんご夫妻、お孫さんまで職場に顔を出していて、一つの幸せの形を見たように思います。

決して長いお付き合いではありませんでした。ですが、きちんとお付き合いできた自負が沸きあがってきます。今からまたお付き合いが始まるのです。応援したい、応援されたい、そんな家族のような人なのです。
posted by 奥田圭太 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

まさに!

昨日「ブログが書けない」けど「書く決意」といった感じのことを「たまるたまる言葉がたまる」で書きました。その直後にふらふらとネットを見ていて、私がブログを始めたきっかけの一人でもある株式会社マイネットジャパン上原社長のブログに辿り着きました。

そこには「ブログが書けない件」とあります。
http://ceonews.jp/archives/2007/08/post_256.html

やや参照しながら。

>時間がないと言えばそれまでなのだが、なんか気分的にもブログが書けない。これはブロガーにとって死活問題である。
>ほんと言うと、ブログを書かない日が続くとなんか酸素が足りないような息苦しさを感じる。感じるのだが手がブログに向かわない。

まさにその気持ちです。私は自分をブロガーだとは思っていませんが、第三者というものにブログを書き、自分の整理のためにブログに向かっているため、何か足りない感が続きます。

>私の場合はブロガーという個体である姿を残しつつ法人組織の長をやっていたりするもので、これってのは「究極の個人」と「組織人の極」を脳内に同居させる行為なため、時々たいへんしんどくなる。まあ普通に社長ブロガーなるものになるのもいいのだが、あの読んでる方から見て客観性ゼロ感(あくまで一般論)みたいなものが漂う姿になりきったときにはたぶんブログ嫌いになってしまいそう。ああそうか、最近自分のブログがほぼそれっぽいものになってるから気分的にブログ書きたくなくなっていたんだ。よーし、もうちょっと個人として思っていること書こう。

これもまさに!これに関しては共感と感謝です。自分の言葉にできなかった思考をまとめていただいています。個体である姿「究極の個人」と法人組織の長「組織人の極」同居性の葛藤です。

いつの間にか組織が大きくなるにつれて「バリュークリエイト」や「法人組織の長」というものに縛られていたのかもしれません。

>このブログは、「奥田圭太」が主体で、それがたまたま「バリュークリエイト代表取締役」であったりするだけのこと。確かに、起点はVCだと思いますが、今ではその枠を超えていると思います。そもそも、「起業した男の想い」ですから。

というのは以前にtamaさんからいただいたコメントです。まさに原点。個人として思っていることを堂々と提示し、個人として責任を持って接していけばいいのです。書こう。まずは書いてから考えます。(昨日と同じオチ)

posted by 奥田圭太 at 09:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

たまるたまる言葉がたまる

書きものがたまっています。普通のただ体裁を整えるものから正式に依頼されているもの、吐き出したいもの、形に残しておきたいもの・・・。このブログもその一つです。

書かないとそこにあった言葉たちを逃してしまいそうな危機感があります。一方で直線的過ぎて書くのが怖かったりもします。もっと正確に言うならば、書いたものを残す、あるいは他者の目に触れることに対して気が引けています。そう思っていると無地の紙やパソコンに向かって書き出しては3割くらいいったところで手が止まり、挙句の果てには全てを消去してしまいます。

話をこのブログに限定するならば、その多くが「言の葉の墓場」へと葬られています。「言葉津々」というカテゴリはそのために作ったようなものだったのですが、そこさえも通り過ぎてしまっています。

「言葉津々」は、ある特定の人(たち)に向けた手紙が基本となっています。ということは、現在の状態は手紙を書くのを躊躇している状態ということになります。しかし、実態は違います。多くの手紙はすでに届けてしまっています。それも往往にして乱暴な言葉で届けられています。それを昇華してきちんとした言葉にできないでいるのです。

実はこのカテゴリが、書いた後の反応が一番多いカテゴリです。振り返るに飲んだあとに酔い覚ましに書いている自分が浮かびます。酔った勢いだから恐れを知らずに書ききってしまえるということでしょうか。きちんとした言葉を是とするのか、多少暴力的でも残すことを是とするのか。まずは書いてから考えます。

そんなわけで(夏だからという言い訳もありますが・・・)ここのところ「本・映画・舞台・ライブ」のブログみたいになっていましたが、明日より毛色が変わる予定です。
posted by 奥田圭太 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RUSH BALL 07

曇りと信じていったのに嬉しいのか哀しいのか快晴。じりじりと焼けるような中での砂埃。通路も狭く、かなり体力を消耗するイベントになりました。とはいえ、ノリのよさ、人数はさすが。

モンバス1日目2日目とメンバーが近いこともあって記録のみ。

初ミドリだけちょこっと。
ベースの人が変わったら間違いなく売れると思います。ライブ終了に近づくに連れて小さなステージに人が集まってきて、終了後にはあちこちに「すげー」という声が。取っ掛かりはかなり奇抜で、それが売りのように一見思えるが、かなりよく考えられたボーカルさん、ドラムさん、キーボードさん。ベースだけが演奏を誤魔化し、キャラ(奇抜さ)に逃げているように思えました。

■公演内容
RUSH BALL 07 ラッシュボール2007
出演/ランクヘッド PE'Z Caravan POLYSICS MO'SOME TONEBENDER
     RIZE 髭(HiGE) 銀杏BOYZ the band apart BUMP OF CHICKEN
     Dragon Ash おとぎ話 ghostnote ジン Good Dog Happy Men
     ミドリ LOW IQ&THE BEAT BREAKER avengers in sci-fi
     hare-brained unity riddim saunter 
会場/泉大津フェニックス
日時/2007年9月2日(日)10:00開場
料金/自由 6,300円
posted by 奥田圭太 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。