2007年09月17日

「殯の森(もがりのもり)」

ロケ地を見つけた地点で全てが決まってしまったような作品。その自然とそこに住む人々だけで十分すぎる映像。河瀬作品の中で未だかつてない丁寧な音の仕上がり。人間の声もそこでは自然の音の一つに過ぎませんでした。映画館で観なければわからない降ってくる映像と音で映画とはまた別の何かを見た気分です。

作中にも出てきますが、生きるには二つの要素があります。生物学的に生きるということと実感として生きるということです。そして前者を持ちつつ後者を失った主人公二人が後者の実感というものを33回忌というこの世とあの世の境をきっかけに手探りながら掴み取っていく物語。

その後者というのは他者とのつながりであるとこの作品は提示しているようです。話すこと、触れること、思うこと・・・、その全てのつながりが生きている実感であると。そして後者は生と死を分かつのではなく、つなぐものでもあるということを。

素晴らしいロケーションで、自然が人を溶かすようです。主人公二人が駆け回る茶畑や森は、その大きさと深さをもって生と死、自然と人間の境界を曖昧にしていきます。この作品は、自然と人間の境、生と死の境を探り当てようというものではなく、そこにもっと深いつながりを求めているようです。

追伸
たくさんの生き生きとしたご老人の映像に、人間の皺っていいものだと思いました。そこにはたくさんの生きてきたものが重なるように刻まれています。それが人間の表情を作っている、皺って素敵なものです。

■作品概要
題名/「殯の森(もがりのもり)」
2007年/日本・フランス/組画
監督・脚本/河瀬直美
出演/うだしげき 尾野真千子 渡辺真起子 斉藤陽一郎 ますだかなこ
会場/京都みなみ会館
奈良県東部の山間地に、旧家を改装したグループホームに33年前に妻・真子を亡くしたしげきがいた。彼はずっと、彼女との日々を心の奥にしまい込み、仕事に人生を捧げ生きていた。そして今、しげきは亡き妻の想い出と共に静かな日々を過ごしていた。そこへ新しく介護福祉士の真千子がやってきた。彼女は子どもを亡くしたことがきっかけで夫との別れを余儀なくされ事で心を閉ざして生きていた。そんな二人が…。
posted by 奥田圭太 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(3) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

「関西ビジネスケースコンペティション2007」観覧

第2回「関西ビジネスケースコンペティション(KBCC)」こと「KBCC2007」の本戦(決勝戦)を見学してきました。

第1回の昨年は審査員を務めさせていただいたKBCC、今年は応援企業として運営費を協賛していました。KBCCとの縁は昨年はHさんがいたというだけ、今年は昨年参加者で交流会で話しかけてきたM君がスタッフになっていた、ただそれだけです。M君が頑張っているなら応援しよう、それがバリュークリエイトみんなの共通意識です。そして今年のKBCC運営スタッフに一人また一人と会っていくうちにどんどん応援する気が高まったのです。

第1回の感想はまずコチラです。
http://white-base.seesaa.net/article/25508951.html

比較するのもおかしいですが、少し比較しながら今回を振り返っておこうと思います。

まずケースは「モロゾフ株式会社の平月売上UPの戦略策定」です。前回と同じように事前に企業分析・プレゼンの勉強会が行われ、企業を実際に訪問した上でケースに取り組むというものでした。ここまでは同じですが、今年のプレゼンを見た感想は、決勝しか見なかったからかもしれませんが、発想というよりは分析やプレゼンに重きが置かれていたように思います。プレゼンは非常に素晴らしいものでした。ただ、思い切ったアイデアが少なく、小さくまとまった感じなのが残念でした。

まさにスタッフのカラーが出たように思います。昨年は立ち上げメンバーということで勢いはあるけれど荒削り、今年は運営の中身に力が注げたことで深くなったけれど小さい感じです。一長一短です。

最終結果は昨年決勝で涙を呑んだチームセリカのリベンジ優勝。昨年のマイナスポイントをしっかり気づき成長した成果であり、どうしても優勝したいんだという執念でした。昨年のマイナスポイントは論理性ではなく姿勢の問題だったのでその成長ははっきりと目にわかりました。昨年審査した私としては昨年のフィードバックが活かされた一番嬉しい結果でした。

交流会には連れて行った二人を残し一人神戸大学生がしている芝居を観に講堂前へ。交流会への移動途中にビートクルセーダーズさながらの紙袋をかぶったチラシ配りの姿勢に心打たれて思わず滑り込み観覧。Yagusare「ゴドーを神戸大学六甲台講堂で待ちながら」です。面白くもなければ演出的にも無駄な動きが多いものでしたが、20歳のアツさと動きと汗、その熱気で楽しませてもらいました。

わがままを詫びながら交流会に戻ってゆかりのある人たちと少々談笑して帰路へ。去年は熱気に巻き込まれた感じ、今年は遠巻きに見守った感じ。難しいことは考えず、ただ続けて欲しいものです。バリュークリエイトは応援します。
posted by 奥田圭太 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

歌舞伎ツアーTO奈良

昨日は京都オフィスに集うメンバーで奈良に行ってきました。そのメンバーとは、私、S、I君、そして京都オフィスに営業にも来てくれている取引先の社員Tさんの4名。休日も働いているみんなで全てを遮断して休みを取っての取り組みです。10時半に京都駅集合。そのまま一路奈良へ。

当初の目的は「歌舞伎」でした。私以外の3人が歌舞伎を観たことがないので一度観てみたいという思いがあったので企画をしました。価格帯やできるだけ早い時期、初心者ということも考えて手配した結果が奈良になったのです。

奈良に行くことはそれほどありません。そこで加わったのが彩華ラーメンです。そしてせっかく休みを取るのであれば思い切り遊ぼうということでカラオケを最終追加。「ラーメン→歌舞伎→カラオケ」というツアーに発展しました。

彩華ラーメンでは4人とも生ビール・ラーメン・餃子・から揚げ。昼から食べすぎです。そのままバスで劇場に移動して歌舞伎観賞。舞踊が中心で初心者にはとっつきにくかったとセレクションした人間として反省。演目観ずに選んだ自分の怠慢を責めました。初めてにしては素直に3人ともすんなり受け入れてくれて良かったです。3人に軽く解説していたらお隣の方からは歌舞伎研究会の学生集団と思われたりしてちょっとおかしかったです。そして最後はカラオケ。食べて飲んで絶え間なく歌って4人で5時間暴れっぱなし。若い二人(I君Tさん)が力尽きて終了。

仲間で一緒に思い切り遊んで休暇を過ごすというのもなかなか新鮮です。休暇に会うということはあっても思い切り何かを一緒にするというのはなかなかありませんでした。しかも丸一日です。これは第2弾を考えなくてはいけません・・・あ、ホームパーティ!
posted by 奥田圭太 at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

中村勘太郎・中村七之助 第3回錦秋特別公演2007

歌舞伎初見者3名と観劇。初心者には少しつらいかもしれない長唄囃子三連発。テーマはよく似ているが味わいは3つともあまりに違う印象。まさに演じ手がそのまま出てしまった会。

『吉原雀 長唄囃子連中』
勘太郎さん女形、七之助さん立役。やはり七之助さんの立役には違和感が残ります。線の細さもありますが、コミカルさや柔らかさが全く現れないその真面目さにあるのでしょうか。前半の二人の踊りの域はぴったりなものの、チャレンジ感が勝り行ききらないまま終了。

『芸談』
中村勘太郎さん、七之助さんのトーク、質疑応答。歌舞伎を味わいに来た人間には不必要なコーナーに思えましたが思いの外これを楽しみにされていたお客様が多くてびっくりしました。とはいえ、私の隣席の方の質問への勘太郎さんの回答が秀逸。「女性を真似することは余りありません。女形は女形という別の性別だと思っています。」これは過去に芸妓さんからも聞いたことがあります。舞踊を書いたのは男性、その男性が描く女性であり男性が求める女性像がそこにある。なので演じるには女性に聞くのではなく男性に聞くほうが奥が深い。と。

『俄獅子 長唄囃子連中』
中村仲之助さん、仲四朗さんの回。普段は前に出ないお二人の披露会のような様相。やはり華やこなれた感じがなく、生真面目で丁寧な舞踊でやや応援をしながら見ているまま疲れを残して終了。

『男女道成寺 長唄囃子連中』
道成寺シリーズ。勘太郎さん立役、七之助さん女形。得意な分野で本領発揮。ともに踊りのキレ良く、なによりも二人の踊りや足音が要所要所でぴたりと揃い、お二人ならではの喜びが味わえました。最後はお二人の立ち美しさで終了。
前二つは内容もわからず疲れ気味の三人も、最後の最後でそのキレと色彩美に満足をしたようでした。

■公演概要
中村勘太郎・中村七之助 第3回錦秋特別公演2007
『吉原雀』『芸談』『俄獅子』『男女道成寺』
出演/中村勘太郎 中村七之助 中村小山三 中村仲二朗 中村仲之助
    中村いてう 中村仲四朗 中村國久 中村獅一 
会場/なら100年記念会館 大ホール
日時/2007年9月12日(水)14:00開演
料金/6,800円
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I君成長記録3〜絵〜

昨日は支援先のI君の卒業式でした。Sによる3ヶ月間のコーチング、キャリアデザイン講座を修業したのです。その発表会として最後に私とSの前でプレゼンをしてもらいました。

プレゼン内容は、自分のキャリア中長期計画を絵に描き、それを発表・解説するというものです。

ここ数ヶ月のI君の成長は目を見張るものがあります。定期的なコーチングにより目標を見つめなおし、毎日その目標に目を通しては仕事に取り組んでいました。実際に目指すべき成果を出してきていました。京都オフィスにはたくさんの若い人たちが顔を出します。そんな自分よりも年下の人と接することで少しお兄ちゃんになったようにも思います。今まで一番年下で助けてもらう立場だったのが、他人の面倒を見ようという姿をよく見かけました。また尊敬する人にも出会い、誰かの役に立ちたいという思いを生まれているようです。明確な目標とする人がそばにいることはいい刺激のようです。好きな人もモチベーションになっています。

そんなI君のプレゼン。プレゼンスキルという意味では稚拙そのものでした。まだまだ人前で話すということには慣れていません。「改めて」ということにすごく照れがあったように思います。そして、内容。内容はかなりスッキリとしたものでした。関心事のコアな部分が明確に浮かび上がり腹を据えています。それを基盤にしてどうなっていきたいかを下手くそながらも1枚の絵におさめています。そこにも成長を感じます。

また、その絵は意識的に書かれていますが、そこには無意識がたくさん詰め込まれているように私には感じました。私はその感じたものを彼にそのまま伝えました。そこには彼の成長と課題がたくさんありました。そしてそれは彼が不可視だったことです。卒業式で彼は明確な課題設定と明確なビジョンを持つことができたのです。これぞ卒業です。

それにしても「絵」というものは無意識なものが浮かび上がってくるようなところもあって非常に面白いものです。改めて絵に関心を高める機会にもなりました。

posted by 奥田圭太 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

起業塾なるもの5回目

起業塾なるものの第5回が無事に開催できました。
第1回の様子は→コチラ。第2回の様子は→コチラ。第3回の様子は→コチラ
実は第4回は私は出席しておりません。第4回はいつも講師をしていただいている元大手企業社長に加えて、私がお世話になっている京都のベンチャー企業3社の社長様にご臨席いただきました。そして個々に参加者と講演、ディスカッション、質疑応答をいただいたのです。参加数は5、6名ですからほとんどマンツーマンのような濃度です。かなり密度の高い回になったと聞いています。

本日第5回のテーマは「企業経営の数字」です。
損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー、損益分岐、その他数値指標についてエッセンスを学びました。私はほとんど知っている内容だったのですが、まだまだ学生には触れたことのない内容だったようで必死で食らいつく参加者がそこにはありました。今回は練習や慣れが必要だったこともあって終了後に1時間ほど補講も行いましたが、それにも全員出席しました。

個人的には「規模と効率」というか、大きければすごいと勘違いせず、資産といってもそこには負債が含まれること、回転率を上げることで見える効果、を感じてくれれば十分です。あとは様々な会社が比較例に出てきた中で企業や数字に興味を持って、感覚や深く勉強するきっかけになってくれればと思っています。

わからないことは何も恥ずかしいことではありません。毎回しっかりとわかるまで質問し、納得するまで食らいつけばいいのです。せっかく継承いただけるものをしっかりと得て帰りましょう。それが講師をしていただいている諸先輩方へ感謝を伝えられる唯一の方法であり恩返しです。

最近の傾向としてやむおえず欠席してしまった人が非常に悔しがり、どんなんだったのかを必死で聞いて回っている姿が目に付きます。ほぼ隔週で行っているこの会。突然始まったこの会。なんとなくそれぞれの参加者の中で位置づけが生まれてきているようです。

posted by 奥田圭太 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GREE管理人より削除されました

私はSNSの「GREE」にも登録をしています。といってもほとんどいじっておらず、このブログがGREEの日記に連動していて更新されているだけです。

ところが、そこで初体験がありました。GREE登録者の方は、まずはこちらをご覧ください。
 http://gree.jp/180982/blog/entry/114788132?z=t97be471

「けいたの日記/GREE管理人より削除されました」

あるエントリーだけが見事に削除されています。その他の記事は全く問題なく、初めての経験です。そして困ったことにその原因がよくわかりません。

削除された記事はコチラです。→「KBCC2007観覧者募集」

そして、GREE利用規約がコチラです。→「GREEについて/利用規約」

一番多い事例が「商業行為」に抵触したものと考えられます。今回のケースもおそらく以下に該当する扱いを受けたと推察しています。「3-a営利・非営利目的を問わず、物やサービスの売買・交換(それらの宣伝・告知・勧誘を含む)を目的とする情報の掲載または、メールの送信行為(ただし、グリーが許可したものを除く) ※無料セミナー等の情報であっても、当該セミナー等で物品を販売したり、契約を締結させるような内容のセミナーであれば本号で掲載が禁止される情報に該当するものとみなします。」

ですが、今回のエントリーは、物品の販売も契約もありません。ただ単に金額が4,000円というところに目が行っただけだと思われます。それが交流会で出される飲食の実費であることは内容を読めば誰の目にも明らかです。学生団体が取り組んでいる課外活動であり、商業行為でないことはすぐにご理解いただけることでしょう。

逆にこちらのエントリーは削除の対象になっていません。→「第13回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」」

おそらく参加費が100円と小額であることとドリンク代と明記されていることから商業行為でないただのセミナーと解釈されたのでしょう。もちろんこちらも商業行為ではなく自主サークル活動です。

今回の削除はmixi他のSNSでは起こっていません。GREEのみです。「観覧者募集」と「4,000円」というところに観るのにお金を取る商業行為と(安易な誤認で)判断されてしまったのでしょう。

と、ここまでは完全な推測です。何か原因がお分かりになる方がおられましたら今後の参考のためにアドバイスをいただけたら幸いです。
posted by 奥田圭太 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できないことはできない

「自分でできないことを他人にさせてはいけない」と私はよく言います。できないことをして「もらう」のはお願いである、ともよく言います。ここには大きく言って二つの意味があります。

(1)させられる側の育成効果が期待できない。(2)アウトプットされる成果が期待できない。の二つです。

(1)については実は以前に「知らないことをさせてはいけない」で書きました(→コチラ)。ここでは「育成」に主眼を置いていて、褒める叱るができずに育成される側は何をすればいいかわからない、といったことを書いています。

今日は(2)について書きたいと思います。アウトプット、成果物についてです。

「できないことをさせる」という行為は受け手に丸投げをするという行為です。ここで問題になるのは当然のことですが実際に行うのは受け手であるということです。ですから、求める成果物を共有できなくては、ゴールなくしてスタートできないということです。つまり「イメージの共有」が必須となります。もうひとつは他者に自分がやらずにさせるという行為は共同作業であるという認識が必要です。本来自分が求めるものなのですからそれに近づけていく修正・補正・管理を都度行わなくてはいけません。つまり「マネージ」が必須となります。

他者との共同作業において必要なことは「イメージの共有」と「マネージ」です。では、「できないことをさせる」という行為においてその2点はクリアできるのでしょうか。

「できない」ということは「自らがわかっていない」ということを意味します。ざっくりとしたことを思っていたとしてもきちんとイメージに落とせていないことは明白です。なんせ丸投げですから悪く言えばイメージすることさえも投げているのです。わかっていないのですからその質と量を把握もできていません。そうなってくるとマネージしようにもしようがありません。

「できないことをさせる」という行為で生まれるアウトプットには丸投げという点において成果物にも口を出してはいけません。できないことは信頼できる人に「謙虚にお願い」するしかないのです。

「させる」という行為は共同作業であり、指示・管理が伴うものです。できないことをさせてもできないのです。なぜなら「イメージ」がなければ「マネージ」もできないのだから。そこには驕りと逃げしかないのです。
posted by 奥田圭太 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

KBCC2007観覧者募集

いよいよ来週日曜日にバリュークリエイトも応援している関西ビジネスケースコンペティション(KBCC)が開催されます。昨年は記念すべき第1回の審査員として参加(→コチラ)させていただきました。

今年もパワーアップして行うようでその第2回が9月16日(日)に開催されます。当日午後の「決勝プレゼン」は一般公開になっていて観覧者が募集されています。大会の後には審査員を含めた社会人との立食パーティもあります。私は昨年そこで積極的に話しかけてくれた多くの学生さんと出逢い、今でもお付き合いが続いている方がたくさんいます。貴重な機会だと思うので是非参加してみてください。私も日程調整して顔を出したいと思っています。

以下。

KBCC 関西ビジネスケースコンペティション2007 HP      http://kbcc.web.fc2.com/index.html

関西ビジネスケースコンペティション(KBCC)は、企画・運営が全て学生の手によって行われている関西の大学生がケース分析力を競うイベントであり、2007年9月16日(日)に第二回大会が開催されます。
ケースの題材は実在の企業となっており、今年度はモロゾフ株式会社のケースを扱います。
二度にわたる勉強会の開催、ケース題材となる企業の訪問、全日程の最後に行われる大交流会など、独自のプログラムを展開しています。
「学生と社会との接点となり、参加者の方々に人間的成長のきっかけを提供する場」というコンセプトのもと、今年も多くの参加者・観戦者をお待ちしています。

13:00   決勝プレゼン。ムービー上映。代表挨拶。諸連絡。
13:20   審査員様再入場。審査員紹介。ファイナリスト発表。
13:50   プレゼン1チーム目スタート。
14:35   プレゼン2チーム目スタート。
15:10   休憩
15:25   プレゼン3チーム目スタート。
16:10   プレゼン4チーム目スタート。
16:45   プレゼン終了。
16:50   他学生団体告知タイム。
17:10   閉会式。表彰式。交流会会場移動。
17:40   交流会開場。
18:00   交流会スタート。
20:00   交流会終了。参加者、審査員様解散。

観覧ご希望の方は、メールでの申し込みをお願いいたします。
メール件名を「KBCC観覧希望」としていただき、
必要事項:氏名、大学・学部・学年、交流会の出欠を記載の上、
kbcc-entry@hotmail.co.jpまでお申し込みください。
追って詳細などを連絡させていただきます。

なお、交流会の参加費は学生1,500円、社会人4,000円です。
posted by 奥田圭太 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N君成長記録2〜婚約〜

1年半振りにN君が勤める居酒屋「神代(ZINDAI)」に(成長記録を書くために?)行ってきました。キャラクターも体型も全く変わっておらず、どこを突っ込めばいいのかと戸惑いと笑いから始まりました。お客さんに対するノリと愛嬌は相変わらず。体型に似合わないフットワークの良さも健在でした。

成長を探さなくては!?(笑)

といっていると包丁に余裕が見られるようになりました。食材に向かうときの以前のような一点に目が集中してしまうガチガチの緊張感はなく、いい意味でゆとりが生まれて軽やかさが現れていました。

DSCF0820.JPG  DSCF0821.JPG

写真に出てくる刺身の「つま、けん」こと大根を細長く切ったものはN君が仕込んだものです。仕上がりを見てもまだまだこなれた感じではなく、やや格闘のあとがうかがえます。開店前に大根に真剣に向かい、桂剥きから千切りへ。それがこなれてくれば包丁での他の調理に余裕が出てくるのも納得です。

そして、最後に嬉しいお知らせとして、私が知り合う前からずっと付き合ってきた彼女との結婚が決まったそうです。偶然お店に来られた奥様になられる彼女もご紹介いただきました。

独立から結婚へ。N君も更なる覚悟と決意を持って精進することでしょう。地元で温かいお客様に囲まれての修行は気が緩みがちです。そこを自ら律して一人前になる。それはもしかしたら一般よりも過酷かもしれません。ですが、その温かい周りの人が支えてくれることで過酷なものも乗り切れるはずです。甘えず、流されず、感謝を忘れず・・・がんばれ。
posted by 奥田圭太 at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。