2007年09月30日

自立と自律

(ずっと書くように言われていたので・・・)
自立
(1)他の助けや支配なしに自分一人の力で物事を行うこと。ひとりだち。独立。
「親もとを離れて―する」
(2)自ら帝王の位に立つこと。「其後―して呉王となる/中華若木詩抄」
自律
(1)他からの支配や助力を受けず、自分の行動を自分の立てた規律に従って正しく規制すること。「学問の―性」
(2)〔哲〕〔(ドイツ) Autonomie〕カント倫理学の中心概念。自己の欲望や他者の命令に依存せず、自らの意志で客観的な道徳法則を立ててこれに従うこと。
                  (出典:三省堂提供「大辞林 第二版」)

独立して、あるいは組織のTOPになって他人というものを動かす立場になったとき、自立と自律の違いは自らに重くのしかかってきます。この二つはとても大きな違いがあります。そして多くの人が前者を第一の目的としてしまい、多くの歪みを生じさせることになります。

自立を目的としたとき、まず「自分」しか出てきません。つまり自分を解放することが目的となるのです。そのために必要なのが独立で言うと「お金と自由」です。そのため目先の利益を求め、楽を求めます。確かにまず食べられるようにならなければ始まらず、目先の利益も大切です。自立だって大変なことです。しかし、食べられた後に何が残るかを考えたとき、自立だけを目指していては楽な道を求める欲望しか残らないのです。こうなると組織で言えば自分が楽をするために他者に命令を始めます。そしてその堕落は一度始まると戻ることができません。

これを堰き止めるものが「自律」です。ここで大切なのは公の目的です。そのために自らに命令をし続けなければならないのです。自立している以上は誰も命令も管理もしてくれません。自ら命令し、目的に向かって、ときに苦しみに向かい続けるのです。判断基準や行動基準が楽なほうへ進みたいという自らの欲望ではなく、目的の達成でなければならないのです。

これは欲望に逆らうという大変困難なことです。ですが、本質的な独立を目指す人にはこのことへの覚悟が必須です。

他者や苦しみから逃れることを目的として独立したのでは決して自律できません。逆に他者や苦しみに向き合うことを目的とし、他者に助けてもらえない状況になったとしても自らを追い込む覚悟のある人にしか自律はできないのです。

独立は一見すると自由の獲得です。ですが、そこでは自分を律するものは己しかいないのです。全ての責任を自分で負わなければならず、逃げることはできません。そして律する根幹は、欲望ではなく自ら立てた公の目的なのです。自分に自分で命令し続けられているか。これが動力源であり、周りで動く人もその姿勢を見ているのです。

自らをTOPの立場に置くというのはそういうことであり、その自律への覚悟がなければ、その立場にはなってはいけないのです。つまり、独立に際して公の目的をしっかりと持って自立の先に自律を見据えられてこそ、本質的な独立を成すことができ、他人を動かす立場に相応しくなっていくのです。

自分に自分で命令し続けられているか。それだけです。
posted by 奥田圭太 at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

第13回「びびこむ(京都発!!勉強会!!)」携帯申し込みスタート

以前にも告知しましたが、第13回「びびこむ」を開催いたします。
正式には第13回「京都発!!勉強会!!」改めリニューアル第1回「びびこむ」です。

その参加申し込みが携帯からできるようになりました。学生N君の勉強の成果です。まずは是非一度アクセスしていただいて、チャレンジしてみてください。
     http://www.vivi-com.mobi/5656.html
携帯からもPCからアクセス可能です。できれば携帯でやってみてくださいませ。http://www.vivi-com.mobiがTOPページです。携帯で「びびこむ」で検索してもらうとまだ携帯サイトではなくPCサイトとして出てきてしまうかもしれませんが、検索には引っかかります。

皆様のお申し込みを心よりお待ちしております。

下記内容。

今回のテーマは「業界のことをちょっと知ってみましょうVol.3」です。
※就職活動生、これから就職活動を始める人も大歓迎。業界研究にお役立てください。

ずばり「金融ビジネスのからくり〜どうしてみんな金融ビジネスをやりたがるのか??by楽天〜」です。

楽天、ライブドア、セブンイレブン、GMO、ソフトバンク、ドコモ・・・金融ビジネスに進出する企業は後を絶ちません。何故みんな金融をやりたがるのか?きっと金融には何かものすごいおいしいところがあるに違いない。そこのところを証券会社・ベンチャーキャピタル・銀行などのビジネスモデルをものすごく簡単に検証しながら読み解きます。

また、当日は、金融業界・不動産業界・人財業界・広告業界・医療業界・・・等の様々な社会人・内定者も参加します。いろんな業界のいろんな人の話を聞きまくって帰ってください。

■勉強会概要
第13回 「びびこむ」
日時  2007年10月6日(土)
     13:00〜 事前交流タイム
     14:00〜 勉強会
     15:30頃 終了予定→その後は自由に交流会
会場  京都四条烏丸 京都三井ビルディング5F 
    株式会社ジェイ・エス・エル教室
参加費 100円(ドリンク代)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。
※今回はいつもより参加募集人数が少ないのでお早めに。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください
※そして、本日より携帯やWebエントリーも可能になりました!!
http://www.vivi-com.mobi/5656.html

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2007年09月27日

三人寄らば今日までそして明日から

本日はAの一大イベントで、B、K、私の三人も揃いました。終了後、今控えている増資手続きもあってB、K、私の三人で「今日までそして明日から」を話し合う時間を持てました。いつもやっているようで実はめったにないとても大切で貴重な時間でした。

思い起こせば。私は2年と数ヶ月前に前職を退き、がむしゃらに個人として頑張り、個人事業主としての自信は身につけました。そしてようやくバリュークリエイトという箱を会社として位置づけ始めるところにチャレンジできるようになりました。かたやKは、私より先に個人事業主としては成功を遂げていて、この4月に会社を設立して初めて社長業を経験する中で新しい壁にたくさんぶち当たりながら成長している最中です。

そして、ついに次はBの番です。

Bがその動きをはじめることでKも私も大きく変わります。なぜなら元々3人で考えていた「3」にこだわるきっかけになるからです。Bがサポートではなく立ち上がることで、三人が本当の意味で「共有」されるのです。資産の共有、知識・知恵の共有、ネットワークの共有・・・、(手前味噌ですが)そこに三人がいるだけで溢れ出てくるものを思うだけでわくわくドキドキします。

バリュークリエイトは改めて振り返り、そして決断しました。「3」「共有」という私の根幹を成す考え方が直接的に具現化されることを確信しています。バリュークリエイトは今日からまた一気に進みます。

バラバラだけど一緒。一緒だけどバラバラ。バリュークリエイトの根幹を成すものは全く変わっていません。ですが、周りの方々のたくさんのご支援の中で、確信を持って前へ進んでいます。

私は今この瞬間、今日までを思い、興奮しています。私は今この瞬間、明日からを思い、興奮しています。

バリュークリエイトは近日中に増資を完了して株式成りをいたします。しかし、そんなことは事務的な話であり、実体的な意味で大きく前進する所存です。
posted by 奥田圭太 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

「ドラクル〜GOD FEARING DRACLE〜」

シェイクスピア劇を下手な翻訳で演出する蜷川さんのような舞台。ホンとしては長塚版「罪と罰」とも言うべきものでどこに正しさを求めるのも難しいたくさんの業を背負った人々の物語。ただし、展開が驚くほど一本調子で長く、座っているのにつらささえ感じる演出。生音を使ってもメリハリがつかなかったのは残念。

役者陣を言うならば舞台人に囲まれた海老蔵さんが篭もった声で張り合えず悪く浮いてしまった形。宮沢りえさん、勝村さんの透き通す声と独自のキャラクター設定が秀逸。永作さん、山崎さん、手塚さんの声色は身体の内側から来る変化でドキドキとさせてくれます。結果、2幕のほうが見応えがあり、オープニングと第2幕の冒頭が一番の緊張感になってしまう寂しさ。

作品としては宮沢りえさんと永作さんの対決が見せ場。永作さんの絞るような声の使い分けに嫉妬と憎悪と哀しみが集約され、それに応える真っ直ぐな宮沢りえさんの罪の告白が奥深さを持たせます。

一部の役者さんとその他のギャップが一本調子の演出で浮き彫りにされてしまい疲れてしまう作品。できれば違うキャストで見たかった。そして残念ながらホンで読んだほうが奥深さを何度も味わえそうな印象だけが残りました。

■公演概要
「ドラクル〜GOD FEARING DRACLE〜」
作・演出/長塚圭史
出演/市川海老蔵 宮沢りえ 永作博美 渡辺哲 山崎一 手塚とおる
    山本亨 市川しんぺー 明星真由美 中山祐一朗 勝村政信
会場/シアターコクーン
日時/2007年9月26日(水)14:00開演
料金/S席 11,000円
posted by 奥田圭太 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

学生さん向けバリュークリエイトからのご提案2

バリュークリエイトは学生の活動を支援しています。といってもマスで支援をしているのではなく、個々の学生さんや学生団体、学生ベンチャーに対して出逢いや縁を通じて実体的に支援しています。

学生の皆さんにはバリュークリエイトにどんどん要求するように伝えています。
学生の皆さんにはバリュークリエイトをうまく使うように期待しています。

目的は、社会人のフィルター(知識・知恵・人脈)を使うことで学生が直接するよりも効果的にできることがたくさんあるということを知っていただいて、学生が学生の枠で小さくまとまるのを防ぎ活動の幅を広げていただくことです。

提案2:学生だけで会議をするときは是非アドバイザーに社会人を加えてください。

先日、学生会議にオブザーバーとして出席(→コチラ)してきました。そこには私を含め社会人が二人参加していたのですが、痛感したことがあります。(1)自信がないときは固まってしまい結論を出さずそのまま流してしまうため決定事項が少ない。(2)一度暴走してしまうと信じ込んでしまったり過信して修正が利かない。ということです。それは絶対に解決しなればいけない課題であり、「ほんの少しのヒント」で一気に好転することなのですが、それが見えなくなってしまうのです。そして、その会議で私やもう一人の社会人が少しきっかけを与えるだけで課題に立ち向かえることを事実として実感しました。

そこで、バリュークリエイトでは学生さんからの要望に応じて会議等に同席いたします。「会議とは」ということを経験していただきます。皆さんの会議を社会人の会議(というよりも物事を進めるための会議)にするきっかけ作り、物事を発展させるためのアドバイスをさせていただきます。そして、ご要望があれば会議の目的(団体の活動、イベント等)に対して実体的な支援を検討いたします。

「新しいことをはじめるとき」、日ごろの活動、イベントの開催、何か会議をするときは一度相談してみてください。飛び込み訪問も歓迎します。できるかぎりの実体的支援をしたいと思っています。
posted by 奥田圭太 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

京都音楽博覧会IN梅小路公園

晴れ時々曇り時々大雨。広々とした芝生公園に所狭しと人が集まって、スタンディングするしかないような状態。野外フェスにはけっこう行っている方だがここまで人で埋まっている感があるのは初めてかもしれません。途中、雨に打たれて逃げ場もなく皆さんびしょ濡れ。それでも誰もが最後まで残って一日を楽しんだ良質なフェスティバル。

ふちがみとふなと 
未見。到着しておらず聴けず。
Liadan
未見。到着のときに女性のクリアな歌声が・・・。 
大工哲弘&カーペンターズ
未見。降り出した雨が収まらず撤退。琉球民謡の音だけが・・・。 
Jason Falkner
未見。撤退中につき聴けず。
cocco
既聴。生初見。後半はまさに今だから歌いたいのであろう曲のラッシュ。沖縄民謡やカントリーで軽やかに歌い上げながらもメッセージが強く、安直ではない深い深い思考を搾り出すような歌声。最後の曲(現在沖縄限定の新曲)は、今聴かせたいというCoccoの思いと真剣にそのメッセージに耳を傾ける聴衆の融合した優しさと緊迫のひととき。
小田和正
既聴。生初見。ギターと声だけの奇跡。生声を聴くだけで鳥肌が立つような素晴らしさ。60歳還暦を迎えても歌詞があやふやでもそこにぴんと立つ歌声は必聴。生で観る機会を得られたことに心から感謝。くるりの二人とのセッションもまたお得感。雨に打たれることに吹っ切れた瞬間。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
未見。ルーマニア出身。あとから知ったのですがジプシーミュージックと言うらしい。大好きな映画「黒猫白猫」の世界を思い出すような身体が自然と踊りだす音の重層重奏。重なり合う音とリズムで朝まで踊れるような気分にさせてくれます。大雨の中、一曲一曲と踊りだしてしまう聴衆増加。最後は大歓声と大舞踏会。
くるり
既聴。生既見。私の知る限り、くるりのベストアクト。ほとんどの曲に新鮮なアレンジが加えられていて今日しか味わえないに違いない曲の数々。雨も上った京都の夜に美しいストリングに優しいベース、様々な声や音が絡まりあい岸田さんの歌声が沁み渡ります。くるりが今日に込めた心が沁み渡ります。雨上がりの身体に沁み渡ります。短いけれど至高のとき。

雨を嫌がっていたのが馬鹿なことのように、雨を楽しむことに吹っ切れたとき全てが輝いて見えました。「アホにならな損!」です。ずぶ濡れになることで何もかもがどうでもよくなって、思い切り音楽にだけに身を委ねられたのです。あいにくの雨、そのおかげで新しいものを感じました。そこに来てくるりのベストアクト。世界旅行をしながらどこかの中を流れているようなそんな夜でした。

■公演内容
京都音楽博覧会IN梅小路公園
出演/ふちがみとふなと Liadan 大工哲弘&カーペンターズ Jason Falkner 
    cocco 小田和正 タラフ・ドゥ・ハイドゥークス くるり
会場/京都梅小路公園・芝生広場 
日時/2007年9月23日(日・祝)11:00開場
料金/自由 6,800円
posted by 奥田圭太 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業のススメ

起業とは、国語辞典によると「新しく事業を始めること」とあります。最近ではここが忘れ去られ「起業=会社を作ること」と勘違いされがちです。起業家精神(アントレプレナーシップ)というものは、組織の外でも組織の中でも十分に発揮されるものです。外に出ることが起業家精神ではありません。

組織の中で起業家精神を持ってその能力を発揮する人を「インターアントレプレナー(もしくはイントレプレナー)」と言うそうです。

企業経営にはヒト・モノ・カネ・情報の4つが必要であるというのはよく言われることです。ゼロから会社を立ち上げるときこの4つが不足しているという課題に当たり前のように直面します。逆に言うと会社を作るということはその4つを最低限しっかり備えてから(あるいは備えられる計画が妥当性を得てから)行われるべきなのです。とりあえず会社を作るでは取引先に対して失礼ですし、会社を安直に作ったり潰したりすることは社会に対して失礼です。制度上、会社設立が容易になったことはそういった失礼をたくさん生んでいるように思います。

さて、ここに「社内ベンチャー」という言葉があります。

企業が社内で新しい事業を立ち上げることはよくあることです。そこでは既存事業におけるヒト・モノ・カネ・情報を基盤として新規事業を立ち上げることができるのです。これも紛れもなく起業です。もちろんそれに取り組む人間が必要となり、その人間には起業家精神が求められます。そして単体としても基盤を勝ち得たとき、分社などの形によって独立をしていきます。これは非常に強い起業の仕方だと思います。

企業が成立するには社会的価値が不可欠です。逆に言えば社会に存在価値が認められているから会社は成立しているのです。自己満足では会社は成立しないのです。起業とは何も一人で始めることではありません。ましてや会社を作ることから始まるものではありません。個人の面子から作られるものでは決してありません。

新しいことを始めたいと思っている企業はたくさんあります。企業は変わり続けなくてはいけません。それを任せられる人を求めている企業はたくさんあります。そしてそこにはまさしく起業があるのです。

起業とは会社を作ることではありません。新しい事業を始めるという起業にはさまざまな形があり、社会的価値あるものを確かに社会に届けるためにはそれに適した手段を選択すべきなのです。

起業家支援や学生支援とは、会社を作ることを支援したり就職することを支援したりすることではなく、適した手段を選択するために必要なきっかけや考え方を啓蒙することにあるのです。
posted by 奥田圭太 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

起業塾なるもの6回目

起業塾なるものの第6回が無事に開催できました。
第1回の様子は→コチラ。第2回の様子は→コチラ。第3回の様子は→コチラ。第5回の様子は→コチラ

本日のテーマは「あるベンチャーは何故成長を続け、また別のベンチャーはなぜ問題を抱えて失敗するのか」という成功と失敗の境目、ベンチャーが各ステージで抱えるリスクを考えました。

今回は仲良しのN社長にもディスカッションに参加していただきました。まずは2グループに分かれて社長も交えてディスカッション、そこでの成果も踏まえて全体でディスカッションをしました。まず「成功」とは何か、をそれぞれの価値観で意識し、そこから経営者としての思い・資質の部分へ話は及びます。更には同じ経営者でも成功したり失敗する、同じような商品を扱っていても立場が逆転する、その境目は何なのか。表象に現れるものではなく根底は何なのか。その元の姿を必死で考えました。

まだまだ言語能力が低く、一度出たものを掘り下げる力が生徒には足りません。ですが、こうやってディスカッションで掘り下げていくことで訓練にはなります。こういうものは訓練であり、日ごろの積み重ねでしか取得できません。そういう機会を提供するのもこの起業塾の大きな役割です。

ディスカッション終了後、世の中で一般的に言われていることや事例を体系的に講師の方から説明・解説していただきました。ここで考えたものを知識として言語化していきます。自分が漠然と、あるいはちりじりに考えていたものをまとめる機会になるのです。

いよいよ中盤を迎えた起業塾です。ようやく講師の先生と生徒の距離感は詰まってきました。課題である生徒の知識レベルの把握、意識・習得レベルの統一にはまだまだ改善の余地を残しています。少しずつ確実にいいものへと掘り下げていき、第2期を実現したいものです。

posted by 奥田圭太 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生会議見学

昨日は11月に神戸で大掛かりなイベントを仕掛けている学生団体「連合」の会議を見学しに行ってきました。参加していたの10数名の学生さんで、団体を代表して参加している学生や個人で率先してコアメンバーとして参加している学生たちです。

まず驚いたのがそのバラバラぶりです。もう一つは「やってやろうじゃん」感の強さです。仲間たちのところに戻ればリーダーとなる人たちばかりの集まりですし、得意分野もバラバラなので、見た目も話しぶりもバラバラです。もちろん価値観も違いますから対立とは言わないものの妥協点を探すのに苦労している感じです。なので会議は長引いていきます(その体力にも驚きですが・・・)。それでもそのバラバラをパワーとして盛り上げようという意識は高いことがうかがえます。

「おれのとこはこんだけはやるよ!」と堂々と言い放つその強さ。「これを決めてもらわないと安心してできません!」「そこじゃなくてまずここから考えたらどうですか!?」「うちがやったときはこうでした!」全てに「!」がつく感じです。話しぶりはそれぞれ違うのに、ダラダラしているように見えたりする人もいるのに「!」だけは感じるのです。

見学させてもらっただけなのですが、彼らがそれなりに私に「何か」を期待していることもわかりました。ちょくちょく覗かせてもらってアドバイスや実際の実務協力をしていきたいと思います。私もノルマもらったので(笑)

個別にやるのではなくて集まってやることで規模を追う。企業協賛や目玉ゲストに頼るのではなくて、自分たちだけで収支を成立させる。

彼らの求めているものは高いですが、極めて合理的で大きな力です。自分ひとりでできるものに過信するのではなく、補完すること・融合することで最大化を図っているのです。「オレがオレが」「自分でやりたい」「俺はできる」と思っている団体代表が多い関西ではめずらしい動きです。だからこそとてもアツく応援してしまいそうです。

新鮮な驚きとたくさんのパワーをもらいました。別々の団体がお互いの得手不得手を受入れながら最大限のパワーを発揮しようとする。これは個々人が謙虚にならなければできない難しいことです。それを1回生の学生さんも交えて行われているこの光景は私にとって大きな可能性です。だからこそ私も動き出さなければなりません。
posted by 奥田圭太 at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

つくってから、それが問題だ!

モノを作っている中で「まもなく完成」だとか「明日で解放される」だとかいう人がいたりします。その人にとって今製作しているものの「自分の中での」完成がゴールになってしまっているのではないでしょうか。

モノを作るということは「それが出来上がってからどうなるか」がとても大切です。

モノというものを介して他者とつながろうということなのですから、出来上がってから他者とどうつながっていくかに目を向けなければいけません。つまり、作る前の段階から他者とのつながりをイメージし、出来上がってからのことを考えて作るべきなのです。

モノの企画、製作という一工程に過ぎないもののゴールを見据えるのではなく、その先にある「他者との」ゴールを持つことが大前提です。企画や製作はあくまでも最終ゴールに向かう後工程へつなぐものに過ぎません。一工程の終了などというものは次の工程のスタート台に過ぎないのです。

出来上がってからのことを考えて作り、作ってからまたその検証と修正を繰り返す。そうすることで少しずつ少しずつそれは自己から他者との関係性になっていきます。そこには柔軟性が必要であり、次々と他者を取り込んでいく柔軟性が他者を介して昇華していくのです。

企画しっぱなし、作りっぱなし、これほど独りよがりで誰の心も動かさないものはありません。自己満足では届かないのです。まずは自分が他人を仮定して取り組まざるを得ないのは当然ですが、そこから他人と触れることで変えていく努力を怠っては他人に昇華されません。それは作ってからも同じことです。むしろそこからが本番です。

モノは作ったらほっとするものではない。作ってからが本番です。
posted by 奥田圭太 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。