2007年08月28日

ZAZEN BOYSと銀杏BOYZ

なんばHacthは音がすごくいいです。これはいったいなんだろうというくらいクリーンで真っ直ぐ強烈な音がするので大好きなライブハウスです。

ZAZEN BOYS
銀杏ボーイズが先だと思っていたので意外。ザゼンボーイズはリズムが一定ではなく小刻みに変化する不思議なビートを刻むのでノリにくいと思っていましたが、酔っていたせいもあるのか初めて身体の内側からスウィングできて気持ち良過ぎてクラクラしてしまいました。日本人の身体のどこかに刻まれているビートだと自分勝手に確信しました。

銀杏BOYZ
モンバスと同じセットリストだったらどうしようかと思いましたが違って安心。モンバスのときよりも全然良かったです。チン中村さんと安孫子さんの時折ヘッドが揃う様子は連獅子のようでもあり。客層の影響もあるのでしょうが、アンバランスさが解消されて聞かせたい曲こそが観ている側の胸にグッと伝わった感じ。暴れて大汗かいて頭がとろけたところにじわっと染み込む本当の心。ラスト2曲は本当に感動しました。

MATSURI SESSION
ザゼンボーイズ、銀杏ボーイズメンバー全員での1曲。曲というよりもそれぞれの声と音のぶつかり合い。とにかくコンダクターの向井秀徳さんがカッコよかったです。全ての視線をひきつけるその魅力と支配者のような貫禄。あれだけのメンバーをして、全員が自分の力ありったけの轟音を鳴り響かせる中、ただ一人真ん中に立つその姿に惚れ惚れとしました。

■公演内容
ZAZEN BOYS /銀杏BOYZ
「君と僕のMATSURI SESSION 〜ZAZEN BOYSと銀杏BOYZ〜」
出演/ZAZEN BOYS 銀杏BOYZ
会場/なんばHatch
日時/2007年8月28日(火)19:00開演
料金/3,500円(1ドリンク別)


posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。