2007年08月21日

京都オフィスの功罪と反省

南の島でゆっくり考えたこと。京都オフィスを開設してまもなく2ヶ月を迎えようとしています。しかし、そこにしてはインフラやコミュニティとして発展と奥田個人としての反省が入り混じっています。

(1)人が自然と訪問してきてくれるインフラが整いつつある。
「8階のスタバ」と称して人の出入りをある程度自由にしたこともあって、紹介が紹介を呼ぶ形で社会人や学生が次々と足を運んでくれています。おかげさまでインフラを用意した側としても喜びを感じていますし、実際、オフィスにいるメンバーにとって活気と刺激という形でいい効果を生んでいます。私自身も新たな出会いが尽きなくて、新鮮さや楽しさに加えて様々な可能性を考える機会をいただいて、心から感謝しています。

(2)逆に受身になってしまって自分から取りに行く活動が減っている。
一方で人が向こうからやってくる、ということもあって自分自身のフットワークが愚鈍になっているように感じています。受身になってしまっていて、自分から出会う願望を持つことや、とにかく自分から動くというアグレッシブさから遠ざかっているのです。環境に甘えて逃げてしまっているとも言えます。これは自分自身の最大の強みを自ら放棄していることに他なりません。これに気づいたときにすぐ切り替えられるかが非常に大切です。

(3)もう少し思い切った仕組みづくりに攻めてみよう。
それに集中してみるのも面白いかと思っています。ある程度の戦法と戦略は南の島で頭の中ではありますがまとめました。これにはクライアント先様の協力も欠かせない上に、今まで以上にたくさんの人と本気で接し厳しくしなければいけません。周りとの関係性なくして成功はありえないのです。だからこそ攻めの姿勢に切り替えるにはちょうどいいと思っています。

まずは明日からの動きが問われます。自分で自分を律する、それが起業家の最低限の資質だと思います。自らそれを問うてみたいと思います。


posted by 奥田圭太 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン4DF/Xシアター

Dragon 4DF/X Theater(ドラゴン4DF/Xシアター)というものが沖縄県にあるドラゴンパレスというエンターテインメント施設の中にあります。

ドラゴン4D F/XシアターHP http://www.dragon-palace.com/Amusement/4DFX.php

「バーチャルを超える新感覚アトラクション」というキャッチコピーですが中身は、映画館のような箱に大画面スクリーン、可動式のライドシート。そこに3Dメガネをかけて乗り込みます。シートベルトをしっかり締めたら、大画面からはスピーディな映像が・・・、そしてライドシートがこれでもかと動きまくります。手持ちをつかんでいなければかなり苦しいくらいに動きます。更に特殊効果満載で、風が吹きあたる、実際に水が飛んでくる、スモークに足元で何か物体がカサカサと動きます。

シアターという閉鎖的な空間で、バーチャルの極みのような映像体験を、できるだけリアルなものを実体験させることで、できるだけリアルな体感に近づけようという試みです。ご存知の方はイメージしやすいと思いますが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の「ターミネーター2:3D」のより閉鎖的でより特殊効果が多い上に椅子が激しく動く感じです。

3作品あるうちの「ソーラー・コースター」という作品に乗り込んで体験したのですが、映像自体は弱くもっともっとリアルにまた丁寧に作りこんで欲しいとは思ったものの、ライドシートや特殊効果の体験は新鮮でした。子供向けのアトラクションですが、大人でも十分に楽しめます。ジェットコースターが苦手な方でもかなりの短時間ですし万が一があってもシアター内なので安心して楽しめると思います。

まだまだ改良の余地はあるもののシアターの可能性というものについて再確認・新発見がありました。リアルとバーチャルの融合という意味でも再確認・新発見がありました。単純に楽しむこともできました。
posted by 奥田圭太 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。