2007年08月14日

「八月納涼大歌舞伎−第一部−」

半分お招きで行かせていただいたおかげで特等席で見させていただきました。真夏の太陽照り続く中で、新鮮な歌舞伎の喜びに触れることができた時間。『磯異人館』では時代的には現代劇のような感覚を、『越前一乗谷』では舞踊の触れたことのない使い方を味わうことができました。何よりも「新鮮」その言葉が意図的に開催され、受け手もそれを感じることができました。

『磯異人館』
勘太郎さん、七之助さんのためのような作品。若い人たちの熱さを清清しく全面に出していて、今育ってきている若手が充実しているからこそ今に再現できたことでしょう。現代劇のようなので歌舞伎らしい演出は少なく、花道もほとんど意味がありません。これはベテランの方がやられては作品の軽さが逆に愚作に映ってしまいます。そんな中で猿弥さんが若々しい声色で優しく若手を包むような好演。こういう現代劇だからこそ存在しえたように思います。
それにしても場合によっては暑苦しいだけの役を、勘太郎さんが軽やかに感情素直に見事演じておられます。それが全てのシーンで観る者の心に爽やかなのに痺れるような感情を届けます。現代劇のようでありながら最後の腹を切るところはまさに歌舞伎です。
若さ溢れる舞台。そのまっすぐな成長をただただ堪能できました。

『越前一乗谷』
菊之丞先生振り付け。舞踊のあらゆる可能性と喜びが詰まっていて終始ハラハラドキドキできました。優雅さ、激しさ、静寂・・・緩急加えて次から次へと押し寄せてきます。
橋之助さん完全復活と新境地とも言うべき楽しい時間。美しさも激しさもその緩急が全て橋之助さんのキレがいい舞踊に集約されます。
勘三郎さん、三津五郎さんも贅沢な競演。この二人はなぜかリズムが合うので同時に舞うに適しています。
舞踊でここまでできるのか!と今年一番の新鮮な出逢い。

それにしても勘太郎さん、七之助さんが、勘三郎さんご姉弟に見えてしようがなかったです。特に勘太郎さんは声色まで本当にそっくりになりました。

■公演概要
八月納涼大歌舞伎−第一部−
『磯異人館』『越前一乗谷』
出演/中村橋之助 中村福助 中村勘太郎 中村七之助 尾上松也
    市川猿弥 片岡亀蔵 市村家橘 中村鶴松 
    坂東三津五郎 中村勘三郎 
会場/歌舞伎座
日時/2007年8月14日(火)11:00開演
料金/1等席 12,000円


posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。