2007年08月11日

I君成長記録2〜給料〜

支援先のI君は今月からいよいよ給料を取得します。まだまだ勉強不足だったI君は二つの理由によりその取得を控えていました。4月独立、5月会社設立で、8月から給与発生。感慨もひとしおなことでしょう。

(1)売上不足
本人は稼いだものが全て自分のお金になると思っていました。実際には(実はサラリーマン時代は会社が負担してくれていた)たくさんの経費というものが発生します。そのためには自分が必要とするお金以上に稼がなければいけないのです。しかも、その売上が安定しなければ今月は支払いできても、翌月は支払いができない(あるいは赤字支払いになる)のです。
ようやく自分の給料を差し引いても会社が維持できる売上がイメージできるようになり、まだまだ十分ではないですがある一定の金額を差し引いても会社が維持できる売上に安定性がイメージできるようになりました。

(2)税務知識不足
サラリーマンの頃は給与計算も税金の計算も会社がしてくれ、場合によっては諸々を給与天引きしてくれて入ってきた給料を全て使えます。ですが、その計算も自分でしなければいけない上に、天引きしていなければそこから将来に納税しなければいけない金額を残しておかなければなりません。それがわかっていなければあとになって大変な目に遭うのです。
ようやくバリュークリエイトの顧問会計士やSから教わり、その計算ができました。

毎日のように目標を書いた紙と向き合い、明確な目標に向かってまっすぐ走り出しました。その結果が実感できていることが最大のモチベーションになっていることでしょう。

初給料。まだまだ十分な額とは言えません。それでも自分が自分で得たお金です。自分でしか得ることができなかったお金です。その額に喜びと感謝を。その額に自分の現実を。その額に自分の夢を。


posted by 奥田圭太 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集企画:N君成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業塾なるもの3回目

起業塾なるものの第3回が無事に開催できました。(第1回は→コチラ。第2回は→コチラ

今回はずばりディスカッションでした。たくさんの起業家の記事を読んでそこにあらわれてくる言葉や哲学に対してみんなが感じたことを話し合うというのが目的でした。他人の意見の中から気に入ったものや気に入らないものを抽出していくことで自分の意見をおぼろげながらつかむきっかけになればいいかなと思いました。

実際にやってみたところ、思ったよりもうまくファシリテートできませんでした。結果的に意見交換があまり交換されず、個々が自分の意見を発表するだけに終わった気がして反省しています。

参加者の姿勢も少し残念でした。「教わりに来ている」という大前提が姿勢に表れてしまっています。アントレプレナー精神をに少なからず関心を持ち、起業というキーワードに反応した面々として物足りません。「自分から」という姿勢や前に出る姿勢をもっと持って欲しいと思います。参加者で終わるのではなく、生み出す側に回る気持ちです。

何も言わなくても準備に来ている参加者もいました。毎回挨拶と後片付けだけはみんなでしっかりしようということは守られてきています。この会のいいことは教えられることではなく、周りの参加者の行動から学ぶことも多いことです。ただし、それに気づけるかどうかはその人次第です。
posted by 奥田圭太 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。