2007年08月09日

入居ビルの効能

バリュークリエイトの京都オフィスは、京都のオフィス中心地である四条烏丸にあります。オフィスワン四条烏丸という分譲オフィスビルです。この分譲オフィスビルの企画から中心となっていた社長様が古いお付き合いで、そのご縁もあって最終入居が決まりました。

2階はブース貸しのSOHOになっていて、京都オフィスがある8階はスモールオフィスにも一般事業オフィスにもなるようになっています。つまりは企業の成長段階に合わせて入居条件が選べるようになっているのです。

オフィスワン四条烏丸HP http://www.office1-kyoto.com/
SOHO OFFICE KYOTO HP http://venturedreamoffice.com/

このビルには企画をした社長様の想いがこもっているなという実感を得る出来事が続いています。それは「入居企業の成長を支援しよう」という想いです。このビルに入れば成長できる、それを実感して欲しいということです。

連日のように京都オフィスに社長様を通じて訪問してくださる方々がおられます。それは地元金融機関のTOPの方であったり、大手都市銀行のこの地区のTOPであったり、シンクタンクや弁護士の方・・・。中小零細企業が会いたくても簡単に会える方々ではありませんし、知っておいていただけるだけ心強い方々です。

入居して2ヶ月が過ぎようとしています。このビルにはひとつの縁から始まっていつの間にか輪になりつつあります。今後の企画にも加えていただき、入居者のビジネスマッチングも起こってきています。このビルの入居者の成長とこのビル自体の成長といろいろと見守っていきたいと思いますし、その中にバリュークリエイトもあると確信しています。


posted by 奥田圭太 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

今期最終調整With会計事務所

バリュークリエイトは8月決算です。今月が終わればいよいよ会社設立から丸2年が経ってしまいます。少しずつではありますが会社になってきた感があります。

本日はその決算に向けて、そして来期に向けて顧問会計事務所と最後の打ち合わせを行いました。今月は定収以外の大きな動きは起こしませんので、経費処理をしっかりするだけです。特に事務所開設経費やその他で発生した損金をきっちり整備して計上することが大切です。これらがきっちりできて初めて利益がしっかり確定します。今期も利益を出すことができそうです。

今期途中から会計事務所ではなくバリュークリエイトのオフィスで打ち合わせをするようになりました。まだ事務所もあるようなないような状態から今に至っています。そんなバリュークリエイトをずっと見てきてくださった担当さんだから感じていただけていることも多いようです。事務所そして最近の展開を見て、我がことのようにわくわくし、喜び、安心し、そして会社になってきた、やっていることがリアルになってきたと感じてくださっています。それらの集約が京都オフィスにあるようです。

私は今年もお盆休みは取りません。支援先を含む京都オフィスのメンバーたちは今週末から地元に帰ったりと休息を取るようです。明日はその準備としてオフィスの大掃除と打ち上げを行います。
posted by 奥田圭太 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業研修ってやれるんだろうか

昨日は仲良くさせていただいている企業様で「ブレックファーストミーティング」でした。一度使ってみたかった言葉です。実際にやってみるとなかなかいいものです。思えばクライアント先でも京都オフィスでも朝のサンドウィッチをかじりながら話し合っていたりするのでそれもこれに当てはまりますね。

それはさておき、そこでお話させていただいた内容は専ら「営業の仕方」でした。教育・理論というものではなく、あくまで私自身がやっていた実体験であり事実です。営業で悩まれている方に今までされていた方法を聞いて、それに呼応する形でずっとそのお話をしていただきました。お礼のメールをいただき、少しは役に立ったのかなと喜んでいます。

そして、夜、支援先の一人から「営業」をテーマにした企画を立ち上げているという話を聞きました。前からかじり聞いてはいたのですが、詰めたという企画の内容があまりに杜撰なものだったのでショックでしたが、それはさておき営業について少し考える機会になりました。

バリュークリエイトは「営業代行」と銘打ってお客様のビジネスマッチングや実際の営業活動を支援しています。元々は営業に自信がある人間が集まってできた会社です。ですが、今では自社の営業はしていません。

集約すれば営業研修ができるのではないだろうか。実際、数社の社長様から「うちの営業にいろいろ教えてやってくれ」と言われています。今回のブレックファーストミーティングも多分にそれを期待して設けられたもののように思われます。支援先がテーマにするくらいですから「営業」はタイムリーなものなのかもしれません。「営業」に何らかの価値が見直されているときなのかもしれません。

お話できることは理論でもテクニックでもありません。私の実体験であり、そこで起こった事実の数々です。営業の楽しさだけです。なぜなら私は営業をとても楽しんでいたからです。そんなもので良ければご依頼があればためしにやってみたいと思います。
posted by 奥田圭太 at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

最後の役割

昨日は東京に移動する寸前まである会社様の会議に出席していました。この会社様とは6月末で契約をある程度制約したのですが、来期に向けての大切な会議ということで同席させていただきました。

最初はほとんど知っている話で「どうして呼ばれたのかな?」と思っていたのですが、ちょうど真ん中を過ぎたあたりで合点がいきました。目の前がすかっと開いた感じです。直接お聞きしなくても社長が最後の仕事として私に何を求めているか(それは一つではないのでしょうが、その一つが)はっきりと見えたのです。

企業のトップはビジョンと方針を示します。しかし、それは漠然としたものでどう具現化していき、プレイヤーたちの統一感を持った行動に変わるかがその実現を左右します。そこにはたくさんの人の知識と知恵が必要です。長期的な視点、短期的な視点、全体論、部分論、現場の声、第三者の声・・・。

今回については新商品の開発です。そのビジョンは示されています。課題はその作り込みであり、社長様自身も売れる確信はあっても、どういう仕組みにすればリスクやリターン、顧客にとってメリットがあるかを詳細には作りこめていません。私の役割はその作りこみの理論的(あるいは金融的)、法律的な働きかけです。それが新商品を確固たるものにするということです。

来週にはその作り込みがスタートして来月には新商品・新サービスとしてスタートすることでしょう。「今月末まで」という意図は十分に伝わりました。
posted by 奥田圭太 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

創業期のお客様へ

先週はいわゆる創業期またはアーリーステージにあたる3社の社長様にお会いしました。「人人人人・・・」の話です。そのほとんどがご紹介でお会いさせていただきました。

ひとつは創業2年目、偶然にもバリュークリエイトと全く同じ会社設立日の会社様です。ひとつは業暦は長いものの新しい業態を展開されて3年目でようやく軌道に乗り始めた会社様です。ひとつは創業3年目、事業を急拡大してバタバタの会社様です。

どの企業様にも共通するのが、創業期を脱却しようとする会社共通の課題です。会社はどんどん大きくしたいし実際拡大しているのだが、いつの間にかがむしゃらに事業を拡大するところから事業以外に頭を悩ますことが増えた、という状態です。大きくは「財務」であり「ファイナンス」です。更には「人財」であり「清算」です。

事業を拡大するには「ヒト」「カネ」がどうしても必要になります。その課題を脱するには、がむしゃらではやっていけない知識や知恵、がむしゃらでやってきたからこそ蓄積されてきたものの整理やリストラが必要となるのです。

それらには第3の視点が必要になります。客観的視点や新しい価値観です。周りからどう見られるか、知っているか知らないかで大きく変わることもたくさんあります。バリュークリエイトではその第3の視点と実弾としての「カネ」をこの時期の企業様には提供しています。そのことでその企業様が創業期を脱して成長することがバリュークリエイトの将来の成長基盤になると確信しているからです。

短期的な取引ではなく、成長から生まれる長期的な取引に。その場の課題解決で終わるのではなく、成長を一緒に実感して行ける関係へ。それがバリュークリエイトの願いです。苦しいときこそ共にしたいのです。

今回はご紹介ということもあって、どの企業様からも1度の面談で信用をいただき、社長様自らたくさんのお話や多くの資料をいただきました。あとはこれをバリュークリエイトがしっかりアレンジして、次のステージに行くストーリーを社長様に提示しなおして実感していただくことです。
posted by 奥田圭太 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

劇団☆新感線「犬顔家の一族の陰謀」

プレビュー以来の2度目。(プレビューのときの感想は→コチラ)コンパクトにまとまってスッキリした印象。

さすがにプレビューのたるんでいた部分を削ぎ落として短くなっていました。主に映像と個々の響かない台詞がばっさりいかれていました。何よりも心地良かったのは遊ぶ人を橋本じゅんさん、古田新太さん、池田成志に限定したことだと思います。おかげでメリハリとドカッと感が出ていました。ネタもお相撲から映画まで最新の時事ネタが取り込まれていて単純に笑うことができます。

ノート以外には何も意味はない!そこまで言ってしまっていいのか分かりませんが、何も考えずに無駄な時間を過ごすのもいいことです。

千秋楽はお祭り。木野花さんが思わず謝ってしまうほどのハプニングも続出しましたが、おポンチ系だとそれも笑いを増幅させるお得感になるから不思議です。それを許していいのかと言われれば、そりゃいかん、いつまでゆるいんじゃ、と思うのですが、今日は笑って過ごします。

追伸
inu.JPG
無事煎餅も当たりました。

■公演内容
劇団☆新感線 2007年 夏休みチャンピオン祭り
「犬顔家の一族の陰謀」〜金田真一耕介之介の事件です。ノート〜
作・演出/いのうえひでのり
出演/古田新太 宮藤官九郎 勝地涼 橋本じゅん 高田聖子 
    小松和重 粟根まこと 池田成志 木野花
会場/シアターBRAVA!
日時/2007年8月4日(土) 12:30開演
料金/9,500円
posted by 奥田圭太 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

深澤直人ディレクション「チョコレート」

同じく、せっかく東京に来て空いた時間があったので宿泊先の六本木で目的物を見つけて徘徊してきました。7月29日のことです。

続いて東京ミッドタウン。これは先日訪れたところでした(→コチラ)。今回はそこにもアートスペースがあると聞いて行って来ました。

題して「Chocolateチョコレート」。昼食直後だったのでおなかがいっぱいだったのですが、なんてったってあくまでテーマにしただけでアートなんだからまさか食べたくなることはない展示だろう、と独り言ちながら歩みを進めました。

ところがどっこいです。おいしそうなチョコレートが並んでいます。もちろんチョコレートをテーマにした社会派のものもあります。ですが、それよりもチョコレートの質感を生かしたものや、まさにチョコレートがそこかしこに並んでいます。こんなチョコレート面白いよね、が並んでいるのです。そこには社会的なものがこめられていたり、発想の広がるものが含蓄されているのですが、それでも板チョコが並んでいることにはかわりがありません。その30個の板チョコが並んでいる光景は滑稽でもあり、芸術でもあり、食欲でもあるのです。

チョコレート好きのアーチストがチョコレートを食べるように作ったものが連立。チョコレートという誰もが好きなものを自分が好きなのはこうだからだと語りかけてくるようです。

それにしても食べたくなりました。入り口でいただいたおまけのチョコに感謝しながら・・・。

■展覧会概要
第1回企画展 深澤直人ディレクション「Chocolateチョコレート」
主催/21_21 DESIGN SIGHT 財団法人三宅一生デザイン文化財団
展示者/マイク・エーブルソン+清水友理(POSTALCO) フィリップ・ボーモン=パガーニ
    CABANE de ZUCCa FRONT 深澤直人 橋倉誠 肥田野永 HIMAA 石井洋二
    岩井俊雄 川路あずさ 北川一成 熊谷容子 松江幸子 皆川明 ジェームズ・モリソン 
    エリック・ナジ 大友学 杉山ユキ 鈴木元 鈴木康広 高井薫
    マーカス・トムリンソン 刀禰尚子+飯島敦義 TONERICO:INC. 遠山夏未
    津村耕佑(FINAL HOME) エドツワキ 植原亮輔+渡邉良重(D-BROS)
    トム・ヴィンセント VINTA ティエン ダニエル・ジョアノー 
    PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE 三宅一生+山本幸子 (ISSEY MIYAKE Inc.)
会場/21_21 DESIGN SIGHT
日時/2007年4月27日(金)〜7月29日(日)
料金/1,000円
posted by 奥田圭太 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

人人人人・・・

ニューヨークから帰ってきてからやたらとバタバタしています。私が口にするのを最も嫌う「忙しい」を使ってしまっています。来週まで物理的にかなりの時間が埋まってしまっています。しかし、心は豊かです。なぜなら根底がありがたい理由だからです。

やたらとたくさんの人に逢っています(逢わせていただく予定です)。

新規事業展開の中で事業の幅が広がったおかげで、より幅の広い会社様や個人様との関係が作りやすくなったのもあるのでしょうか、新規事業展開の話を聞いて「それなら!」と次々といろいろな方がいろいろな方を紹介してくださっているのです。また興味を持っていろいろな方が会いに来てくださっているのです。人が人を呼んでいく、まさに数珠繋ぎのように予定が「人」で埋まっていきます。

しばらくご無沙汰していた社長様、東京で会えていなかった人たち、起業仲間、学生団体の学生さんたち、バリュークリエイトで働きたいと言う人、クライアント先のインターン生、新規事業の対象企業、バリュークリエイトでインターンをしたいと言う学生、新規事業にご協力いただけるある会社の専務様、最近セミナーで出会った人たち。ニューヨークで仲良くさせていただいた方・・・キリなく人で埋まっています。

これらは全て序章です。それぞれの中身をこちらで少しずつオープンにしていければと思っています。見事に全てが動きそうな気配です。来週が終わるまでは「人との出逢い」の話題で尽きそうにありません。
posted by 奥田圭太 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。