2007年07月22日

平成中村座ニューヨーク公演「法界坊」

ついに海外まで追いかけて行ってしまいました。

海外に合わせてか、日本から離れてか、過剰なまでのオーバーアクションな演出とタブーを破り続けた公演。海外の人から返ってくる大きな笑い声と感嘆、日本人から返ってくる大喝采と困惑。第1幕と第2幕の差をどれほど意識できたかで反応は変化することでしょう。

さて、第1幕。まさに上記のようにオーバーアクションとタブーを破った演出の数々です。一つ一つのやり取りが体を中心とした過剰表現で笑いを誘い、主役が独り言を英語でしゃべる、外国人が歌舞伎の舞台に上る、演出家が黒子として一番おいしいところを持っていくといったハチャメチャ感で覆い尽くされています。アメリカナイズするとどうなるのか、外国人とコミュニケーションが取れるだろうか・・・といったチャレンジを詰め込んだように思います。歌舞伎ファンから観ると荒唐無稽かもしれませんが、これは第2幕への伏線と考えると逆にそのチャレンジさえも計算に思えてしまいます。実は海外のお客様にだけ分かる演出と日本からのお客様にだけ分かる演出も入り混じった、非常に配慮溢れる演出であったりもします。

ともあれ、第1幕は、中村勘三郎さんの必死の英語の練習の甲斐もあって外国人の笑いで溢れ、日本人には笑いと困惑を生んだのです。父親勘三郎さんの暴れ狂う演技と息子二人(勘太郎さん、七之助さん)の生真面目な演技のコントラストが非常に活きていました。

そして、第2幕。恐ろしいまでに歌舞伎原点回帰。説明は一切入れられずただただ歌舞伎の様式美が繰り広げられます。第一幕での笑いが嘘のようにお客様全体が一つのものに惹き付けられて固まってしまいます。男性と女性と化け物・・・豪華さと迫力が会場全体を震わせます。短い時間ながら本当に見せたかったものが凝縮された素晴らしい舞台でした。

個人的には勘太郎さんの口惜しいを表す色気ある振る舞いの数々、橋之助さんの吹っ切れた感のあるキレの戻った立ち役が観られて満足しています。それにしても「中村屋!」はどこまでいくのでしょうか。最先端と伝統の両極端を愛する人の行く末はまだまだ期待でいっぱいです。

追伸
アメリカの劇場文化からはやはり学ぶべきものも多いです。
まずその一つが金額のバリエーションの多さ。この公演も25ドル〜200ドルの6段階に分かれています。他のブロードウェイでも大体4〜5に分かれていてどんな人でも観られるようにと考えられているようです。
もう一つは良ければ観に行くというスタンス。日本のように始まってもいない公演が即完売などということではなく、始まってからその評判が公演の成否を決します。いいものは何度でも足を運ばれますし、毎日が真剣でなければお客様は来なくなります。
当たり前のようで日本では何かがおかしくなっているように思います。

■公演概要
LINCOLN CENTER Festival 2007
平成中村座ニューヨーク公演「法界坊(Hokaibo)」
演出/串田和美
出演/中村勘三郎 中村橋之助 坂東弥十郎 中村勘太郎 中村七之助 
    中村扇雀 片岡亀蔵 笹野高史 串田和美 
会場/Lincoln Center Avery Fisher Hall
日時/2007年7月18日(水)14:00開演
料金/$200.00


posted by 奥田圭太 at 02:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。