2007年07月17日

JAPANESE IN NEWYORK

長い長い16日もまもなく朝を迎えようとしています。NY初日は限りなく「ジャパニーズ」に時間が過ぎていきました。

DSCF0698.JPG DSCF0696.JPG DSCF0697.JPG 
(参考:到着直後のホテルからの写真)

空港で偶然隣り合わせた日本人留学生と仲良くなり、ニューヨークを案内していただく初日。夕方に軽食(もちろん毎度のハンバーガー。量が多すぎて撃沈)を済ませ、夕食をご一緒いただく。選んだメニューは「創作寿司」です。様々な組み合わせや付けタレの工夫で、日本にはない新しいおいしいお寿司を味わうことができました。広げるつもりがあるかどうか、その原点を見たように思います。その後に行ったのが「カラオケ」です。コリアンタウンの近くだったのですが、日本人が主流で、日本のカラオケ冊子がきっちりと置かれ、日本と変わらない日本曲のカラオケが味わえてしまいます。隣の部屋から聞こえる歌声も日本語で、日本と変わらない感覚を味わってしまいました。

その後は日本人留学生と別れて、日本人が経営するお酒を味わう場所に移動。初訪問にもかかわらず心温かいお母さんにお相手をいただき、終始リラックスさせていただきお酒が進みます。お母さんのお招きで次なるお店でお酒と軽食を味わい、様々なニューヨークでの方々をご紹介いただき、後方には憧れの方々が席を連ねておられ、お母さんの生まれながらの人脈とニューヨークでの人脈に驚くばかりでお酒ばかりが進みました。

今日はほとんど日本語で過ぎていきました。ニューヨークでも偶然出遭った方々に良くしていただき、輪が輪を生んでいきました。観光スポットだけを見ていては見られないものにもたくさん触れることができましたし、行かれないお店にも行って楽しむことができました。

人はどこかでつながっています。それは異国の地に降り立っても同じことでした。そのつながりをきちんと気に留め、つながりをきちんとつなげていけるかが世界の広がりだと痛感しました。まだ3日間あります。今日の出逢いがどこまで広がっていくか。自分でもわくわくして止まりません。明日は少し見たいものを見て回りますが、それでも予期せぬ広がりに期待せずにはいられません。

       2006-07-17 05:00 NEW YORK,NY USA


posted by 奥田圭太 at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。