2007年07月09日

反省とは行動に移すことである

反省とは、自らを振り返って省みる、という極めて自分の内側にこもる行為であり、多くの場合、考えて足を止めることになりがちです。ですが、反省にとって一番大切なのは行動に移すことです。

(1)自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。「常に―を怠らない」「一日の行動を―してみる」
(2)自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。「―の色が見られない」「誤ちを素直に―する」
                              (出典:大辞泉)

「反省会」というものがよくあります。これは学生でも社会人でもよく耳にする言葉でしょう。そして、この多くが会というものに多くの時間を費やし、反省に反省を塗りたくり、内に内に下に下に進み、終わったときにはぐったり・・・その疲労感がやりました感という充実感とはまた違った徒労感としてどんよりと残ります。「会をやりました」という以外に何を生み出さないのです。ひどいときには自己満足感だけで次回にさえも生かされないのです。

反省とは何のためにするのか。それは間違いなくそれを次に生かすためです。つまりは次に行動が生まれて初めてその反省は目的を果たすのです。反省をしたことが重要なのではなく、それを行動に移すことが重要なのです。

反省会とは、ごめんなさい会でも自己満足会でもなく、次なる行動を決定する会です。

反省ばかりをしている(つもりの)人、あなたは行動していますか。本当に反省をするというのは行動が伴うことです。考えることではなく、動くことです。その動きに変化があるというのが一番反省しているということです。


posted by 奥田圭太 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。