2007年07月30日

森美術館「ル・コルビュジェ展」

せっかく東京に来て空いた時間があったので宿泊先の六本木で目的物を見つけて徘徊してきました。昨日のことです。

まずは六本木ヒルズ。初めてではないのですが施設内を利用するのは初めてです。朝一番到着でやや曇り気味の東京の街が360度望める東京シティービューへ。ぶらぶら歩きながら森美術館の開館時間を待ちます。そして10時の開館と同時に森美術館の中へ。

ル・コルビュジェ。

絵画から始まって建築へ。直感的な感想としては今となってはめずらしさをあまり感じませんでした。特に建築に関しては極めて「実用主義」でその時々の最新技術でもっとも実用的なものを設計してきたという印象です。ですから今ではほとんど当たり前に見受けられるものを一番最初にやった人という印象です。幾何学を基調としていて黄金比や切り取りの組み合わせという計算が根底に流れているの調和の美と実用の効がうかがえます。光の取り扱いと色彩感覚には独特のものがありました(だから絵画も素晴らしいのでしょう)が、それでも根底に流れるものは奇抜より実用です。

その作品そのものよりも楽しめたのが軌跡でした。単純な絵画が幾何学から住居という小さな箱となり、それが組み合わせと建築技術の進歩により巨大化でき、あげくにはその新奇性が社会に受け入れられない中で意地になって無駄にまでに肥大化してしまう。そして最後に絵画と小さな小さな自分と妻のための小屋に帰って来る。その人間性を映し出す見事なストーリーでした。作品以上にその人間の軌跡が心に響きました。

その後は六本木ヒルズ天空の水族館SKY AQUARIUM(with Perrier Cafe)を徘徊。最初は小魚のきれいな水族館だったのですが、後半はなにやら室内に水槽を奇抜に取り入れましょう、みたいになっていって違和感が。素直に水槽を気持ちよく泳ぐ魚たちを見たかったのですが。

■展覧会概要
ル・コルビュジエ展〜建築とアート、その創造の軌跡〜
主催/森美術館 ル・コルビュジエ財団 NHK 読売新聞東京本社
会場/森美術館
日時/2007年5月26日(土)〜9月24日(月・祝)
posted by 奥田圭太 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

NODA MAP番外公演「THE BEE(ロンドンバージョン)」

役者の身体的魅力、英国演劇の底力が初っ端から最後まで走りきる芝居。野田演出の日本版、英国役者のロンドン版といったところでしょうか。

日本版観劇後の感想はコチラ
http://white-base.seesaa.net/article/46967948.html

作品・ストーリーは日本版と全く同じです。以下日本版の時の転記。「作品としては、前半は風刺劇。マスコミ・警察を徹底的に皮肉り、その向こうにいる無責任な私たちに突きつけます。言葉も多く、早口でただうるさく消費されていくだけです。後半は暴力の連鎖。外にあるものが全て敵に見え、恐怖心でいっぱいの主人公は暴力により小さな小さな世界の王様になることを選びます。それが自分の家族をも存在を薄め、暴力という狂気の中で、暴力の連鎖もいつの間にか孤独なルーチンとなっていきます。最後は無意味なリフレインです。むなしさだけ残ります。」

演出はどちらもシンプルでしたが、日本版には明らかにロンドン版の進化と別物にする(特に女性の描き方か)という意識が意図的に加えられていて、確かにそれは進化していました。紙の扱い方、役者の入れ替わり方、スピード。ですが、個人個人の底力を見たときにロンドン版の役者陣は素晴らしいものがありました。すごい人間たちを見せてもらった!というのが率直な感想です。野田演出の良さよりも役者陣のパワーや身体的表現に圧倒されたというか・・・。キャサリン・ハンターさんに拍手!!

どちらもシンプルで想像力を最大限に刺激してくれる幸福な時間。「創造と想像」という二つのソウゾウと言った同席者の感想そのままに。

■公演内容
NODA MAP番外公演「THE BEE(ロンドンバージョン)」
原作/筒井康隆
脚本/野田秀樹&コリン・ティーバン
演出・出演/野田秀樹
出演/キャサリン・ハンター トニー・ベル グリン・プリチャ−ド
会場/シアタートラム
日時/2007年7月29日(日) 16:00開演
料金/6,500円
posted by 奥田圭太 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

「細野晴臣と地球の仲間たち」

夏が始まりました。穏やかなゆるいゆるい野外フェスティバルの始まり。

竹中直人さんのトークショーから始まり、前半は細野晴臣トリビュートアルバムに参加した豪華面々が順に登場。1曲終わればまたセットも変わって次という・・・。15分休憩後、今度は細野晴臣さんを中心としたバンド編成で古い曲から新曲までカントリー尽くし。最後は全員でお客様も立ち上がっての大合唱。

前半イチオシはスケッチショー。曲調の違いもあってか、インパクトも演奏のかっこよさも抜けていました。女性人では畠山さんの歌が良かったです。個人的には片寄夫妻を見れたのがなんとなく満足感を上げてくれました。前半のバラバラ感をなんとなくまとめていた高野寛さんは大人の魅力。逆にどんな場でもキャラが立っていた竹中さんは別格でした。と羅列。

後半は細野ワールド。そのゆるいゆるいキャラクターとカントリーのリズミカルさが心地良い時間。身体が内側からずっと揺れ動く時間。日が暮れ蝉の声は止み、外の風が気持ちよく、空にはたくさんのヘリコプター。どんどん暗くなるにつれて空を眺めながら頭を空にして、身体を揺らしている素敵な時間。周りのお客さんが誰もスタンディングしないので静かにしていましたが、たってゆらゆらしていたかったなと。

ちなみに。たまたま指定席の場所が舞台と舞台裏の両方が見える席で別の楽しみがありました。始まる前から出演者たちが談笑しているのも見えましたし、終了した出演者たちが舞台を見るために出てきているのもよく見え、ダブルの観賞でした。

■公演内容
「細野晴臣と地球の仲間たち」〜空飛ぶ円盤飛来60周年・夏の音楽祭〜
出演/細野晴臣 高橋幸宏 坂本龍一 ヴァン・ダイク・パークス コーネリアス(小山田圭吾)
    カヒミ・カリィ 嶺川貴子 畠山美由紀 高野寛 口ロロ 小池光子
    林夕紀子 Bophana ヴァカボンド 片寄明人 ショコラ 高田蓮/竹中直人 
会場/日比谷野外大音楽堂
日時/2007年7月28日(土)18:00開演
料金/8,800円
posted by 奥田圭太 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩のボクシング滋賀大会

またもや我らが徳本貴士君がやってくれます。バリュークリエイト京都オフィス常連の徳本君が面白い大会の本戦への出場が決まり、その報告に来てくれました。最近手伝ってくれた仕事(ゲーム?)のバイト料をお渡しし、そのあとは本戦に向けての相談を受けました。その大会とは・・・

第3回「詩のボクシング」滋賀大会 2007年8月5日(日)13:00開催

です。

詩のボクシングとは、ボクシングのリングに見立てた舞台上で2人の朗読ボクサーが自作の詩を全身を使って朗読し、どちらの言葉がより観客に届いたかを複数のジャッジが判定する「言葉のスポーツ」「言葉の格闘技」である。大会は、自分の言葉を声にする場。いざ戦いの場へ!とチラシにはあります。

私もテレビで何度か見たことはあったのですが、まさか自分の知人が出場することになるとは。テレビで見た感想ですが、言葉そのものの魅力、人が発する音・リズムとしての魅力、そしてその場の空気をつかむ力が問われる大会で、笑いあり涙ありの、観客はかなりのエンターテインメントとして楽しめるものです。生で観てみたいと思ってもいたのでこれが機会になれば。

徳本君の素案を見せてもらって、私の思う私なりの詩のボクシングのイメージとアドバイスはさせてもらいました。彼は擬人化や別のものに喩えることが得意なのだと思いますし、言葉はシンプルで心地よいです。といってもこれはただの言葉ではなく発する言葉なので、発することで本人の中から何が出てくるか、そして当日のライブ感が勝負だと思います。

優勝者は賞金と全国大会の出場権を手にするようです。出場者は予選を突破した16名。栄冠は誰の手に!

■イベント詳細
第3回「詩のボクシング」滋賀大会
http://cgi.shiga-bunshin.or.jp/souzoukan/event-syosai.php?number=1988
主催/財団法人滋賀県文化振興事業団
日時/2007年8月5日(日)13:00〜
会場/しが県民芸術創造館(南草津駅徒歩10分)
入場料/一般1,000円 高校生以下500円
posted by 奥田圭太 at 10:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業塾なるもの2回目

起業塾なるものの第2回が無事に開催できました。(第1回は→コチラ

第1回は、各人の自己紹介、アントレプレナーという言葉の意味やこれから学んでいく知識部分の紹介(イントレプレナーが衝撃的!)、ある社長様の実体験としての社長の役割(言い訳不可・信頼するしかない)を体感しました。

そして第2回。同じくある社長様に実体験としての「覚悟」の部分を話していただきました。体調が悪く、そのあとの予定が詰まっていたにもかかわらず限られた時間で精一杯語っていただきました。逃げない・ぶれないという覚悟が起業家とかそんなことよりも人間の基本のような気がします。それを背負う人がモノを開くのだなと、リアルすぎて妙に納得しました。

そのあとは講義形式で、今や当たり前に使われる「ベンチャー」や「アントレプレナー」という言葉が生まれてきた背景や言葉の意味、様々な諸説をしっかりと学びました。ちょっとしたアントレプレナー精神診断もあってドキドキもしてしまいました。

全体を通じて、起業なんて言っているけれど事業計画や資金計画や人事計画なんかそもそもの覚悟や根拠がなければただの紙切れ、そんなものを「うまく」作れたって仕方がないよな、とテクニックより本質だろうとつくづく思いました。単純な計算じゃなくて想いだろうと。理屈よりも対応する覚悟とマインドだろうと。魂こめなきゃ。

次回はそんなそれぞれの参加者が思ったことをディスカッションすることになりました。価値観のぶつかり合い、非常に楽しみです。1期生は社会人もいれば、学生ベンチャーやっている人もいれば、学生一本の人もいるのでなおのこと楽しみです。次回は8月10日(金)です。観覧希望者は私宛にご連絡を。
posted by 奥田圭太 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

第12回「京都発!!勉強会!!」終了のお知らせ

第12回「京都発!!勉強会!!」も無事終了しました。これは日曜日のことなのでこのブログが最近かなり後追いになっています。反省。今回も私より先にmixi内で感想や自己分析を数名の方がしてくれています。

今回は「世界の縮図ゲーム」ということで定番シリーズかつ人気シリーズ。ありがたいことにこのゲーム初体験の人が多く、初心に帰るように、初め「しーん・・・???・・・」から怒涛の中盤後半への差し掛かる面白さがありました。過去2回になかった展開も入れてみたおかげで更に白熱しました。今回の特徴は、見事に最下位予想(最低条件)チームが大逆転優勝したことです。むしろ条件が良し悪しが順位を逆転させました。油断大敵です。負けたチームこそが多くのことを気づいたんではないでしょうか。

解説では、世界の経済比較論として、中国に対する進出の仕方とそれぞれの国が持つ素地・思想の違いのようなものについて、米国・日本・欧州を比較してお伝えしてみました。その話をするきっかけになったのも今回のゲームであるチームが取り組んだ姿勢がまさにそれを示唆していたからです。そこまで浮き彫りになるこのゲームの面白さを私自身が再発見できました。

「京都発!!勉強会!!」からの重要なお知らせもさせていただいたのですが、これはまた後日こちらでもご案内させていただきます。次回は8月の後半で平日夜に開催するかもしれませんが、場合によってはお盆等の兼ね合いで9月に繰越になるかもしれません。またテーマと含めて後日ご案内いたします。お楽しみに!

2007年07月25日

京都オフィス開放

本日より一人の学生さんがバリュークリエイト京都オフィスに通ってくれています。学生さんといっても大学生ではなく、大学合格を目指す学生さんです。

この学生さんが京都オフィスに通う理由は、授業の間に行く場所がないからです。予備校の夏期講習に通っているのですが、午前中と夕方の授業を取っていて午後早い時間にいる場所がないのです。自習室は混雑していて、一度家に帰るのも無駄で困っていたのです。そこで本日よりバリュークリエイト京都オフィスを自習室として活用しています。会ってしばらくは久しぶりに会ったのでいろいろと話をしていたのですが、そのあとは一言も発せずに集中して勉強をしていました。彼には大きな夢があることを知っているので、これからも全面バックアップしますが、まずは志望校に合格して欲しいと強く願っています。

そういえば、昨日はある大学サッカー部の管理職の学生さんが一日経理事務をやっていました。部活動に要した経費関連の大量の領収書を大学指定のやり方で整理・添付したりと奮闘していました。今までは喫茶店でやっていて嫌な目で見られていたそうです。このときもお昼ごはんをそのときオフィスにいたみんなで一緒に食べ、あとはそれぞれがそれぞれの仕事に集中していました。

こんな風に京都オフィスは様々な方に場所を提供しています。学生さんや社会人の方に息抜きや仕事にと活用してもらおうという試みです。打ち合わせの合間にお茶をしに来るもよし、作業に没頭しに来るもよし、相談に来るもよし、起業したがオフィス借りる余裕はないから・・・、活用方法は人それぞれでいいと思います。京都市内ど真ん中にそんな場所があるのです。これがバリュークリエイト京都オフィスの「8階のスタバ」構想です。
posted by 奥田圭太 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

「The Phantom of The Opera」

ブロードウェイミュージカル連日観劇。前日の「RENT」の衝撃もあって、真逆のもので今一度確かめたかったが故に急きょ選ばれた典型的ブロードウェイ作品というイメージが強かった作品。その実態は「RENT」の衝撃が引き続く、極めて個の人間が持つ身体表現的な世界。

日本版で言うところの「オペラ座の怪人」です。ストーリー自体はご存知のように怪奇ロマン、怪人の悲恋などと非常に重い作品です。そのためセットや照明は全体的に厳かな雰囲気はありますが、それでもやはり思っていたよりはちゃっちいです。演出も同じように、生演奏の厳粛さや重厚さ(テーマ曲の生演奏はやっぱりいい!)はあるものの、極めてシンプルです。演じ手たちの個人の力量に非常に重点が置かれていて、全体というよりも登場人物一人ひとりに目を見張るというのが感想です。

それにしてもブロードウェイ版オペラ座の怪人は、怪人の悲哀が心を揺さぶります。若い二人のハッピーエンドよりも怪人の心の揺れが強烈です。第1幕第4場と第2幕最後(つまりは怪人登場の一番最初と一番最後)の怪人の仮面に浮かぶ表情の違いがたまりません。「怪人の気持ちも分かる!」と叫びたくなるようです。涙している人も少なくありませんでした。

関連:「RENT」を観たときの衝撃
   http://white-base.seesaa.net/article/48335760.html
   「オペラ座の怪人」あらすじ
   http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/4232/op-story.htm

■公演内容
「The Phantom of The Opera」
会場/MAJESTIC THEATRE IN NY
日時/2007年7月18日(水) 20:00開演 IN NY
料金/$56.50(ticketmaster)
posted by 奥田圭太 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

平成中村座ニューヨーク公演「法界坊」

ついに海外まで追いかけて行ってしまいました。

海外に合わせてか、日本から離れてか、過剰なまでのオーバーアクションな演出とタブーを破り続けた公演。海外の人から返ってくる大きな笑い声と感嘆、日本人から返ってくる大喝采と困惑。第1幕と第2幕の差をどれほど意識できたかで反応は変化することでしょう。

さて、第1幕。まさに上記のようにオーバーアクションとタブーを破った演出の数々です。一つ一つのやり取りが体を中心とした過剰表現で笑いを誘い、主役が独り言を英語でしゃべる、外国人が歌舞伎の舞台に上る、演出家が黒子として一番おいしいところを持っていくといったハチャメチャ感で覆い尽くされています。アメリカナイズするとどうなるのか、外国人とコミュニケーションが取れるだろうか・・・といったチャレンジを詰め込んだように思います。歌舞伎ファンから観ると荒唐無稽かもしれませんが、これは第2幕への伏線と考えると逆にそのチャレンジさえも計算に思えてしまいます。実は海外のお客様にだけ分かる演出と日本からのお客様にだけ分かる演出も入り混じった、非常に配慮溢れる演出であったりもします。

ともあれ、第1幕は、中村勘三郎さんの必死の英語の練習の甲斐もあって外国人の笑いで溢れ、日本人には笑いと困惑を生んだのです。父親勘三郎さんの暴れ狂う演技と息子二人(勘太郎さん、七之助さん)の生真面目な演技のコントラストが非常に活きていました。

そして、第2幕。恐ろしいまでに歌舞伎原点回帰。説明は一切入れられずただただ歌舞伎の様式美が繰り広げられます。第一幕での笑いが嘘のようにお客様全体が一つのものに惹き付けられて固まってしまいます。男性と女性と化け物・・・豪華さと迫力が会場全体を震わせます。短い時間ながら本当に見せたかったものが凝縮された素晴らしい舞台でした。

個人的には勘太郎さんの口惜しいを表す色気ある振る舞いの数々、橋之助さんの吹っ切れた感のあるキレの戻った立ち役が観られて満足しています。それにしても「中村屋!」はどこまでいくのでしょうか。最先端と伝統の両極端を愛する人の行く末はまだまだ期待でいっぱいです。

追伸
アメリカの劇場文化からはやはり学ぶべきものも多いです。
まずその一つが金額のバリエーションの多さ。この公演も25ドル〜200ドルの6段階に分かれています。他のブロードウェイでも大体4〜5に分かれていてどんな人でも観られるようにと考えられているようです。
もう一つは良ければ観に行くというスタンス。日本のように始まってもいない公演が即完売などということではなく、始まってからその評判が公演の成否を決します。いいものは何度でも足を運ばれますし、毎日が真剣でなければお客様は来なくなります。
当たり前のようで日本では何かがおかしくなっているように思います。

■公演概要
LINCOLN CENTER Festival 2007
平成中村座ニューヨーク公演「法界坊(Hokaibo)」
演出/串田和美
出演/中村勘三郎 中村橋之助 坂東弥十郎 中村勘太郎 中村七之助 
    中村扇雀 片岡亀蔵 笹野高史 串田和美 
会場/Lincoln Center Avery Fisher Hall
日時/2007年7月18日(水)14:00開演
料金/$200.00
posted by 奥田圭太 at 02:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

ニューヨーク近代美術館(MoMA)

ニューヨーク近代美術館に現地時間2007年7月18日(水)に行ってきました。ニューヨーク近代美術館は、The Museum of Modern Artから通称「MoMA(モマ)」と呼ばれています。

現地で手にした日本語の案内によると。ニューヨーク近代美術館は、リリー・P・ブリス、メアリー・クリン・サリバンとアビー・オルドリッチ・ロックフェラー、そのほか4人の理事により、現代という時代を見据えた最初の美術館として1929年に設立。その比類なきコレクションには、1880年代のヨーロッパの革新的なアートから今日までのあらゆる時代にわたり、それぞれの視覚文化を代表する作品が所蔵されている。また、従来の伝統的な表現方法だけでなく、フィルムや工業デザインといった、現代ならではの表現と呼べる作品も網羅。現在、約15万点に及ぶ収蔵作品を通じて近・現代美術の全体像を概観することが可能。美術館の建物は、建築家、谷口吉生氏による増改築。所蔵種類は「建築・デザイン」「写真」「版画・挿画本」「絵画・彫刻」「ドローイング」「フィルム」「メディア」に大別される。

MoMAの最大の特徴は、美術館の建物そのものが現代美術として堪能できることであり、美術を楽しむためのスペース作りと、6階建てを歩き回るだけでも十分楽しい建築物としての作りが両立していることです。しかも、個人で楽しむためであればほとんどの常設展示・共用部分が写真撮影可能なのです。半日もしくは1日中歩き回っても尽きることはありません。

ピカソやモネ、アンディ・ウォーホールといった絵画の有名どころは5階に集中しているためか5階がとても混み入ります。個人的には地下1階の映画ポスター所蔵のシアター2や3階の建築デザイン類、吹き抜け一面の白い壁に落書きのように書かれた資本主義風刺の絵が楽しかったです。特別展のRichard Serraの迷路のような空間作りは、今回だけの楽しみだったと喜んでいます。

とにかく多い。どれだけ観ても観ても足りません。今回の滞在でも十分に回れたとは決して言えません。むしろ駆け足だったので後ろ髪を引かれる思いでした。何日もかけて当たり前のように通うのがおススメです。なお、会員にならないと平日でも行列に並ばないといけないのでご注意を。

また併設されている本屋・雑貨屋が最高です。ここでも1日過ごせてしまいます。(私は前日の火曜日(休館日)にも来てしまい、この本屋・雑貨屋で数時間過ごしました。)細かくて楽しいものからおもちゃや雑貨に食器類、もちろん芸術書もいっぱいでカラフルな空間は見て回るだけでも十分に楽しめます。私は大量購入してしまいましたが・・・。

posted by 奥田圭太 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。