2007年06月20日

「キサラギ」

とってもウェルメイドな、とってもわかりやすく楽しい作品。ワンシチュエーションコメディのシンプルな良品。

さながら舞台を観ているようでした。三谷幸喜と評する人もいるかもしれませんが、私には「MONO」がすぐに浮かびました。一つの空間で立場がどんどん入れ替わっていく伏線の張り方やキャラクターの差別化した誇張などは土田戯曲・演出に非常に近しいものを感じました。土田さんに比べれば話の展開がすぐに読めてしまうシンプルすぎるところはありますが、根底にある真実の主観性や人間の哀愁も通じるものがあります。これは舞台化の話がすぐ出そうですが、それはそれでどうかと思いますが・・・。

とにかく話がシンプルで分かりやすい。もちろんサスペンスでもあるのでどんでん返しの連続ではありますが、そのどんでん返しも笑とともにとてもわかりやすいです。簡単に読めてしまうというのもありますが、こういうシンプルな作品では逆に読めることが期待に応える形になり、そこには清清しさが漂います。

役者の方々は誇張をしっかりと大切にして快演・怪演。ユースケさんが「踊る〜」のパロディをやってのけてしまう(「真実は一つ」が売りの刑事ものから「真実は主観」だなんて言い切っちゃうのが心地良い!)ことから、小栗さんと小出さんの新境地まで。香川さんと塚地さんは期待通りです。

登場しない人物を登場人物たちがどんどん想像させてくれる。不在者なのに一番輪郭がキレイに浮かび上がってくる。そんな不在であることを楽しませてくれる伏線満載のシンプル作品でした。

■作品概要
題名/「キサラギ」
2007年/ショウゲート
監督/佐藤祐市
原作・脚本/古沢良太
出演/小栗旬 ユースケ・サンタマリア 小出恵介 塚地武雅 香川照之
会場/京都シネマ
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。
posted by 奥田圭太 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(20) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。