2007年06月10日

「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」

蜷川さんができるだけ何もしないで、井上ひさしのホン(台詞・ト書き両面)と役者の演じ方を前面に押し出した快作。根底に流れる「切なさ・刹那さ」が講談回しの中でじわ〜と流れ続けています。実年齢とか関係なく演じてしまえるのも舞台の醍醐味でした。

井上ひさしさんのホンにひたすら感嘆しました。これだけの台詞をリズミカルにかつ緻密重厚に書ききるその筆圧に圧倒されました。文芸に詳しい人や批評家からすれば驚くほどいろいろなものが詰まっていることが分かるのでしょうが、素人の私にでも井上さんがものすごく勉強されていることだけは十二分に伝わりました。これだけのホンに触れられただけでかなりの満足感です。言葉がすごい、ト書きがすごい。

それを体現してくださったのが今回の役者陣。特に講談師の役回りでもある譲さんが根底に流れるどろっとした川をしっかりと支え、立ち回りでは段田さんが強烈なアクセントとなって古田さんを照らし続けていました。古田さんは相変わらず噛み噛みでなんとかならんのかとかこの役はもう少し痩せて欲しいとか思いつつも、休憩前の手抜き感から休憩後の貫禄と哀愁に移るその役者の勘どころのようなものはさすがです。後半の声はまさに古田さんの魅力そのもので悪役の迫力よりも背景にある切なさが滲み出ていました。

蜷川作品が好きな人にはいまいちな作品だったのではないでしょうか。逆に私のように蜷川演出が苦手な人間には好ましい作品だったように思います。よくぞ余計なことをしてくれなんだ蜷川さん。とすぐ近くの席で一緒に観劇されていてカーテンコールでは舞台に上られた蜷川さんをそんな目で見ていました。役者が良くて、蜷川さんが任せればいいものになる、そんな気がします。蜷川さんは環境づくりの演出家なんだな、と。逆に演出をきっちりつけなきゃいけない役者のときは出来上がりもひどいなと。

今回は場面転換が難しい作品をそのまま放置してしまったという点(そこに工夫がなく場面転換が見苦しかった点)とか不要にも感じる字幕においては演出はいまいちでしたが、それでもホンと役者が際立った、テンションはどろっと低めですが、じわじわと良さを感じるこの日でした。

■公演内容
「藪原検校 やぶはらけんぎょう 薮原検校」
作/井上ひさし
演出/蜷川幸雄
音楽/宇崎竜童
出演/古田新太 田中裕子 壌晴彦 段田安則 梅沢昌代 六平直政
    山本龍二 松田洋治 神保共子 景山仁美 
ギター/赤崎郁洋
会場/シアターBRAVA!
日時/2007年6月10日(日) 13:00開演
料金/11,550円
posted by 奥田圭太 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PV目標設定!?

友人の結婚式や二次会に出席すると一度にたくさんの友人と再会を果たすことになります。新しい二人の関係が生まれると同時に過去のたくさんの出逢いの関係を再構築してくれる素晴らしい機会でもあったりします。いつでも会えると思いがちで、そう思っているうちは意外に会わなかったりする友人と再度会わせてくれます。

このブログは、何故か友人たちが熱心に読んでくれていたりします。

そんなありがたい友人である読者たちや友人であるブログの先生たちにも会えるのです。

そして、こんなブログを毎朝の目覚めにしてくれているじょーじさん(おはよう!昨日はお疲れ様!と私信をしてみる)やブログの先生であるちょうさんとブログの話をした結果、PV(ページビュー)目標を5年後までに月間100,000に設定することにしました。今は20,000ちょいなのでおよそ5倍の規模です。

このブログはひっそりと進めてきました。これを機に前に出ようと思います。今まで全くしてこなかった広報活動も少し進めようと思います。リンクもほとんどしていませんでしたが、被リンク数も増やす努力をしようと思います。もちろん読んでいただく為に読んでいただいている方々の意見をもっと聞いてもっと取り入れようと思います。それが一番だと思っています。他にもできることがあれば教えてください。更新頻度は無理をしたくないのでこれ以上上るわけではありません。「ほぼにち」継続です。

目標月間PV100,000。

我ながら思い切ったものです。ですが、たくさんの刺激を受ける中でたくさんのものにチャレンジしていくことは大切です。たかがブログ、されどブログ。そんなことの積み重ねだと思うのです。
posted by 奥田圭太 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入交じった日

今日はビジネス仲間でも友人でもある方の結婚式の二次会に出席すべく東京に来ております。明日朝一番で京都にとんぼ返り予定です。そんな中に飛び込んできた訃報で感情的にいろんなもの、幸せや不幸せ、過去や未来が入交じって過ごした時間でした。

不幸というのは伯父の急逝です。この伯父さんは私の面倒を驚くほど見てくれた人です。ご自身に息子さんがおられないからか私のことを自分の息子のように可愛がり、そして期待をしてくれていました。心のどこかでその期待に応えようと私自身も思い続けていましたし、伯父さんもそれを喜んでくれていたと思います。勝手に逝くなよ、おっちゃん。最後にいなかった自分を恨みながら伯父さんに笑いながら苦言をかけたいのです。

幸せは幸せ満開の結婚した友人でした。出会って4年くらい経つ友人なのですが、その幸せな姿はやはり気持ちのいいものです。彼とはこれから仕事でもいろいろ絡むと思っています。三木谷さん、そりゃ男気ないぜよ。そんなことを率直に思いながらも、新郎(友人)新婦の幸せな顔を見ているときはいろいろ忘れられて私にも有難い時間でした。不幸せは自分にこもりますが、幸せは周りにも伝染して届くのでいいです。

複雑に入交じった感情。ですが、どちらも新たなスタートを意味するものですし、そういう意味では未来を見て前向きに捉えるものです。止まるは易し、だから進もう。
posted by 奥田圭太 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。