2007年06月03日

「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」

念願の「若冲展」に入ることができました。

前回入ろうとしたときは40分待ちでした(→コチラ)。今回は朝一番に行ったにもかかわらず、最終日ということもあってか「120分待ち」でした。間違いなく並んで立っている時間のほうが実際に美術館内にいる時間より圧倒的に長いです。美術館内でも制限が多く、観ている時間で言えばあっという間です。とはいえ、若冲初期作品から水墨画の傑作群に色彩満点の動植物綵絵は並んで観る価値はあります。

感想。とてもわかりやすい良さでした。

まん丸と浮かび上がるコントラスト。
この方の筆跡はとても丸みを帯びています。印象に残るのがまん丸な月と動物たちのまん丸な瞳です。それが表情を与えています。
もう一つがコントラスト。水墨画でも色彩画でもそうですが、濃淡・赤と白のコントラストが強烈で、それぞれの色が浮かび上がるように描かれています。それがまた表情を与えています。

素人にもわかりやすくとてもとても手間がかかった大作の数々。ただただそれに没頭している姿が誰の目にも浮かぶことでしょう。遠くから観たときの浮かび上がるコントラストと生き生きとした絵。近づいたときの驚くほど細かい線の数々。遠くから観たときに動いていた全体が、近づくと部分が動き出します。鯉のうろこに鳥の羽根一本一本。遠くで見ても近くで見ても素人にもわかる懲りようです。隔てるガラスがなければもっと良かったのですが。

「釈迦三尊像と動植物綵絵」のあの空間はまさに芸術でした。一瞬だけ頭が空になり観賞の人込みが消えたように思え、あの絵に囲まれた自分一人を感じたときは鳥肌が立ちました。お寺であのガラス張りがなく、あの人たちがいないただそこに一人になったとき、そこには何が起こるのでしょうか。そんな贅沢の極みにただ憧れるのでした。

ところで、ここまで連日満員。ああいう公開方法であればなんら実害はないと思うので、ずっと公開していればいいのに、と個人的には思います。

追伸
伊藤若冲。若沖、若仲といろいろ表記しがちですが、性格には「にすい」のようです。かく言う私も「仲」や「沖」と表記しておりました。

■展示概要
開基足利義満600年忌記念「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」
http://jakuchu.jp/jotenkaku/
主催/相国寺 日本経済新聞社
協力/宮内庁
画家/伊藤若冲
会場/相国寺承天閣美術館
日時/2007年5月13日〜2007年6月3日
posted by 奥田圭太 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。