2007年06月20日

「キサラギ」

とってもウェルメイドな、とってもわかりやすく楽しい作品。ワンシチュエーションコメディのシンプルな良品。

さながら舞台を観ているようでした。三谷幸喜と評する人もいるかもしれませんが、私には「MONO」がすぐに浮かびました。一つの空間で立場がどんどん入れ替わっていく伏線の張り方やキャラクターの差別化した誇張などは土田戯曲・演出に非常に近しいものを感じました。土田さんに比べれば話の展開がすぐに読めてしまうシンプルすぎるところはありますが、根底にある真実の主観性や人間の哀愁も通じるものがあります。これは舞台化の話がすぐ出そうですが、それはそれでどうかと思いますが・・・。

とにかく話がシンプルで分かりやすい。もちろんサスペンスでもあるのでどんでん返しの連続ではありますが、そのどんでん返しも笑とともにとてもわかりやすいです。簡単に読めてしまうというのもありますが、こういうシンプルな作品では逆に読めることが期待に応える形になり、そこには清清しさが漂います。

役者の方々は誇張をしっかりと大切にして快演・怪演。ユースケさんが「踊る〜」のパロディをやってのけてしまう(「真実は一つ」が売りの刑事ものから「真実は主観」だなんて言い切っちゃうのが心地良い!)ことから、小栗さんと小出さんの新境地まで。香川さんと塚地さんは期待通りです。

登場しない人物を登場人物たちがどんどん想像させてくれる。不在者なのに一番輪郭がキレイに浮かび上がってくる。そんな不在であることを楽しませてくれる伏線満載のシンプル作品でした。

■作品概要
題名/「キサラギ」
2007年/ショウゲート
監督/佐藤祐市
原作・脚本/古沢良太
出演/小栗旬 ユースケ・サンタマリア 小出恵介 塚地武雅 香川照之
会場/京都シネマ
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。
posted by 奥田圭太 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(20) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

誰と働くかという選択

この時期にあえて「就職活動」に関するエントリーをしてみたいと思います。就職活動に関する過去のエントリーはコチラをご覧ください。(→コチラ

どの人と働くかという判断基準があってもいいのではないだろうか。

最近の私は、会社の壁を越えて一緒に取り組んでいるメンバーと同じ空間にいる時間が多いです。そのメンバーはその空間をまさに「一緒に」作っていってくれています。このメンバーといると話してばかりで作業は全然進まないのですが、それでも間違いなくクリエイトされているものがあって物事が進んでいることを確信させてくれます。このメンバーと一緒にいるだけで価値があるではないかと思わせてくれています。

誰と働くかという出逢いの選択肢。人が人を呼ぶという選択肢。その人と働いている自分が想像できるかという選択肢。実はよく言われている選択肢であったりします。

何度も書いていることですが、私は出逢いというものを信じています。

就職活動をしていて「この人と一緒に働きたい」と思ったから、全く興味もなかった銀行というものに就職しました(→コチラ)。働いていても業務には興味を持てませんでしたが、銀行員生活をとても楽しめました(→コチラ)。そして、それらの集約であり、この考え方を確信に至らしめてくれたものがバリュークリエイトという会社です。背景も考え方も全く違う4人(→コチラ)がこの「在り得ない会社」を作りました。考え方は違いますし衝突もたくさんあります。ですが、その衝突を楽しめているのです。

私にとってのバリュークリエイトという会社。それは業種でも職種でも特定することはできません。そこでは「仲間」というものしか特定することはできません。ですが、その特定だけで私には十分なのです。


posted by 奥田圭太 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

猿之助十八番の内「獨道中五十三驛」

スーパー歌舞伎をイメージして亜流だと思い込んでいたが、とても丁寧に古典に挑んだ快作。(以下は囲む会で直接お聞きした裏話も含めて翌日になって記述。)

魅せどころは市川右近さんの宙吊りと大詰めの12役早替り。舞台に立っている人よりも多い、たった一人の早替りに賭ける裏方10数名。その息づかいははっきりと前方列には伝わってきました。それにしても裏方がそこまで多いとは驚きました。表の平然とした美しさには裏の慌しい勝負が隠れていたのです。早替りもそうですが、猿之助さんの演出はテンポに集約されています。場面転換のあの小気味いいテンポを生み出すカラクリの多さが誰でも楽しめる舞台を生み出しているのでしょう。そこにはしっかりとした古典の伝承があったと思います。

もう一つの特徴はいい面と悪い面が出たDNAの欠落。猿之助一門は血縁・世襲が非常に色薄い。私はDNAは大切だと思っています。何故なら歌舞伎ならではの肉付きはDNAそのものだと見せつけられてきたからです。そういう意味では肉付きに物足りなさがあります。迫力というか体から溢れる音というか。ただし、その一方で新たな枠組みのファミリーが生み出すアットホーム感が全体に流れて温かさを感じます。

個人的には猿弥さんのいいもの役(逸平)の表情がドツボでした。何故か笑ってしまう、何故か切なくなってしまう・・・悪役との対象のおかげかもしれませんが、忘れられない役でした。

固定概念はやっぱりいけない。何事も実際に見てから、誰かの感じではなく、自分の感じを作ろう。

■公演内容
猿之助十八番の内「獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)」
作/鶴屋南北
演出/市川猿之助
出演/市川右近 市川段治郎 市川笑也 市川笑三郎 市川春猿
    市川弘太郎 市川寿猿 市川猿弥 市川門之助
会場/中日劇場
日時/2007年6月17日(日) 16:00開演
料金/12,000円
posted by 奥田圭太 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

第11回「京都発!!勉強会!!」議事録

第11回勉強会の議事録を作成しました。
下記のPDFをご覧ください。

第11回議事録.pdf

今回はまさに交流会になりました。社会人vs学生、社会人vs社会人、学生vs学生。世代を超えた交流もあれば、異業種の交流もあれば、他校や様々な取り組みの違う人との交流・・・。多くの社会人がリフレッシュと刺激を得て、多くの学生さんが気づきと学びを得たと私のところにたくさんのメールをいただいています。

今回は私はほとんど何もしていません。場の提供のみ。参加者の皆さんが自分たちで作ってくださった会になりました。こういう風に自分の思わないものが出来上がっていくのがとても楽しいです。

次回は、お待たせしました「世界の縮図ゲームVol.3」です。
Vol.1の様子は
http://white-base.seesaa.net/article/18681149.html
Vol.2の様子は
http://white-base.seesaa.net/article/29849033.html

予定は7月22日(日)です。会場はもちろん今回の場所。あの場所・あの雰囲気、そしてあの景色であのゲームです。お楽しみに!

追伸
会場の魅力についてはまた別の機会に。写真満載でご紹介いたします。それまでは今回まで参加された方々の役得ということで。

2007年06月15日

考えることが多すぎて逃げたくなるだけ

「考えることが多すぎて♪逃げたくなるだけ♪」とは私が大好きな歌のフレーズです。ここだけに注目する歌ではもちろんないのですが、あえてここだけ引っ張り出してみました。

考えることが多すぎる。いろいろなことが一度にやってくるとそれを整理するか、それを一度放棄するかをしなくては混乱してしまいます。頭の中が混沌として前にも後ろにも行けず、全てがストップして物事が悪化していくのをただ見続けるという苦痛を味わい続けなくてはいけません。苦痛という感情から抜け出すことができないのです。

では、整理か放棄をしなくてはいけません。といっても、整理ができるくらいであれば苦労はしません。考えることが多「すぎる」と過ぎているわけですから整理できるはずがないのです。そうなると一度放棄して落ち着くことが重要になります。

ところが、この放棄というものもなかなか難しいものです。混乱してしまうくらいなのですからすでに感情的になっている状態であり、かつ、考えなければいけない事柄なのですから放棄しようにも気になって仕方がないはずです。溢れる感情を抑えることは極めて困難なはずです。

そんなとき「放棄する=冷却する、落ち着く」には、単一のことに没頭することです。「放棄する=一度距離を置く」ですので、他のこととの距離を極端に縮めることです。しかも感情的にならないものにです。つまり、睡眠もしくは作業です。こういうときこそが単一単純作業がもっとも力を発揮するのです。逆にこういうときこそ単一作業が効率的に行われたりします。感情的に逃げたいのですから、その作業に没頭したいと感情的に思っているのです。素晴らしい動機付けです。

何かに「過ぎた」とき、一度距離を置くことは決して恥ずかしいことではありません。帰ってくる気があるならば、それはむしろ胸を張って行うことなのです。
posted by 奥田圭太 at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

備品納入

新規に京都で開設するオフィスの備品の納入がほぼ終わりました。昨日のSの活躍(→コチラ)今日のK商店さんの活躍で無事稼動できる状態になりました。あとは細かいものちょこちょこと秘密兵器(→ヒントはコチラ)を投入して来月からは本格稼動予定です。本格稼動しましたら改めてご紹介と画像UPもしたいと思います。

今回の新規オフィス開設にあたっては多くの方にご協力をいただいています。Sや亀井商店はもちろんですし、支援先の若い起業家、さらにはたくさんの友人にもいろいろなお声かけをいただいています。「手伝おうか」「こういうのあるけど使う?」「何かプレゼントしたいのだけど」言葉一つ一つが嬉しい限りです。この場を借りまして、ありがとうございます。基本的には何も置かないスペースにしようと思っておりますのでお心遣いだけで十分でございます。

新規事業展開に向けて「人的資産」は揃いました(→コチラ)。対象となるマーケット「顧客資産」も見えてきましたし、可能性も広がっていっています。関係する人たちと打ち合わせをする度に、いろいろな方のお話しを聞くたびに、構想は具現性を帯びて可能性が広がっています。

そして、ついに「物的資産」も充実してきました。あとはこれらをグルグル回していくだけです。「8階のスタバ」構想いよいよスタートです。

と、こんなに喜んでいますが、私は今東京にいます。風邪も引いています・・・。明日は打ち合わせが外ばかりなのでオフィスに寄れるか微妙です。一番喜んでいて一番使いたい自分が、一番使えない状態にいるのがもどかしい夜です。そのぶんみんなで使ってください、と切に願っています。
posted by 奥田圭太 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

『シリアル・アントレプレナーから学ぶ起業プロセス〜起業機会発見、起業、スタートアップ・マネジメントそして起業家教育の是非』出席

以前に「日本創生ビレッジ(東京21cクラブ+インキュベーションオフィス)」にお話を聞かせていただきに行ったご縁(→コチラ)で、本日はwinwin Workshop & 日本ベンチャー学会6月例会『シリアル・アントレプレナーから学ぶ起業プロセス〜起業機会発見、起業、スタートアップ・マネジメントそして起業家教育の是非』に出席させていただきました。

イー・モバイル株式会社の代表取締役会長兼CEOである千本倖生さんの講演と早稲田大学ビジネススクール教授で日本ベンチャー学会長の松田修一氏、日本アイ・ビー・エム株式会社最高顧問で社団法人経済同友会前代表幹事の北城恪太郎氏、ネットサービス・ベンチャー・グループ(U.S)マネージング・パートナー&共同創業者の校條浩氏が加わったパネルディスカッションでした。

そのあとの交流会はなんとなく異様な雰囲気だったのと、私自身が風邪を引いていてややフラフラなので早々に退席。平均年齢の高さと東京の人たちのあまりの交流会慣れとかガツガツビジネス感に違和感を覚えたのが異様な雰囲気に感じた理由だろうとホテルに着いて思っています。

千本会長のお話はいい刺激になりました。おそらく私とは全く異なるタイプの方です。ですが、だからこそ私には素晴らしい刺激になりました、視野を広げていただきましたし、熱を注入していただきましたし、何かが見つかりました。やはり自分と違う人に強烈に触れる機会というのは面白いものです、心が躍ります。「圧倒的強い関心を持った観察」と「人的出逢い」に集約される実質10箇条を提示いただいたのですが、それを大切にしたいと思いました。ところどころ極端な話や毒舌を交えて笑いを誘いながらもいつの間にかのめり込んでいかせるその話しぶりは大変勉強になりました。「他人を説得できる人」とはこういう人なんだと思い知りました。

日本とシリコンバレーの比較の中で様々な思いが駆け巡ったパネルディスカッション。日本の起業環境の中で様々な思いが駆け巡ったパネルディスカッション。だからこそ自分は「京都発」なんだな、と強く思いました。そして、日本の起業環境で危惧されている様々なことをクリアにしてくれたバリュークリエイトという存在に感謝する時間でした。
posted by 奥田圭太 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

見えざる手

「言われなくてもやる」「自分でやる」は物事に取り組む姿勢として大前提のように置かれ、企業で最も求められる人物像の典型例であるのですが、一方で最も求められているだけあって実際はなかなか難しい姿勢の典型例でもあります。

今日、先日新しくバリュークリエイトにJOINしてくれたSが、新規オフィスの開設に向けてインフラの準備をしてくれていました。別件で電話をしてはじめて知りました。何もお願いしていないのに自分で進めてくれていたのです。しかも苦戦したところもあったようでリトライまでしてくれていました。結果、何よりも求めていたインフラ環境が本日整備されました。今週中には何とかしたいなあと思っていたものがです。Sの1日でも早く稼動させようという気持ちが心に響きました。私の力ではなく、Sの力で物事が加速したのです。

今更ながら「言われなくてもやる」「自分でやる」人物が企業で最も求められている理由を心身ともに実感しました。ほんと頼りになります。自分がやろうと思っていることに対して、自分がやっていることにプラスアルファが加わるのですから。そして、それは言わなくても加わるのですから。

大前提とされている一方で難しいもの。「言われなくてもやる」「自分でやる」。目の前にそれを実践している人がいて、その姿を実際に見られるのですから、私に関わる人たち、特にバリュークリエイトに来ている学生の人たち(学生ベンチャーなどとぬかす人も加えて)にはそれを少しでも肌で感じて自分のものにしていって欲しいと強く願っています。私自身にもいい刺激です。
posted by 奥田圭太 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

新幹線と手帳の大いなる関係

私にとって新幹線と手帳は切っても切れない関係にあります。

実は電車と手帳が切っても切れない関係にあるのですが、やはり新幹線と手帳のほうがとてもわかりやすく切っても切れない関係にあります。新幹線に乗るとまず手帳が気になりだすといいましょうか、スーツならば内ポケット、普段は鞄の中に入っている少し大きめの手帳が、ここぞとばかりに活躍するのです。

新幹線に乗ると手帳が真っ黒になるのです。

私の頭がほどよく回転するときというのは「まどろんでいるとき」です。つまり寝る前とか朝起きた直後がやたらと調子がいいということになります。新幹線とはまさにそんな時間を長時間持続させてくれる代物なのです。長時間なので寝ようかと思うがそこまで快適ではないので寝そうで寝られない状態でいろいろと考えをめぐらせる・・・そんな時間を提供してくれるのです。

そうなるとあれやこれやと思うことが溢れ出てきます。調子がいい状態ですから出てくるものもなかなかいいものです。やりたいこと、やるべきこと、忘れていたこと・・・そういったものが次々とそして整理されていく過程もそこに現れてきます。睡眠よりも気持ちがいいものです。

それを手帳に羅列する。ときにはそれを使って手帳でまとめものをし始める。あるいは文章を書いてみる。もちろんブログのネタもあるので出張後は更新頻度が上ります。やることだらけで焦ったりするくらいの量が羅列させるのですが、量が明示されることで逆に心は落ち着くのです。

新幹線から降りてその一つ一つに手をつけ始める。手帳に書いていたものがひとつひとつ塗りつぶされていく。手帳がただただ黒くなっていく。そのとき、物事は加速的に動き始めています。
posted by 奥田圭太 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

「藪原検校(やぶはらけんぎょう)」

蜷川さんができるだけ何もしないで、井上ひさしのホン(台詞・ト書き両面)と役者の演じ方を前面に押し出した快作。根底に流れる「切なさ・刹那さ」が講談回しの中でじわ〜と流れ続けています。実年齢とか関係なく演じてしまえるのも舞台の醍醐味でした。

井上ひさしさんのホンにひたすら感嘆しました。これだけの台詞をリズミカルにかつ緻密重厚に書ききるその筆圧に圧倒されました。文芸に詳しい人や批評家からすれば驚くほどいろいろなものが詰まっていることが分かるのでしょうが、素人の私にでも井上さんがものすごく勉強されていることだけは十二分に伝わりました。これだけのホンに触れられただけでかなりの満足感です。言葉がすごい、ト書きがすごい。

それを体現してくださったのが今回の役者陣。特に講談師の役回りでもある譲さんが根底に流れるどろっとした川をしっかりと支え、立ち回りでは段田さんが強烈なアクセントとなって古田さんを照らし続けていました。古田さんは相変わらず噛み噛みでなんとかならんのかとかこの役はもう少し痩せて欲しいとか思いつつも、休憩前の手抜き感から休憩後の貫禄と哀愁に移るその役者の勘どころのようなものはさすがです。後半の声はまさに古田さんの魅力そのもので悪役の迫力よりも背景にある切なさが滲み出ていました。

蜷川作品が好きな人にはいまいちな作品だったのではないでしょうか。逆に私のように蜷川演出が苦手な人間には好ましい作品だったように思います。よくぞ余計なことをしてくれなんだ蜷川さん。とすぐ近くの席で一緒に観劇されていてカーテンコールでは舞台に上られた蜷川さんをそんな目で見ていました。役者が良くて、蜷川さんが任せればいいものになる、そんな気がします。蜷川さんは環境づくりの演出家なんだな、と。逆に演出をきっちりつけなきゃいけない役者のときは出来上がりもひどいなと。

今回は場面転換が難しい作品をそのまま放置してしまったという点(そこに工夫がなく場面転換が見苦しかった点)とか不要にも感じる字幕においては演出はいまいちでしたが、それでもホンと役者が際立った、テンションはどろっと低めですが、じわじわと良さを感じるこの日でした。

■公演内容
「藪原検校 やぶはらけんぎょう 薮原検校」
作/井上ひさし
演出/蜷川幸雄
音楽/宇崎竜童
出演/古田新太 田中裕子 壌晴彦 段田安則 梅沢昌代 六平直政
    山本龍二 松田洋治 神保共子 景山仁美 
ギター/赤崎郁洋
会場/シアターBRAVA!
日時/2007年6月10日(日) 13:00開演
料金/11,550円
posted by 奥田圭太 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。